男女だって結局は人だしね☆ドラマパーツ見マニアから
2016-06-01 Wed 00:39
00love1-1.jpg




月○が話題性はあるにしても、
失礼ながら今一つな昨今・・



他にも局のトップで意向が変わったり、
今期のドラマは波乱含みだと、
ワタシは勝手に思っていたけれど-




意外とオモシロイのが、
ドラマ全体を把握してみるよりも、
勝手に呼んでいる‘パーツ’(部分)見・・




つまり主役や脇役の女優や俳優、
その人たちが演じている
ヒロインや恋人役など・・・



更に、ドラマには欠かせない、
悪役的な脇役などなどに着目をしてみること。




はたまた演出 -


『99.9 -刑事専門弁護士-』の演出って、
なんか笑うツボがどこかで見たことがあるなぁ、
なんて思っていたら・・




演出家がまさに小ネタを仕込む系でも、
笑いと共に数字も取れる、
仲間由紀恵と阿部寛の『トリック』、
中居正広主演で画期的だった
『アタル』の演出家、
堤幸彦の助監督などを経た木村ひさしだったりして。




作品の流れや脚本もあるけれど、
誰が本を書いているのか?・・



前にどんな作品で演出を手掛けたかなんて、
そういう部分を考えると、
また違った見方が生まれて来たりする。





女優、俳優、脚本家、演出家、
美術、大道具、小道具、
衣装、スタイリスト、メイクなど・・



ドラマは映画とも同じで、総合芸術でもあり、
関わる制作会社やスタッフによって、
細かい部分も面白かったりもしているから。





・・さて・・・



別にドラマ談義を言いたい訳では無くて、
そんなパーツ見のワタシが笑って見ているのが、



個人的にファンな嵐の大野くんと、
これまた朝ドラ前から好きで、
鶴瓶さんの『Aスタジオ』の、
アシスタント時期からファンだった波瑠ちゃんの、


『世界一難しい恋』・・





とあるホテルチェーンの、
有能な社員として入って来た柴山美咲(波瑠)を、
殆ど一目惚れしてしまった、
オーナー鮫島(大野くん)とが、
時代錯誤的な歯がゆさで恋愛を進めたり、
後退させたりと、
可笑しな恋愛プロセスを繰り広げる。




特に、あー、いるいるこんな男性と、
女心が全くもって理解出来ていない、
大野くんの傲慢社長がツボにはまりまくっている。



00love1-2.jpg




今どきなら草食系男子なら分かるけれど、
ではなくて、
豪胆でひたすらワンマンな男性社長の言動が、
あまりにアホなので笑い過ぎ・・



毎週、水曜日の夜は、
自分の笑いのツボはこんな所なんかい!


・・なんて思いながら大笑いをしているけれど。





これがまた、
パーツ、つまり脇を固める配役が面白く-




心配しながら母親のように世話をやく、
秘書役・小池栄子や、
同じく叔父さんのような運転手役・杉本哲太が、
絵に描いたような、
無粋なイケず社長を見守るさまが、
愛情にあふれていて更に笑いに拍車がかかる。





単純なラブコメなんだけど、
波瑠(一部、敬称を略させて頂いております)と、
大野くんの掛け合いとか、
ひたすらワンマンだった男性が恋に落ちると、
こ~んなヘタレたタイプになるのか?




でも、ワンマンという名の子どもだった彼が、
そんな苦い恋の体験を経てから、
人を思いやったり、
配慮が出来るようになったりと、
心が傷付くことに鈍感過ぎた存在が、
単純ながらもちょっと可愛く成長する様が面白い。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 00love2-3.jpeg


ハート男がいれば女もいる
↓そんな日常と非日常と・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






00love2-1.jpg




さてはて・・・



もう一つのパーツ見が、
金曜TBS系の中谷美紀主演で、
ドSな飲食店経営者、藤木直人と共に、


立場が違いながら、
結局は男心、女心が分かってはいない、
別々の立場の男女が・・




上手く行かない恋と、
上手く行かない離婚寸前の結婚生活に対して、
互いに情報交換をしながら上手く運び出すという、




『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』





特に十倉役の藤木直人は、
自分は隠れたお金持ちながら、
趣味で高級レストランを経営していて、
基本的には上から目線な鼻持ちならない男性。




だけれど何故か恋愛に対しては、
マニュアル指南のマイスターのようで -



医師であり、初恋の彼が気になっている、
みやび役の中谷美紀に、
ドS全開でビシバシとアドバイスをする。




が、そんな十倉も、
実は奥さんと娘さんが出て行った、
離婚まで秒読み的な痛い夫だったりする。





見ている方ならご存知でしょうけれど、
今や中谷美紀と藤木直人の立場が、
ビミョーに逆転しつつあり、



しかも・・



過去の初恋コンプレックスから、
抜け出られなかった彼女が、
ついにモテ期に突入してしまったので、
かなりな逆転劇がまたオカシイ・・。





何がパーツ見って -


アラフォー女性に取っては、
既に出来上がった感のあるみやびだったけれど、
実はそれだけでは無くて、
過去に一番好きだった男性、
桜井(徳井義実が好演)が、
どこか心の中にまだはびこっていて・・



どうしても同じ位置から一歩出られない、
そんな奥ゆかしい女心とか・・




ドSなはずなのに、
俺様タイプから抜け出られずに、
別居してしまったことが、
一番、悔やまれている十倉と同等であって、
意外と同義だったりする所なんだね・・。




00love2-2.jpg




男性が女性を、


女性が男性をゲットする・・



または起死回生をさせるにはという、
マニュアル部分につい目が行きがちだけれど、
それだけではちょっと違っていたりもする・・。





人は誰しも自分を分かっているようで、

実は指摘されないと、

永遠に分からない部分が隠されている -





そんな裏側からのアプローチや、
トラウマや深層心理から見ると、
なかなかに面白過ぎるドラマだったりする。




結局は本心を知られるのが恥ずかしく、
ただ、強がりを言っていただけなんて、
どこの世界でも、
どんな男女にもあったりする部分だ・・。





・・どちらのドラマも、
キャスティングを始め、
スタッフや恋愛指南のアドバイザー、
様々に関わる裏方さんがいるけれど・・



やはりベースのストーリーに加え、
簡単ながらも、そう単純ではない、
男女の世の常が存在する辺りが興味深い。




それはとりもなおさず、
男女だけでは無い、
人と人とが織り成す心模様でもあったりして。





(×_×)まあ、マニアックにパーツ見だの、
スタッフだとかキャスティングとか、
十倉並みな上から目線で書いてはいるけれど。




行き着くところはやはり人間なのね、
なんて書いていて思ったりして・・。




人は時に恐ろしいけれど、
人あってのドラマだという部分は、
たぶん、
これからも根底には変わらずにあるんだろうと。




・・そんな・・・



水曜10時日テレ系『世界一難しい恋』



そして、


TBS系金曜10時
『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』


~からのパーツ見・・・




いや、もとい男女って人間てやはり不思議。



かなり勉強にもなり、
楽しくもあるドラマからの話題でした・・。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・


。。









ハートドラマではあるけれど身近な現実
↓何所にでも有り得る起こり得る出来事




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00love3-1.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

人が出ているドラマや映画は、

対人関係に関しても学べることは多いかな。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。



別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
<<これ物件あるある?☆事故物件より恐いケース | すみませんワタシは占い師 | 年を取るにつれてメンタルが強くなること>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |