噂をすれば人(影)を呼べるかもしれない人間の予知
2016-07-13 Wed 01:17
 00doll001.jpg




『噂をすれば影』




以心伝心とは結構違うけれど・・



どちらかと言えば、
ちょっと芳しくない人の噂をしていると、
その人が聞き付けたように来てしまう・・


といった場合によく使ったりする -





(T^T)それを無理矢理に・・・

第六感とかインスピレーションとか、
自分の仕事にありがちな部分に、
結び付けたくは無いけれど・・。




本当にたまたま考えていた人が、
その日やって来たとか、
噂話中にあちらから来たなどは、
皆さんも割りとあるのではと感じますが。




な~んでまた、
回りくどい言い方をしてるかと言ったら、
そういうことを二度、違うお客様で経験したため。




もちろん、
悪い噂をしていた訳じゃないのですが-




お一人はワタシが最近、
三、四年くらいお会いして無くて、
その人をある程度、知っている母と、
たまたまその日に噂をしていたもので。




ウチに・・まあ、
二割くらいいらっしゃる男性の顧客さんで、
ちょい挙動不審と言いますか、
頭脳明晰なんだけど、
天才肌にありがちな変わった男性のお客様がいた。




一か月前くらいかな、
とある公的機関の調査だとかで、
土地の境界線などを立ち合いのもと、
確認をするという封書が届いた・・。




ふーん、と思っていたら、
その場所で立ち合いでの調査というスタッフに、
何やら見覚えのある男性が混じっていた。





「あ、先生、お久しぶりです




「え?M君、○○局に入ったの?」




「いや、まさか、長期バイトと言いますか」




(×_×)あたふたとした感じが、
昔、流行った、
MR.ビーンというコメディ中に登場する、
英国の俳優さんに似てるっちゃ似てる感じ。




でも見た目は顔が、
ポール・マッカートニー的なタレ目なので、
そのギャップを常に感じるような人。




全く変わらず、
そりゃ人間なんてそう変わらないよなー


・・なんて感想で、
そのM君という人と、
久しぶりに会った訳ですが・・。




これが母と同郷だったため、
タイムリーな噂をしていた矢先だったので、
相変わらずの挙動不審さと共に、
若干、懐かしかったりしたのですわ。





その日に母に -


「最近、噂にのぼったM君が調査に来てたよ」


~てなことを言ったら、
ただ「あーあのおにいちゃんね」
などと笑っていただけだったけれど。





まあM君の名誉のために言えば、
某国立大学を卒業し、
その後に滅多に取得が出来ないという、
分かりやすく例えれば、
弁護士や司法書士並みの国家資格を持ち・・




その専門企業なんかの資料室で、
辞書代わりに彼が居てもおかしくは無い感じ。
(生き字引的な感じだね)

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 201103050921000_201607130055286df.jpg

ハート出会いは~スローモーション~♪
↓てな訳じゃ無いですけどね・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆





00doll002.jpg

※参考資料書籍-




・・さて・・・



もうお一人の方は女性だけれど、
昔のオフィスがあった街中に来てくれていた方で、
その人もM君のニュアンスでは無いけれど、
特殊な趣味を持っていた方だった・・。





丁度、何週間か前に、
以前に美術館やデパートの特設会場で見た、
著名な人形、四谷シモンと辻村ジュサブローの、
(敬称を略させて頂いております)
パンフレットや作品の葉書を整理していた。




「・・そう言えば、あの彼女、元気かなぁ」




Eさんという彼女は、
人形の特異な話で盛り上った人だった。




二度くらい、
記事にしたことがあったけれど・・


ワタシが昔々、この仕事をする前かな、
今はもう無くなってしまった骨董品店で、
市松人形(正式な呼び名はいちまつではなく、
歌舞伎俳優の名から いちまにんぎょう)


・・を見てしまい・・・




止せばいいのに、
いわゆる一目惚れを人形にしてしまった-




その頃ならバブルという時代の波で、
ワタシくらいでも○十万くらいなら、
頭金を入れたりし、
更にクレジットを何回か組んで、
手に入ったりするお値段ではあった・・。





「でっかい市松人形だなぁ
正絹の着物は江戸辺りなのかな」





その頃はまだ小娘っちゃそうだったので、
所有欲だけが先行していただけで。



骨董品やアンティークの持つ、
時代を変遷して来た重みとか、
大きな人形ならば、
娘のための特注品だったりもし、
やみ雲に所有すればよい、
というだけの品では無いものであったり。




特に場所を取ってしまうような大きさならば、
それなりに大きなお屋敷に住むような、
お武家様とか豪商などの皆さんしか、
手にすることは出来なかった筈だと思う。





その頃に見た市松人形は、
1メーター以上あるかないか、
顔の造りも品が良くて、
これまで見たようなありきたりな存在ではなかった。




ショーウィンドー越しに彼女を見て、


「いいなぁ、これクレジットを組めば・・」





(T^T)イッタイ、買ってもどこに置くんじゃい?


のちのちに我に返るワタシだったけど、
ついふらふらと見いってしまっていた。





『あんたは私を持つだけの力量は無いね』





最初、空耳だと思ったけれど、
そんな曇ったような声が、
目の前の硝子越しに聞こえて来たのだった。




「・・あ、市松人形様からか




秒殺というより分殺くらいだったけど、
ワタシは明らかに彼女に嫌われたようだった。




すごすごと骨董品店を後にし、
そりゃもっと人形を大切に飾って、
彼女の持つ時代を経たチカラまでも、
難なく容認することが出来るお宅と主に行った方が。




後日、その話を、一番に分かってくれたのが、
Eさんという彼女だった・・。





「○さん、市松人形に振られてしまったんですね」




「え、Eさん分かってくれるの?
そう、たぶんワタシでは器も小さくて、
大きな由緒正しい感じの人形には、
力量が無いと即座に感じたんでしょうね」





Eさんは全く同じようなことを言っていて、
時代を経て来た人形が、
それなりの力を持つのは当たり前だと・・




しかも手に余る場合には、
またその市松人形は違う主(あるじ)を求め、
また違った店に行き着くだろうと・・。





でもって・・・


最近、そのEさんから連絡を頂き、
久しぶりに色々な話に花が咲いた-





「ねえEさん、昔話したことがある、
市松人形のこと覚えている?」




彼女はしばし思い出していたけれど -


「○さんにNGを出した骨董の人形ですね」


・・なんて、覚えていたのだ・・。




Eさんは仕事が多忙になり、
今は人形作家の夢は保留なのだそうだけどね。





・・さて・・・



たった二度の体験で、
こうした記事にした訳でも無いけれど-




もしかしたら?・・



こうした話は、
結構な頻度でお客様からもお聞きするので、
応用編としては、
意外に会いたいと思った存在がいたら・・




とりあえずは噂をしてみる、
若干、作為的かもしれないけれど、
以心伝心的なインスピレーションが働くのではと。




会いたいなら、
願いだけで会える場合も多いけれど、
強い人の念が、
こうした出来事を作り出していることも多々あります。




このお二人は考えて言葉に出したりし、
噂話をしていた矢先ですぐ会えたもので・・・。




噂をすれば影 ・・的要素を、
出来るだけ強い気持ちで作り出してみる・・




様々な体験やお客様や親戚からの話でも、
『逆もまた真なり』というニュアンスで、
馬鹿にはならないのかもしれません。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート願いとはまた違ったケース
↓何かが誰かを呼ぶ力だったり・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 06bana02_201607130055373e8.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

誤打は笑って読んでいてね、レスなど遅れます。


※えー・・

最近に関わらず見知らぬ霊能者のHPで、
ワタシのHN・mechaで、
バッシングが書かれていますが、
お客様からも問い合わせがあり、
大変に迷惑をしております・・。


自分で見覚えが無い、
やってもいない内容ですが、
知らない方がご覧になったら誤解しか生まれません。


もし、今後、改善されないようでしたら、
ご参考までにそのサイトの直リンを貼ります・・。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
<<日本人に不足する『危機管理』への対策とマニュアル本 | すみませんワタシは占い師 | もう一つのジャズフェスティバルと戦争と平和☆散歩とスケッチ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |