日本がいかに幸せかを知る旅番組『クレイジージャーニー』
2016-02-04 Thu 00:20
00ja01.jpg





・・旅・・・




というと皆さんは、
どんなイメージをお持ちになるだろうか?





番組でも土日にありがちな、
日本の山里や海の美しい町を、
友達同士の女優さんやタレントさんで観光をし、
仲良く楽しく旅を満喫するようなイメージ。



現地の美味しい名物料理なんかを食べながら。





実際に学生の時には・・


例えば修学旅行とか卒業旅行など、
何かの記念に集団でとか友達と行く旅・・。




これもまた楽しかったり、
そこそこ得るものもある場合が多いと思う。





。。




世の中にはそんな『旅』というモノに、
全く違う感想を抱かせる番組がある。




もはや違和感と言っても過言では無い感じ。
評判が良いので、
今や知っている方も多いかもしれないけれど。




木曜日の夜のTBS系・・


松本人志(敬称を略させて頂いております)、
設楽銃(バナナマン)、小池栄子の司会で送る、
『クレイジージャーニー』という番組の中の旅は、


そんな普通に描く旅の概念を、
見事に吹っ飛ばしてしまうような、
有り得ないだろうとしか思えない内容だ・・。





これがまた、
奇想天外、唯一無二、波乱万丈、といった、
楽しいとは程遠い旅が毎回、
一人の旅人をキーパーソンに繰り広げられる。





『ルーマニアの闇 マンホールタウンに潜入』




『アジア最大級のスラム街「ダラヴィ」に潜入』




00ja03.jpg





『オカルトの旅 
「日本一の縁切り神社、即身仏、人形婚」』




『麻薬密造地帯
「アヘン」&謎のソマリアを巡る辺境旅』




各回ごとのタイトルを見ただけでも、
こいつは一体?何なんじゃい!と思わせる-




有り得ないって、行かないって、


どーして何でそんな場所に?・・・




なんてΣ( ̄ロ ̄lll)
気持ちに苛まれるような旅行だったりする。





いわば -


ドキュメンタリー作家やルポライターが、
ドキュメンタリー的な旅をしに、
敢えて自分の興味を著しく引かれる場を選び、
ただ単純な旅だけでは終らないような、
クレイジージャーニーを繰り広げる・・。




それは生やさしい場所なんて無く、
ハードな場所だけを旅する人たち。





日本ではおよそ縁の無いや、
一見、平和と思えるでも、
視点を変えれば、
違う生活を強いられている人たちの、
ジャンクでへヴィーな現状が広がる。




だから見ていて不安になったり、
置かれた環境に対して、
不快になったりもするのだが、
ぬるい日常、当たり前にあると思える日々に、
弛緩した頭に、
右ストレートを決めてくれたりもする。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06love003_201602032333261c7.jpg


ハート楽しいだけが旅では無い
↓そんなきっつい々の現在を目の当りにする




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







00ja02.jpg





司会者の三人の皆さんも、
紹介されるのさまを目の当たりにし-





「うわー・・ホントに行きたくないわ」





「・・・・・」 (言葉にならない様子)





毎回、仲間うちでも伝説のルポライターや、
ドキュメンタリー作家が登場し、
ワタシたちが全く知らない々の、
信じられない生活や習慣を紹介してくれるのだけど。




地球上ではこのようなや、
のある場所で、
ハードな生活があることを知ると、
目から鱗的な発見もあるだけ、
楽しいだけに終らない感想が沸き起こる。





先週、先々週と続けて見た -



『麻薬密造地帯「アヘン
&謎のソマリアを巡る辺境旅』




この高野秀行氏の回では、
タイ、ミャンマーなどの麻薬地帯で、
彼自身が村の人にとけ込んで、
何ヵ月もかけて麻薬用のケシの栽培地へ潜伏し・・




00ja04.jpg





現地で生活を共にしながら、
地域の習慣と地元民と同化しながら、
ただの興味だけでは、
到底ルポルタージュ出来ない内容を展開。





次の回では、
海賊が横行するソマリアの三つの地区に、
現地のガードマンを雇い、
海賊だわ、テロリストだわ、
心休まる暇が無く、
文字通り体を張ったルポを展開する。




高野氏の探求心と、
様々な国の人たちとも暮らせる
高い順応性に唖然とし感服する・・・。





・・そこでもまた、
知らなかった・知るはずもなかった国の、
真実の中身を見ることが出来た。





ある意味、かなりフツーの神経では、
絶対に行くことが出来ない場所には、
やはりそれだけに麻薬的なニュアンスの魅力があり、
行きたいとは思わないけれど、
行けない場所や国をディープに知ることが出来る。





これは確かに、
評判は呼ぶでしょうけれど、
小さなお子さんには
あまり推奨しにくい部分もあり、
ゴールデンタイムにはぶつけられないかな・・。





(T^T)でも・・・


実は、世界のこんな国では、
ワタシたちがどうにか
平和に暮らす日本だけではなく、
こんな生活をしなくてはいけない場所もあるんだよ、
~なんてことを言いながら、
見せるのには悪くないとは思うのですが。




しかも、
なんだかんだとは言っても、
いかにフツーの日本が平和なのかも、
この番組を見ていると、
反対に感じさせてくれたりもするんです・・。





DVDにもなっているし、
見逃した回は無料の動画サービスで、
改めて見ることも出来る時代・・。




00ja05.jpg




・・でもなあ・・・



生ぬるい、生やさしい、弛緩した日本でも、
この番組をいくつか見てしまうと、
ワタシはこれで良いや~なんて感じたり。





毎日がスリルで、
明日、食べる物も何も無いなんて場所-





「明日、何が起こるのか分からないから行く」




ワタシにはおよそ考えられないような、
そんな国々が好きで、
好んでハードでへヴィーな旅ばかりしていた、
死んでしまった友達を思い出させてくれる。





明日が分からなさすぎるのも不安だし、
分かりすぎても面白くは無かったりする。




人間てワガママだったりするけれど・・



そんな視覚的にも刺激的にもワガママな、
ちょっと刺激は欲したりする現代人には、
ありとあらゆる意味でおすすめしたい番組です。





・・それも人間ならば、あちらもまた人間・・・




何処かの現実は厳しいし、
タフな旅はワタシには無理だと思うけれど・・。




地球上にいる人間が、
何処でどのように生きているかを、
驚愕しながら、でも静かに見つめるには、
うってつけだと感じるのですけどね・・・。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートあまり旅が好きでは無いですが
↓見るだけならなんて思ったり・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 15-6s2_2016020323334878d.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れますが。





別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:2 | top↑
<<病気の時は家族と向き合うチャンス☆子どもにも手伝わせる | すみませんワタシは占い師 | 子どもにはどちらが良いのか☆田舎と都会暮らし>>
私は旅をやめてしまったけれど
この番組は1年以上全て録画しています。

だけど1回しか見たことないの(たしか『ペニス博物館』を放送していた)。 ウラ番組で「アメトーク」をやっているせいかもしれないけど(笑)、もしかしたら、旅心が復活してしまうのが恐ろしいのかもしれません。

まー、ヘビーなお暮しをされている方々は世界中におられますし、わが国なんぞは年間自殺者数が3万人にもなるという、これまた地獄の一角であります。

30年くらい前にネパールをへたり歩いていたとき、いつも行っていた茶屋のオヤジが
「お前らばかりが旅行に行けて、おれ達はずっと働き詰めだ。どうしてだ」
とのたまったので
「いやー、日本だってジゴクなんだぜ~」
と答えたら
「お前は、ここの地獄と、日本の地獄のどちらかを選ぶ事が出来るじゃないか」
と返され、うむむむと思ったことがありましたっけ。



2016-02-06 Sat 02:20 | URL | ニャホニャホ #7CropVt6[ 内容変更] | top↑
- My Dear ニャホニャホ さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆いつもありがとうございます・・。
お好きでしたか、なんだかナットクします、好みなのも。

まー、自殺者がそれだけ出ていればぬるいとだけは言えない日本ですが。
ネパールのおじさんの話はかなり説得力がありますねー。

2016-02-07 Sun 18:18 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |