彼女からの別れ話☆過去の必要経費を計算する男
2016-05-06 Fri 00:40
a1030_000248.jpg




いつの世も分からないものに、
『男女の仲』というものがある -



それには感情や気持ちもだけど、
具体的に結果としての結婚となった場合には、
また、それぞれの家系や系譜などがあり・・




その前には -


同居して合うか合わないかもあるため、
最初は良くても長く付き合ってみると、
当たり前だけれど、
途中まではお互いに、
無理をしていたのも分かってしまったり。




さて・・・


ここにPさんという女性がいる・・



女はバツイチだったけれど、
かなり昔の離婚だったため、
次には付き合った男性はいても・・



その時にはまた、
『結婚』という名の経済を伴った同居生活へは、
十数年前の記憶をたどって、
自身が否定していたくらいだったけれど・・。





・・その時、というのは・・・


実はPさんには、
新しいパートナーとなりそうな候補が現れ、
これからの人生もお互いに考えたいと、
そのような経緯となっていたからだった・・。





「・・長いお付き合いなので、
心配だからお伝えするのですが
最近、Pさんのように
結婚を前提とした男性が現れて
といったお客様が何人かいまして・・」





「え、そうでしたか・・
私は40代も最後だからとか、
ちょっと焦りもあったのですが」





「分からなくは無いです・・
先に明るい未来なんてことだけでは、
事実なかったりしますしね」





「はい、まあ自分だけで無理するよりは、
例えばあちらも普通の理由で離婚していたり、
先に誰かと思っているならと・・」





「なるほど、理解は出来ますが・・
何人かの方はそこまでは良かったのですが、
同居してみてから気付く相手のマイナスがあって」





「相手のマイナス、
無い訳じゃないでしょうけど
皆さん、どんな部分でダメになったのでしょう?」





(T^T)別に新しいカップルに、
野暮な事例を出したかった訳では無かったし-




でも、いわゆる熟年者の再婚の場合には、
後から色々と双方に問題が出て来てしまい・・




結果・・・



却って入籍(結婚)をしたために、
あちらこちらの親族からも問題視されたり、


遺産や後継者問題


反対に借金があることが入籍してから分かり、
戸籍に入って奥さんとなったために、
その借金まで被ることになってしまったり。





悪いことだけは言いたく無いけれど、
考えてみても熟年なんだから、
墓場にさえ持って行きたい秘密もあるだろうし・・


何も無い人を探す方が難しいくらいだと、
ワタシは痛感していたもので・・。





「バツイチの内容も分かりましたが、
あちらは色々な面で、
Pさんが負債を追ったり
なんてことは無いのでしょうかね?」





「誰でも問題はあると割り切った部分もと
でないと、リスクを追ってまでは、
さすがに過去に大変だったので、
再度は避けたいですから・・」





そうか・・考え過ぎなのかな?



文字どおり年増だし、
耳年増にもなってしまうワタシの仕事柄-




ただ、やはり近年でも近日でも、
七割の方はまた、
別居をし離婚をされているため、
気を付けて欲しかっただけなんですけど・・。




・・女の元旦那はまあ、
ありがちな金使いの荒い男性だった。




博打(バクチ)打ちとは行かないまでも、
パチスロですった額がかさんで行き・・



結局はPさんにバレてしまった時には、
二百万~三百万くらいの、
過去にあった消費者金融(通称・サラ金)で、
利息がやたら増えてしまった額になっていた。




司法書士に相談したら、
アドバイスが的確だったのと、
そこまでに行き着くまでに、
女が愛情が冷めていたため、
様々な事情で離婚に踏み切った・・。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 2011124pp001_2016050600164476b.jpg


ハート金銭的なことは大事ですが
↓浪費家でもどケチでもパートナーは大変




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




a0960_003557.jpg




お子さんは娘さんが一人だけだったけれど、
女は意思確認をしてから、
娘さんと暮らす結果となっていたのだけど。




・・あんな苦労されたのだから、
先ほど拝見した男性のことは、
前の旦那さんよりはマシであって欲しいと、
何となくそう感じながら、祈っていた訳で。





「とにかく、来年から三年の厄年の周期なので、
今年は様子を見てから・・
来年は前厄で結婚に向いていますから
来年までお付き合いをしてみては?」





厄年の周期なのに何故、来年なんでしょうか?」





来年は前厄ですが、
いわゆる離別を起こすことには良い年で、
結婚というお互いの戸籍を持つのは、
一種、離別にあたるので良いですよ」





「そうなんですか?
厄年と言っても色々あるんですね~
分かりました、
来年までこのまま続けるように頑張ってみます」


・・




それから・・・


何ヵ月かが過ぎ、
約一年が過ぎようとしていた頃に、
女Pさんからメールが着信した・・。





『今週で
○さんがご都合が良い日はありますか?
あれからやはり色々ありまして・・』




Pさんの何行かの内容を読むと、
どうやらあまり芳しい状況では無さそうだった。



二日後の街中が空いていたので、
期日や時間帯をお伝えしてみた・・。




後日、女と会うことになったのだけど-




カフェの席の、
ワタシの目の前の女は、
なんかこう、
負のオーラがドバドバと出ているように見えた。




Pさんはそれから、
最初は遠慮がちに、途中からはスッキリと、
次の道ややり方に繋げたいために、
その半同棲をしていた男性のことを話した。





・・長くなってしまうので、
かいつまんでまとめれば、
前の旦那さんとは違う真逆なタイプだったのは、
金銭的には理解は出来たようだったけれど・・




何が一番、引っ掛かったかと言えば、
ハッキリ言って『ケチだったこと』。





その人のケチ度合いを書いたら、
またまた長くなるので、
一番、分かりやすいっちゃ分かりやすいのが-



毎日買った買い物のレシートをチェックし、

ゴミ箱にも目をやって・・・



「醤油は今は要らないんじゃない」とか、


「冷蔵庫はすき間を空けた方が節電になる
ドアはきっちり閉めておいてよ」


とか・・


「じゃがいもの皮、厚くむき過ぎなんじゃない」


「水道代、前はこんなじゃなかったけど」




女が半分は、
そうした経費を入れているにも関わらず
買い物だけでなく、
水道光熱費などにも文句が出る日々・・。




当たり前と思う方にはそうかもしれないけれど、
毎回(一日おきくらいだったそうな)
足りないから買うんでしょうし、
どちらもフルタイムで働いていれば、
細かい部分だけに目が行く時間が無いし・・・。




。。


女が別れ話を切り出した際に、
リビングのテーブルに電卓を出し始め、
メモと共に、
これまでPさんと付き合っていた際に、
かかっただろう経費を数え出したのだそう。





「・・え、ドラマとかでは見た光景ですが、
それ、本当にやる男性っているんですねー」





「はい、いました目の前に・・
賃貸料金から始まって買った電化製品だとか、
一ヶ月にかかった水道光熱費だとか・・


私だってきちんと生活費は出した筈なのに、
あんたと会ってから、
お金がかかって仕方がなかったって、
私よりも数段、給料が高いんですよ・・



要りませんけど、
誕生日にちょっとした贈り物とか、
せめて花とかって頂いたりしますよね
自分で買った方が早いですが、
な~んにも無かったし・・」





・・あー、それ何となく分かるなぁ・・・



高い物が欲しい訳じゃないけれど、
気持ちというのかな・・



入籍をする前から、
そうした部分さえ無かったら、
行く先は明白だったりもするから・・。





「先日もウチのお客様から、
同じタイプの男性と別れた話を聞いたばかりで」





「・・そうだったんですねー・・
とにかく、○さんが言ってらしたように、
今年の前厄での入籍にならなくて良かったです
私が手切れ金のように、
計算した全額ではありませんが、
ある程度まとまった金銭を渡して来ました」





「娘さんはどうされたのでしょうか?」




「○さんに2月4日以降なら
引っ越しにも良いと言われて
今年の凶方向では無かった場所に、
先に娘だけ引っ越しさせていて・・」





「なるほど、前厄で男性と離別し、
引っ越しで二重に厄落としされたんですね」




え、別れも厄落としになるんですか?
良かったー、だったら意味があって・・」





前にもそういう方、いたよね・・

別れたことが厄落としになると喜んでいた人が。




でも、これまでのことをお聞きし、
元気でもあったしちょっと安心したりして・・。




もしかして?
Pさんはたぶん必要が無い男性は、
これからも要らない方なのかなと・・。




結婚、特に熟年になればなるほど、
本人がきっちりしてしまうし、
様々な要素がブロックとなり、
勢いだけで出来る年齢でも無くなると・・
最近、特に続いていたカップルで分かった。





もちろん、再婚も熟年結婚も、
悪いだけとは言えないけれど・・


当然のように若い頃よりはシビアなことも多く、
その辺りは賢く、冷静に考えた方がと、
近日の皆さんのことで痛感したのでしたが・・。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。










ハートあちらにも言い分はあるでしょうけど
↓合わないものは合わない・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kumab003_20160506001712fa3.jpg


(゜▽゜*)連休の間のフツーの日・・・

やや長いですが読んで頂いてご参考に。

誤打はすっ飛ばしてね、色々と遅れますが。



別窓 | 人としてどうよ? | コメント:0 | top↑
<<命名への注意点とポイント「典型的凶数を避ける」 | すみませんワタシは占い師 | 活断層と原発☆情報公開の曖昧さが番組で分かった>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |