亡くなったお母さん、ピンチの娘を護る日々
2016-04-08 Fri 00:15
00tenkai01.jpg






管理人、やや疲れているため
不手際があるかもしれませんが、
年寄りのボヤきとは別にお付き合い下さいね。


・・




ある友達(お客様でもあり)に会うと、
いつも感じることがある・・・




・・彼女は護られている・・・





仮に友達をJさんとするけれど・・


亡くなった族に、
天界から守護されていると、
そう感じる場合は幾つかあったりする・・。





これは誰も彼もでは無かったりするけれど。
(守護霊御さんではない場合もあり)



彼女だけではなく、
他にもそうした友達やお客様は何人か知っている。




でも -



Jさんの場合には、
(友人ですが敬称をさん付けにします)
肝心な時の道を選んだり、



または・・・



その反対でそちらに進んではいけない時に、
彼女の
亡くなったお母さんがフォローするようなのだ。





Jさんに会うために、
その日もカフェで待ち合わせをしていたけれど、
久しぶりに会った彼女からは、
少し前にあった、
わだかまったダークな部分が消えていた・・。



・・なのでちょっと安心をした。





先日までは、
ワタシより少し若く、
感性もはつらつとした感じだったのが・・。




何年か前に離婚をし、
少しして出会った男性と暮らしていたけれど。




やはりどうも上手くは行かなくて、
明るかった人格にも、
しばし陰りが出ていたのを思い出す・・。





昨年から着信するメールの内容が-



『私はワガママなのかな』



『一緒の空気を吸うだけで苦痛になって来て』




そんな、同居彼への、
愚痴のような中身に変わって行った。




仕方がないと思った・・・。




いくら出会う前からの知り合いだとしても、
男性はプライドが高いため、
たまに会えばええかっこしぃになるだろうし。



何より魅力的な
Jさんをゲットするために、
釣る前の魚にはやたらと餌をばら蒔くだろうし。





前の記事でも書いたけれど、
こればっかりは暮らしたり、
長く一緒の時間を作らないと分からないもので。




だからワガママでもなければ、
合わなければ、
苦痛でしかなくなるのも理解が出来る。





それから、
頑張ってみたのだと言っていたけど、
片方が頑張ってみても、
パートナーの態度が変わらなければ、
無理だと思っていた・・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_2016040722294484b.jpg


ハートいいなと思ったり・・
↓どういう感じで見ていてくれているのか




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆







00tenkai02.jpg





「・・今さらだけど、
やっぱり分からないものね
私、今の人とは長くないと思うのね」





「・・そうなんだ・・・
なら、入籍なんかを
早まらなくて良かったかもしれないね」





「本当に・・入籍なんかしてたら、
あちらから訴訟とか起こされたかも」





新しい男性との同居生活は、
何時しか冷めて風向きが変わり、
彼女はまた今の仕事を続けながら、
別居をして入籍ももちろんNGとなるそうだ。





その日には彼の愚痴や他に、
今の物件から違うマンションへ、
また一人暮らしの振り出しに戻るべく、
新しい賃貸を考えたいのだと言う・・。





それで・・・



亡くなったお母さんが守護霊になり、
彼女を護っていることを、
何時か話そうと思っていたもので・・



その時、タイミングよく、
故人であるお母さんの話になった・・。





「いつも話そうと思っていたのだけど
たぶんJさんには、亡くなったお母さんが、
護ってくれているんじゃないかなって」





「え?・・母が・・」





「前向きな人だから、
こうした話を聞きたくないかもって、
前もタイミングが悪くて話せなかったけど」





「え、嫌だ言ってよ、
そういう話なら聞いてみたいから」





ワタシはこれまで、
前に旦那さんと別れた時にも、
その前に以前の仕事が芳しく無かった時にも、
何故か何時もほんのりと誰かが、
失意となる前の、
彼女の側に居る感じがしていたこと・・。




それがお母さんと分かったのは、
今回、新しい男性との時のことで、
ワタシがお母さんらしき人から-



『Jに結婚は勧めないで』


~そんな声が聞こえた気がして・・
だからあまり乗り気な返答はしなかったこと。



これまでの様々な要所でのことを話した・・。





「ごめんね、
早く言ってあげればとは思ったけど
言うより前に行動してるJさんには
なかなか言い出せなくて・・」





「私が行動が早いのが、
生前から母は気になっていたから
でも、ありがとう、良かった・・
母が守護霊で見守ってくれてるなら」





・・それから、少し前のことや、
ワタシも会ったことがあるお母さんのことを、
懐かしく話したのだった・・。





(T^T)何時もこうした話を書くと、
勝手な内容なんだろうとか、
微妙なコメントが前に入ったことがあった。




・・ワタシは見えはしないけれど、
メッセージを伝えたい族の方から、
そういう声をお聞きすることがある。





彼女のお母さんも、
年齢的には順番通りとは言ってみても、
三番目の末っ子だったので、
色々と気になっていたのだと感じたのですね。





お父さんやお祖父さんが、
残した家族を気にして、
守護霊となっている方もいらっしゃるけれど、
やはり一番多いのは母だったりする。




それは母体の中の赤ちゃんの頃から、
一般的な母であったなら、
普通に愛情をかけて育むからなのだと、
様々なお客様や友達のことで思う・・。





だからという短絡的な考え方では無いですが-



皆さんも、もし、お母さんと、
ある程度、良好な関係を築いていたら、
神々に祈るのも悪くは無いけれど、
亡くなった母に祈ってみても、
ワタシは良いと思うのですが・・。





そう感じ -


最後に彼女に伝えてみた。





「何かあったら・・
亡くなったお母さんに願うのを勧めたいかな」





「死んだ人にって、
あまり良くないとか言われるけど」





「それは一般的にであって、
だよ、お母さん・・
いつも見守っていてくれるなら、
ワタシは悪くないと常日頃から思っているけど」




目の前のJさんはニコニコしながら言った。





「そうだよね、
常に見守ってくれているなら
意味があるんでしょうね、きっと・・」



・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートあなたにもそんな人がいる
↓見えないメッセージを放っている・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00kuma1511_20160407223011c69.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

一部でもご参考になりましたら・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。



別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
<<身近な人の日常にほっこりする『ドキュメント72時間』 | すみませんワタシは占い師 | 新入生と新社会人の皆さんへ「一年のテーマを決める」>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-04-13 Wed 13:39 | | #[ 内容変更] | top↑
- My Dear 管理人のみ閲覧できます様 -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます・・。
いや・・ワタシもきっとあなたと同じになると思いましたよ。
親というのはそういう存在なのかなと思います・・。

今は高齢の親がおりますが、
その時が来たら全く自信がありませんし気持ちも理解が出来る感じです。

祈ればよいというだけではないですが、
もしかして?既に守護霊として見守ってくれていると思います。
故人の方が天界での位置づけが分かり、
こちらへと来てくれるのには個人差があるようですので。


2016-04-14 Thu 00:28 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |