病気の時は家族と向き合うチャンス☆子どもにも手伝わせる
2016-02-06 Sat 00:14
 00tofamily01.jpg





さんがいらっしゃらない方、
それ以前に結婚されていない方・・


偏見的な内容にしたい訳ではありません。



でも若干、内容が特定される記事なので、
お友達へのアドバイスなどに活かして頂ければ。


・・




お客様のEさんから、
ある日の深夜にこんなメールが着信した。





『・・すみません、
何だか闇雲に不安になってしまい


更に夫の偏屈な性格にも疲れてしまって
○さんにメールしてしまいました』





なるほど・・



こんな夜には、
色々なことを考えてしまえば、
不安定な気持ちにもなるのは分かる。





文中の旦那さんも、
彼女のことを責めているのではないにせよ、
男性だし仕事にしか目が行かないタイプだし・・。




思わず寝付いたおさん二人を前に、
何となくこんな感情に陥ったのかもしれない。





『どうかしましたか?
あまり考え過ぎない方が良いですよ』



~などと返信をしてから、
大厄年(本厄年)だった彼女の昨年を思い出した・・。





Eさんは昨年から体調を崩していて、
それがちょうど大厄年(本厄年)だったため、
何度かお電話での相談を受けたり、
メールで説明をしたりしていたのだったが・・。





彼女は宮筋腫で、
結局は全摘をしなくてはいけなかったけれど、
さんは二人出産されていたし。




だからという訳でも無いけれど、
ワタシにでもある程度、励ましたり、
慰めたりすることは出来たのを記憶している。





(T^T)当たり前だけど・・

毎日、暮らしている相手に問題があれば、
それとは別に違う問題も出て来ると思う。




庭を省みない旦那さんというのは、
日本なら普通に存在する夫のタイプだけれど。




いくら長い共同生活の中とはいえ -



特にEさんのように、
病気で入院しなくてはいけない際などには、
その時点の対応で、
なお、お互いの評価が下がったりしてしまう。





でも、ちょっとした一言を言ってあげたり、
表面的であっても、
慰めの言葉をかけてくれたりするだけでも、
さんを夫に任せて入院する場合などには、
かなりほっとできるものだったりする・・。





『Eさんの旦那さんが特別に非情だとか、
思いやりが無いだけとかではありませんよ


お客様の中でも多いです、
そうした旦那さんというのも・・


確かに、少しでも優しい言葉や、
ましてや態度で気持ちを示してくれれば、
ちょっとでも安心感も得られるとは思いますが
自分だけが大変だとばかり思わない方が』





カッコつけて書いている訳でも無いし、
これだけでも無いとは思うのだけど -





自分でも精神的に病んでいた時、
家族や従姉や友達のさりげない言葉が、
どれだけ救いになっていたかを思い返すと、
やはり、
少しでも励ます言葉をメールしたいと感じた。



・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09higan010_20160205224542e15.jpg


ハート何かのきっかけになることは色々あります
↓体調が良くない時に見直せることも・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







00tofamily02.jpg





・・そんなやり取りの中で、
ただでさえへこんでいると思われる、
Eさんがこんな内容を書いていたのが気になった。





『・・そうですか、じゃあもっと頑張ってみます』





あ(×_×)いや・・違いますよ・・・



ワタシも度々、記事にしていますが、
頑張れない時には、
無茶をしたり無理をして、
なお、自分をすり減らすことになってしまう。




頑張れないからメールが来たのに、
だったら無理しなくてもと思い、
こんな返信をしてみたのだけど・・。





・・なので・・・




『反対ですよ~、
頑張れない時には頑張らなくて良いです


お嬢さん、
確か四年生になっていましたよね?


お母さんはちょっと体調が良くないから、
大変だとは思うけど、
色々とお手伝いしてくれるかな?

・・と言ってみて、
Eさん自身がいつもより無理をしないことです』






どもがいなけりゃどーすればいいんだ!」



とか・・



どもにやらせるなんて




などといった感想も、
出る方もいらっしゃるとは思うけれど・・。





だったら、
そんなマイナスな時を機に、
きちんと旦那さんと向き合って会話するとか、
旦那さんにも手伝わせるとか・・




同じ中身ではなくても、
一緒に暮らす家族やパートナーに、
同じような協力をしてもらうように、
働きかける努力はしてみたらと感じますが。






・・少ししてから、
Eさんからまたメールが着信した -





『頑張れない時には頑張らない、
ですか・・
そうか、
私は頑張り過ぎていたかもしれません


でも、娘にも言ってみます、
もう少しお母さんを手伝ってね、とか』





今は少化していたりするから、
必要以上に、
親がどもに気遣いをしてしまうけれど・・。




そうではなくて家族の一員だから、
反対にやらなくちゃいけないこと、
お母さんやお父さんに何かがあったら、
普通に手伝うくらいはするものでしょうし。





(T^T)有事の際だからこそ、
自分だけで無理をするよりも、
出来ることくらいなら、
さんにやってもらうのも、
生きた勉強になるとワタシは思います。



・・




しばらくした、
またある日に彼女からメールが着信した。





『先日はありがとうございました・・


今、娘に手伝ってもらい、
いい機会かなと思って夫にも言ってみました


珍しく、
少し何かやった方が良いとは思っていたと、
これまでやったことが無かったゴミ出しとか、
途中に簡単な買い物なんかもしてくれています



私、ちょっと
考え過ぎていたのかもしれないですね・・』





・・雨降って地固まる・・・



とだけは言えないけれど、
彼女のように病気や体調の不具合や、
何かトラブルがあった際には、
お互いのマイナスも分かってしまうけれど、
反対に、
一石を投じるチャンスでもあったりする。





まだEさんの庭は最低ラインまでは
崩壊していたのでは無かったのも、
敢えて分かったでしょうし・・




旦那さんも、
何時か何かの機会を考えていて、
常々、態度に出せないタイプだったため、
出来なかったのだとも感じた・・。





マイナスがあれば、
何かでプラスに転じる場合もあるので、
皆さんも置かれた立場に応じて、
それを言うタイミングにしてはと思います。




そして -


体調が悪い時とか、
病気で入院しなくてはいけないとか、
特に奥さんにこうしたことがあった場合・・



当たり前だけれど、
負担はパートナーである旦那さんに来るものです。





夫婦の場合にはお互い様な点が多いので、
どちらがどのような事態になったとしても、
ある程度は、
有事の際を考えておくことも大切だと思います。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。










ハートこういう時にこそ対話してみては
↓逃げないで家族と向き合ってみること・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


11kumab003_20160205224644139.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます・・。

考え方はいろいろですが、一部でもご参考に。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。




別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<夜中に見るよからぬ光の色には・・・ | すみませんワタシは占い師 | 日本がいかに幸せかを知る旅番組『クレイジージャーニー』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |