相手の厄年を過ごしたから分かるマイナス面
2016-04-04 Mon 00:14
00he-to-yaku01.jpg





最近、奇しくも・・・



付き合っていた、
相手の男性が大厄年(本厄年)で-




その一年を経過した中で・・・


同棲していた彼、付き合っていた彼、
とうとう今年に別れたという、
お二人の違うお客様がいた・・。





(T^T)共通する点が多いのと、
記事を読んでいる皆さんは・・


厄年厄年とうるさいわ」


~なんて感想の方も、
いらっしゃるかもしれないけれど・・。





でも大厄年(本厄年)という、
どう考えてみてもマイナスが出やすい時、
芳しく無い時期に、
それを対処する相手のコアな部分が出るのも、
パートナーとしては、
のちに良い意味も含んでいたりする。




つまり良くない時期に、
相手の本性が垣間見えるのは、
その後に続けて暮らしたり、
または結婚をどうするか?


・・などを決めたりする要素としては、
必要だとも言える場合も多い・・。


・・




Cさんは二年くらい前から付き合っていた、
彼女と同じバツイチの彼がいた-




一年後には、
お互いに先も考えて同居した方が、
マンション二棟を賃貸しているより、
経済的にも楽になると考えて、
二人で新しく暮らせるような、
間取りのマンションに引っ越すことになった。





それまでは上手く行っていたようだけれど・・



当たり前のように、
別居して行き来していれば鮮度も保てるのに、
一緒に暮らすようになった相手の悪い部分が、
やたらと見えて来るようになった・・。





「それはそうだと思いますが、
彼は自分の経済的な部分が多いから、
マンションはあくまで‘俺の家’という感覚で」





「でもCさんだってお仕事をしていて、
生活費も入れているし、
衣食住のうちの衣や食は自前でしたよね」





「はい、途中から面倒になってしまって、
今は彼が賃貸しているマンションに、
間借りしている感覚でしかありません」





彼女Cさんは50代でバツイチの女性・・。



別れた旦那さんとの間に一人娘さんがいて、
娘さんが成人し独立したため、
熟年離婚をしていたのだけど・・。





「最初は何だか良い話ばかりされました
理想だとか、私への労いだとか・・


でも、所詮、俺の家だから、
私の娘が遊びに来たりするのもダメで、
私の親族はことごとくボイコット・・
反対に独り暮らしの方がいっそ楽でした」





先に再婚というのも考えて、
一種、覚悟もしてみたのに、
約束はあくまで約束だけで、
亭主関白だというのが露呈してしまったようだ。




一昨年が彼の前厄なので、
引っ越しは離別で厄落としにもなり、
昨年はその同居彼の大厄年(本厄年)だったため、
冒頭のような、
マイナス面がドバドバと出たようだった。





「○さんが、
昨年の彼の大厄年(本厄年)には
入籍は避けた方が良いと言っていましたが、
本当に入籍しなくて良かったです」





「なるほど、では今日いらしたのは?」





「我慢にも限界があるので、
無難には接してしますが引っ越しをしたいんです
今年中での吉方を教えてください」




(×_×)そうだったのか・・・



仕事がフルタイムで残業もあるのに、
食事を作って置いて来ても不機嫌になったり。




元々女性が働くことに対して、
理解したく無いようで、
前の奥さんの気持ちが分かると・・



不自由だし、
前に別れた旦那さんよりも、
数段、嫌だということが分かり、
そうなると女性は修復は出来ないものである。



Cさんには出来るだけの吉方をお伝えした。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09higan06_20160403224943ddc.jpg

ハート良い時はいいけれど
↓そうではない時の方も大事です・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読みたい方はどうぞ・・・☆







00he-to-yaku02.jpg





Dさんもバツイチの女性だけれど、
まだCさんよりはお若く、
まだまだ次の男性が現れる感じの女性。




彼女も一昨年、
趣味だったサークルで、
友達の友達という男性と知り合った。




その次の年には、
早めに入籍などをと考えていたようだけど・・




Cさんと同じく、
彼が大厄年(本厄年)だったため、
少しお付き合いをして、
それからでも遅くないと感じ、
一連の壽関連の話をしないようにしていた。





「趣味が同じで話しやすいし・・
後に縁があるかが分からないので、
付き合ってみたのですが」





「・・Dさんが天秤座、彼が乙女座
価値観が違い過ぎるとは思いますが、
来年度が彼の大厄年(本厄年)だから、
一年間くらいは付き合ってみた方がと」





それからは特に愚痴は無かったようだし、
前のCさんよりは、
もしかしたら先に再婚もあるのかなと・・。





。。



一年が過ぎ、Dさんからご予約が入った。




彼女は落ち着いた感じの大人の女性で、
これまで苦労も多かったため、
いつもあまり愚痴は言わなかったけれど、
珍しく着いたとたんに、
うんざりした様子になった・・。





「すみません、
あの彼とは続かなかったんでしょうか?
価値観などが困難な感じだったので」





「最初、きっちりしっかりしてるから
結婚になっても頼りになるのかなって
でも、ただケチで面倒だっただけでした」





待ち合わせはいつも、
彼女の方が交通費がかかる、
彼に近い、彼女により遠い場所なため、
金銭的にも時間を読むのにも大変だった・・。




デートに食事するには、
洋風の食べ物が全てNGだったため、
パスタやハンバーグ系の食べ物は全部ダメ。




そのわりには優柔不断だから、
車のガソリン代をケチっても、
やたら車であちこちに食べられる場所を探しに行く。
昼ご飯なのに夕方になり、
それが一度や二度では無かったそうだ。




しかも全てが割り勘だったそうで・・
あちらの要望なのにラブホの金額までも。





「それまでも割り勘ですか・・
なんかこう、やりきれないと言いますか
なんですか、その人って?・・」





「我慢してみたのですが限界で・・・」




「当たり前ですよ、ちょっと普通じゃないです」





・・珍しく・・・



淡々とDさんの口から語られる、
別れた彼のケチくさい話、
不思議な所にだけこだわる感覚は、
ワタシが彼女だとしても、
怒りに近い感情がわき起こった・・。





「今年の1月~2月の初旬の別れだから、
キッパリ厄落としになっていますよ」




厄落としくらいになるなら本当に良かったです」





「別れて未練はありますか?」




「無いです・・
反対に憤りしか感じなくなって
でも、今、厄落としになってると言われて
少しは意味があるんだって思えて良かったです」





Dさんは後厄であっても、
また違う縁談が来るようだったので、
別れた厄落としの後にだから、
意外と本命かもしれないと思ったけれど。





たまたまCさん、Dさん、
お二人共、状況が似たような感じに至り、
全く後悔もなくスッキリはされていた。





(T^T)ワガママな人たちなら、
どうなの?なんて思うけれど・・・




彼女たちの名誉のために言えば、
嫌なことも頑張ってみようとする、
きちんとした女性たちだったりする。





男性サイドの話も聞いてみなければ、
分からない場合もあるけれど、
やはりこれだけ考え方や生き方、習慣が違えば、
先に希望を見出だすのは難しいと・・。





丁度、二人の彼が大厄年だったのは、
マイナスの時期に事情や状況が違い、
そうした時には本音が出たりするから、
反対に良かったのかもしれない。





厄落としになった彼女たちは、
また次のステップを考えているので、
前向きに先を見て欲しいと感じたのでしたが。





生きていれば色々ありますが、
痛い経験なんて、
一度離婚をしていれば二度は要らないと思う。




ある程度の年齢になると、
女性もだけれど男性も、
自分の独特な世界が確立されてしまう・・。




厄年という観点だけではなく、
年齢を重ねた場合には、
再婚の際はお互いに気を付けて、
合う合わないを慎重に考えるべきだと感じました。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート年齢を重ねた意味って
↓様々なところと対人面にも出ます




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 03kuma019_20160403225131896.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

考え方は色々ですがご参考までに・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。




別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<新入生と新社会人の皆さんへ「一年のテーマを決める」 | すみませんワタシは占い師 | 大安か仏滅か☆六輝へのこだわりと現状☆やや長編>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |