続ノスタルジックなお話「流行り歌の慰」
2016-06-21 Tue 00:23
00rain01.jpg





カウントダウンTVだ~、
とコラボだ、ヒットメドレーだ~・・



(T^T)なんつ~謡番組にジャンルが少ない。



流行りのが中心で、
派手なパネルもスタジオにはない・・。




インターネットもまだないない、



・・・嗚呼、昭和30年代・・・




・・で、今日はこんなお話。


・・




今でこそ昭和謡という、
いわゆる懐メロ的な扱いになっているけれど、
ワタシの時代ではごく普通のメロディであって・・




奥村チヨ、チェリッシュ、
ダークダックス、タイガース・・



そんな感じが、
西野カナ、いきものがかり、
EXILE、三代目Jsoulbrothersなどなど・・




昔を今に変換すれば、
昭和謡だって現代と変わりはなかった。



・・ま、それはいつの世も当たり前だよね。





さてはて・・・



何でそんなの話題かといえば、
ワタシは一番優しい叔母
つまり父の妹でもあったS叔母さん -




ワタシたちはただ、年齢が近いため、
Sちゃんと呼んでいたけれど・・




いつも日曜の昼の歌番組、
『ロッテ歌のアルバム』なんかを聞くと、
同じくSちゃんとチャンネル権を争った、
『アンディ・ウィリアムス・ショー』を思い出したり。




。。



何で彼女を思い出すかといえば、

歌→Sちゃん→優しかった

→今は優しさが不足している


てな図式がふつふつと湧いて来たりするため。




彼女が違う家に嫁いでからというもの、
従姉Rのお母さん、
父の姉でもある伯母さんと、
ビミョーに違いはあるけど、
似たり寄ったりな過激さを持つ母と-




 00rain02.jpg




お祖母ちゃん以下、子どもたちには、
かなりシビアな女性ばかりが残ってしまった。





「Rちゃん、
やっぱSちゃんがいないと寂しいよね」




いつもは平静な従姉も、
その時ばかりはワタシに同調した。




「それは言えてる」




(×_×)二人、いや妹と三人は・・


夕べ夕飯の席でお祖母ちゃんと伯母さん、
ワタシの母と夕食のおかずの好き嫌いで、
半端なバトルを繰り広げてしまい・・




せっかく少し盛り上がったのに、
一気にご飯が不味くなってしまったため、
ゲンナリしてしまったのだ・・。




そんな時にふと、
ロッテ歌のアルバムを一緒に見たり、
アンディ・ウィリアムス・ショーを、
楽しみにしていたのを懐かしく思ったからで、
良い意味でのムードメーカーで和んだ、
叔母を思い出したのだった。





。。



思えば願いは叶うもので、
それから何日か経った時のこと -
ワタシたちにはちょっと嬉しいニュースが。




「そういえば、Sちゃん、
旦那さんと日曜日に遊びに来るって」




何気に言った母の言葉は、
明日は土曜日という、
浮き足立ったワタシたちを更にウキウキとさせた。




『Sちゃんが遊びに来る』





・・それはハトコP宅にも伝わり、
叔母を個人的に好きだった、
Pのお兄ちゃんにも広まったようだ。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 08cb002_20160620230931aaf.jpg


ハート歌は世につれ世は歌につれ
↓時代はバックシーンで分かる・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







00rain03.jpg




ハトコPのお兄ちゃんは、
昔っからSちゃんが大好きで、
幼なじみだったけれど、
たまにわざとらしく会いに来たりしていた。





(T^T)だいたいそんな恋は、
ウチのお祖母ちゃんという存在は、
ハトコ宅には、あっちのお祖母ちゃんの、
いわゆる小姑にあたり・・・




ただでさえ嫁と姑の仲で、
苦労しているハトコのバアちゃんが、
出戻りの小姑、
ウチのお祖母ちゃんと合う訳がなく・・



その恋はワタシたちには
『ロミオとジュリエット』という、
シェイクスピアの物語を思い起こさせた。





そ~んな、
カッコいい中身でも無かったけど、
叔母Sちゃんのたまのお里帰りは、
ワタシたちだけでは無い想いが交錯していた。


・・




待ちに待った感じの日曜日には、
昼間というのに、
酒好きなお祖母ちゃん以下のメンツなので、
父も不在だったにも関わらず、
昼間の酒盛りとなって行った・・。




お祖母ちゃんのシソ巻きやらお漬物、
その他いろいろなつまみも並び、
叔母の旦那さんが来るため、
久々にお寿司も取り寄せた。



ビールから日本酒と変わり、
ワタシたちはお菓子とカルピスで、
そこそこに楽しい時間が流れて行った。




途中・・・


ハトコPのお兄ちゃんが、
台所の扉からこそっとやって来て、
酔っていた婿さんは寝ていたため、
叔母ちゃんと募る話をしていたようだった。





さすがに夕方に近くなり、
お酒ならずお茶でお開きになったけれど・・


ワタシは久々のSちゃんと別れたくなく、
帰りの彼女と、
人の良い旦那さんについて行くことに。





「え、帰り道なのに邪魔だってば」




そういう母を軽くいなして、
Sちゃん、旦那さん、ワタシの三人で、
タクシーを呼ぶのではなく、
酔いざましに街中まで歩くことになった。





「夕飯、食べて行こうか」




旦那さんがそう言うのだが、
ワタシはただでさえ申し訳なく、
一応、遠慮をしたけれど・・




「いいじゃない、○ちゃんも食べて行こう」




Sちゃんも乗り気で、
でもたぶんそれは旦那さん宅には、
彼の母親、つまり姑さんがいたため、
たまの水入らずで過ごしたかったのかと思った。





 00rain04.jpg




昔、電力ビルの地階に、
今とは違う中華料理店があり-



そこで、ワタシが五目中華を食べ、
二人は冷やし中華を食べた・・と思う。




和やかな時間だけが過ぎ、
ふと聞こえたのは、
吉永小百合と橋幸夫のデュエット
(だったこともあった)、



♪~雨が小粒の真珠なら~


恋は~♪ピンクの薔薇の花~♪




ほんのりとした時間の終わりに、
ロマンチックな若い二人のデュエットソングが。




の通りに帰りは梅雨だったため、
細かな雨が降って来たけれど、
それは別段、気にもならない雨で・・



しかもまだ市電も走っていた時代だから、
ウチの近くまで通過する市電まで、
あたかも・・
橋幸夫と吉永小百合のような二人が送ってくれた。





・・・ 雨粒は 涙を隠せる 丸い玉 ・・・





無事に市電を降りた時、
細かい雨は止んでいて、
でも、ワタシの気持ちの中では、
何日もその時のことと
『雨の中の二人』がまだ流れていた。





ちょっと!起きなさいよ学校だよ」




母の朝の罵声は変わらず、
甘い想いも一気に消してくれる・・





でも、珍しくふと素直に思った-



お祖母ちゃんとか伯母さんとか、
母が争ったりしてるから、
たまの良い時間が素敵に感じるのかもしれない。




後から聞けば・・・



Sちゃんもあちらの姑さんと、
なかなか打ち解けにくく、
彼女も苦労をしているのだとか・・。




姑さんはウチのお祖母ちゃんとは、
かなり違う性格みたいで、
はっきりしない割には嫌みだったりし、
だから彼女も対応に困っていたようだと。




どうにか頑張ってはいるようだけど、
たまに来た時にあんなに嬉しそうだったから、
その裏話は何となく理解が出来た・・。





「どこにでも問題はあるわけね




「二人以上、人がいれば問題だらけだよ」




叔母ちゃんの話を聞いていた従姉Rも、
また、似たり寄ったりな感想をぽつりと言った。




・・けれどあれから・・・



♪雨が小粒の真珠なら~♪




そのを聞くたびに、
色々とあるだろうけれど、
とってもしみじみとした、
Sちゃんと旦那さんとの、
小雨の夕刻の時間を思い出すのでありました。




・・嗚呼、昭和の日はスローテンポで過ぎ行く・・・


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くとも・・・

。。










ハートや音楽は時代の象徴でもあったり
↓よい想い出が救いになることも・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00ku04_20160620233659365.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

色々と遅れますが・・・よろしくね。



別窓 | ノスタルジックなお話☆ | コメント:2 | top↑
<<推しメンさしこちゃん(指原莉乃)厄年真っ只中の2連覇 | すみませんワタシは占い師 | 神社の御札や御守りが手元にある場合の処分>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-06-21 Tue 08:05 | | #[ 内容変更] | top↑
- My Dear 管理人のみ閲覧できます様 -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます・・。
よくわからないのですが、昼間に月が出ていたのでしょうか?
意味が違うのでしょうか?・・分からなくてすみません。

2016-06-22 Wed 21:42 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |