自宅(実家の)神棚(仏壇)が放置されていた場合
2016-01-15 Fri 00:11
 0god-to-myhome00.jpg




先日、ブログ友達のご親族が亡くなられ、
そちらのご実家にある、神棚と仏壇について、
どのようにすれば良いかといったコメントが。




なるほど、今時には皆さん、
それぞれの生活が違う場所であったり・・



たまにしか行かなかったご実家、
または、何かの都合で
親族に何かがあった場合には、
そのお宅に設置されていた神棚や仏壇について、
どうすれば良いのかを悩んだりしますよね。




たぶん、
こうしたケースはたくさんあって、
迷っていらっしゃる方も多いかなと思います。





(T^T)どなたかが亡くなられたり、
また、高齢化されて施設に入居されたりしたら、
同居していなかった家族はやはり困ります。





・・そこで・・・



お仏壇のこと・・・


全ての家に神棚がある訳ではないのですが、
神棚が設置されていた家の場合・・



今回はこの二つにしぼって書いてみます。




なお、宗教や神々の地元なりの流派は、
また独特のものがあったりしますので、
ごく一般的な内容といたします・・。
一般的な内容が必要な方は一部でもご参考に。


・・




先ず -


ケースとして多いのは、
実際に今後、
そのご実家には住まない場合で・・



まだ生活をしている家族が
いる場合には良いですが、
仏壇は取り払う訳には行かないため、
全くどなたも居なくなった際には・・




当たり前のようですが、
御位牌があるために仏壇があるので、
檀家である皆さんのおの住職にお聞きすること。




もちろん、家は処分しないで、
そのまま住むなら、
それは皆さんのお宅の宗教に沿って、
きちんとした供養を、
亡くなった方に代わって、
続けるのが普通だと思います。




ただ、亡くなったご両親には、
女性しか子どもはおらず、
その娘さんたちが既に結婚しているなら、
大方は旦那さんの姓になっているため-




亡くなったのちには、
その位牌のある仏壇を宗教に沿い、
過去帳などが可能なら、
まとめて位牌から過去帳に変えて頂き、
お墓もあるのなら嫁いだとしても供養を続ける・・。




または『永代供養』という手立てもあり、
今後、お墓を守る人間が無いための、
それなりのやり方を取ることだと思います。




その家に住み、
そして続けて供養する意志があっても、
毎日の供養の仕方が分からない場合には-




ちゃんとおの関係者や
近隣にいらっしゃる親戚などに、
やり方を聞いてお茶やご飯をあげる。
またはお水だけで良いのか、
などを教えてもらってください。





昨今『墓じまい』という、
今後の系譜が無い方のための
お墓自体を供養して失くするやり方がありますが、
百万単位で費用がかかること・・。




ただ、墓じまいとは言ってみても、
喪失感が多大になり心残りになるケースも、
それにつれ増えているようですので、
現在、両親が不在になってしまった家を、
今後どうするか?から、
仏壇、お墓などを考えて行くべきなのだと感じます。





・・親戚付き合いがあれば聞く、
さんに先ず連絡をし、
手土産など持参して詳細を相談されるなど、
基本的には自分や家族で、
分からないままにしておかないのが一番かと思います。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09higan010_20160114191736835.jpg

ハート神様はちゃんと存在している
↓式年遷宮なども意味がある・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







 0god-to-myhome02.jpg




・・次に・・・



ご病気などで、
仏壇もだけれど、神棚という物があり、
(仏壇は仏事、神棚は神事)
仏壇に関しては前述のように、
さんに聞いたりするのが近道だと思いますが-





(T^T)神棚の場合には・・・

ご実家の神棚の中に、
どんな神様が納められているのか?を、
先ず確認してみてください。





ウチの例ですが・・


祖母が亡くなる前から、
『天照大神様』の御札を納めていて、
その神様に毎朝、神仏、つまり神棚、仏壇の順に、
神棚にはかしわ手をうって祈り・・



次に仏壇には浄土真宗なため、
その用具で水、お茶、ご飯を変えて、
毎朝、手を合わせているのですが。





それとは別に、
近隣を守護する氏神様、
『鳥瀧不動明王様』の御札の方は、
神々を同一の場に納めると仲が良くない場合、
反対に大変なのだと言われているため、
これも諸説あると思うのですが・・。




とある方にアドバイスを頂き、
仏壇の奥に御位牌とは離して、
納めさせて頂いているのです・・。





もし、どなたも管理する方がおらず、
その家にも住まなくなった場合には-




中の御札が近隣の氏神様の物であったら、
その氏神を祀る神社へ問い合わせて、
社務所があるような神社で、
常に神主さんや宮司さんがいらっしゃるなら、
神社から直接、アドバイスして頂く方が、
神様の障りなども無いと思います・・。





それが、近隣の神社ではなく、
例えばウチのような天照大神様だとしても、
まさか伊勢神宮に問い合わせるのもと・・。




各県の『神社庁』、
宮城県なら宮城県神社庁という、
県内の神社や神様に詳しい機関もあるので、
そうした神事に詳しい場や機関に、
ざっくばらんに状況を伝えて、
質問をまとめて問い合わせをしてみてはと思います。





今はネット時代 -


某・知恵袋的な質問サイトで、
幾つかの中のベストアンサーになった方の
ご意見を参考にするなど、
気後れするようならば、
調べる手立てはたくさんありますので、
ワタシの記事に疑問があるのでしたら、
仏事や神事はやはり、
更なる専門分野の方に詳細を聞くのも良いと感じます。





もしも神棚に御札も無く放置されていても、
何十年という長年の間、
そこに神様がいらした場なので、
触らぬ神に祟りなし、では無いにせよ、
やはりきちんとした閉じ方、
仕舞い方をされた方がと思います・・。





・・最後に・・・



生きている家族が健全なうちは良いけれど、
何時しか亡くなってしまったり、
実家の家には住まなくなったりと・・
様々なことが降りかかって来るものです。





言いにくい、提案しにくいかもしれませんが、
生きているうちだからこそ、
意見もあったり活かせたりすると思うのです。



代々のお墓があるなら、
と関わっているうちに対策を・・。





また、最初から永代供養がある、
宗教を越えたおも少しずつ出ていて、
きちんとした住職や管理者がいるならば、
早めに手を打っておくことも必要だと感じます。




神棚については、
ウチは商売系やサービス業的な仕事だったためと、
昔からそうした物をしつらえてあったため、
中に納めている神様へは水と、
行事にもお供えをしていたり・・。




ただ、これから家を建てる方には、
必要性が無いお仕事の場合には、
最初から神棚という物が無ければ、
むやみやたらとは設置しないことも大事だと、
こうした場合に痛感するもので-




亡くなった方への仏事と、
それに伴う仏壇や御位牌は大切かもしれませんが、
こちらも昨今はコンパクトな物が出ています。




神様に関わることや、
亡くなった家族に関わることは、
それぞれ違うジャンルですので、
十分、気を付けてください・・。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート仏事は仏事、神事は神事・・
↓違うということと、専門職の方のアドバイスを




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 14kuma030_20160114191750b21.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

一部でもご参考になりましたら・・

さんがおありな場合には、

宗派ごとのやり方をお聞きしてくださいね。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:2 | top↑
<<厄年の3年☆奇しくも同じ日に亡くなった竹田氏とデヴィッド・ボウイ氏 | すみませんワタシは占い師 | 女性の領分・男性の趣味☆男女の脳と干渉を減らすこと>>
ありがとうございます!!
早速、神棚のはたき掛けのついでに丸い鏡(?)を拭いて、お社の扉を開けてみました。

なぜか信州の神社のお札がありました(火災除け)。

今までも船橋の家に泊まりに行った時、外出時には柏手を打っていたのですが、水をお供えするのを怠っていました。 これからは水くらいはマメに換えようと思います。

ありがとうございました。
2016-01-15 Fri 18:44 | URL | ニャホニャホ #7CropVt6[ 内容変更] | top↑
- My Dear ニャホニャホ さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます。
中の神様が分かって良かったと思います・・。
長く祀っていらっしゃるなら、そのままで続けてください。
そちらにお住まいだったら、神仏の順番に手を合わせて頂ければ。

2016-01-16 Sat 21:17 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |