子どもにはどちらが良いのか☆田舎と都会暮らし
2016-02-02 Tue 00:14
00country01.jpg





昨年、東北からはるばる山陰のとある県に、
一家族で引っ越しされたUさん・・。




昔から彼女の旦那さんが、
大変にお世話になっていた人が、
そちらで低農薬野菜の農家を立ち上げたとかで、

中途退社をして、
わざわざそれを手伝いに向かうという。


・・




Uさん一家は、
小学生の息さん、娘さん、
計四人の単一家族ではあったけれど -




仙台はそこそこ都会だったので、
何かと便利だったから、
ほとんどが事後報告だったために、
一家で侃々諤々(かんかんがくがく)になり・・




家族だけではなく、
族にも知れ渡ったために、
が反対をして喧嘩にもなってしまった。





(T^T)当たり前だと思う・・・


仙台から山陰までは、

「ちょっと行ってくるね」

・・なんていう距離では無い訳だから。





更に立ち上げたとは言っても、
まだまだ素人の域から出ていないような、
しかも素人では困難な農業なんて、
サラリーマンしかした事が無いし・・




良かったね、なんて、
間違っても言えないような中身だったから、
向かうまでもが波乱万丈だったと思う。





Uさんの御さんも旦那さんのたちからも、
いわゆる総すかんを食らい・・


一人っだった彼のたちには、
を捨てるのか!」と詰め寄られたそうだ。





先がある程度、
見えたり読めたりするならまだしも、
農業をやるにもビギナーな先輩と旦那さん。




親は嘆き、
家族はストライキを起こし、
家中、すったもんだだったと、
後から落ち着いたUさんから、
向かうまでの顛末をお聞きしたのでありましたが。



・・




ところが・・・



Uさんから後半の運勢のアドバイス希望と、
そのついでに近況などを聞く機会があった。




あちらに着いたのが、
転校しやすいように
夏休み中だったおさん二人だったけど -




夏休みの終わりに、
二人新しい小学校へ行くと・・




入ってから、
すぐに小さな体育館に集まった生徒たちが、
歓迎する会を開いてくれ、


歌を歌ってくれたのちに、
迎える言葉を言ってくれたり、


夏休みに生徒たちが作った
押し花の手帳を記念にもらい、
それはそれは温かな会だったらしい。




生徒が数人、
より集まっての授業も、
先生が二人だけではあるけれど、
とても丁寧に教えてくれたようで、
二人のどもたちは初日から、
その小学校がすっかり気に入ってしまったそうだ。





「・・普通で良いからと思って、
そちら(仙台)では塾とか習い事とか、
本人が希望するような教育をして来ましたが

なんか・・
圧倒的にこちらの学校が気に入ってしまって」



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b001_201602012153511b2.jpg


ハート何がいいかなんて
↓やってみないとワカラナイ




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







00country02.jpg




「それは良かったですね・・
まだ、何時、帰省するとか帰るとか
全く決まってはいないんでしょう?」





「はい・・
一石を投じちゃったもので、
あれではすぐにキツいから帰りますなんて
絶対に言えないでしょうね・・」





「Uさんはどうなんでしょうか?
のんびりとは行かないまでも、
都会のうるささよりはまだマシだとか?」





「確かに、旦那の先輩という人も奥さんも
自然志向と言いますか、
穏やかな人柄でホッとはしています


ただ、コンビニもスーパーもやたら遠いし
かなり不便ではありますね・・」






・・Uさんのおさんのうち、
長女はちょっと活発なだけに、
率先してクラスを反対にまとめてしまったり。




もちろん、
問題を起こす訳では無かったけれど、
割りと勉強も出来たために、
やっかむ父兄からあまり良く思われてはいなくて、
彼女が軽く仲間外れにされたりしていた。





。。



今回の転校は、
面倒くさい都会の人間関係が無く、
活発でも前向きでも、
却ってみんなと楽しく過ごせているようだった。





夏休みも終わったのち -


またUさんからメールが着信した・・。





『先日はありがとうございました。


相変わらず、
娘も息も楽しそうに学校へ通っていて、
短い夏休みの中で仕上げた、
夏の日記みたいな課題が、
県の賞を受賞したり・・



どもたちには本当は、
つまらない大人の問題や干渉が無い方が
生き生きと過ごせるのを痛感しました・・』





・・そうだなぁと、
何だかしみじみと思ってしまった・・。





将来性を考えた場合-



分かってはいるから、
きちんとした教育も受けさせたいだろうし、
受けていた方が偏差値の高い大学にも入り・・



大学に入れば良い、
とだけは言い切れないけれど、
就活にも有利だったりもする・・。





ただ、分かっているとはいえ、
どもたちの情操教育を考えた際には、
広々とした自然の中で、
ヘンテコな事を考えなくても、
のびのびと暮らせることも確かだと思う。





出来るからと無駄なやっかみを受けたり、
つまらない大人都合の競争をさせたり、
エゴ丸出しの都会の生活よりも、
どれだけ昔に戻れて幸せなのか・・。





・・だけど・・・


今どきは仕方がないでしょうし、
やらなくちゃいけない環境だったら、
こんな風に悩む時間すら与えられ無い感じがする。





どもに取って、
都会で偏差値教育をするのが良いのか?




四方を自然に囲まれた、
あるがままの動植物と共存する生活が良いのか?





たぶん、それぞれだろうし、
家族やどもが求めている先の道によっても、
環境は違って来るのだと思う・・。





今は・・・


Uターンや敢えて田舎暮らしを望む家族も増えている。




それって、
都会に残された感が否めない御さんには、
やはりキツいものがあるかもしれないけど、
たぶん子どもたちにはかなり理想的なのだとも思う。





どちらがどうとは、
ワタシが断言はしにくいけれど、
Uさんのメールの最後にこんな事があった。





『最初、自分では
嫌だなぁとしか思えませんでしたが・・


あんなに毎日、起こさなくても、
飛び起きて、
学校に進んで行く子どもたちを目の当たりにすると、
それだけでも、
こちらに引っ越して来た意味を感じます』





Uさん自身、
面倒な父兄のイジメにも遭い、
学校の環境にはうんざりしていた中-




お子さんたち二人だけではなく、
不便ながらも彼女にも癒し効果があって、
意味は大きかったのかなとも感じた・・。





人が生きて行くのには、
必要な品物も多いけれど・・




一番なのはもしかしたら・・


住環境なのかもしれないと、
今回のUさんご一家の移転で思ったのでしたが。





(゜▽゜*)普通のモバイルのメールだったけれど、
何だか彼女からのメール内容は、
ちょっと疲れていたワタシにも心地好く・・




太陽が輝く田畑の中で、
好き勝手に遊び歩く子どもたちの姿が、
目に浮かんで来るかのような錯覚さえ感じさせた。





・・そりゃ田舎にだって、
根暗なイジメはあるんだろうけれど、
都会の陰湿さとは、また違う中身なんだろうな。




Uさんと、旦那さんと、
二人のお子さんの幸せを、
本当に心から願っていたいと感じたのでした。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート何所へ行っても快適ならば
↓そんな生き方でもイイじゃないの




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 14kuma031_20160201215453657.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとーう。

色々と遅れますが、よろしくね。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<日本がいかに幸せかを知る旅番組『クレイジージャーニー』 | すみませんワタシは占い師 | 何かあっても一喜一憂しない考え方☆フォローと忘れ方>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |