用事を頼んだら男性は誉めて育てる☆男性脳、女性脳の違い
2016-07-19 Tue 01:22
00brain001_2016071901121772e.jpg




先日、奥さんで二児の母親、
パートタイムもほぼ、シフトが正社員並みという、
働き者のお母さんに会った・・。




元気に前向きに取り組む姿とか、
会話の配慮や弾みかたは、
何だか現代の肝っ玉母さんのようで・・
(昔そういう優さんのドラマがあり)


ご相談だったのにお聞きしていて、
ワタシの方が久々にスッキリとした感じになったり。




ただ・・・



ちょっと気になったのが、
旦那さんは大人だから仕方がないとしても・・
(まあ、ちょっと問題かな・・)




お子さんが二人いらっしゃるけれど -


いわゆる一姫二太郎という、
お姉ちゃん、弟くんという二人だったのですが、
その対応の仕方とか、
用事をやらせたりした際のこと・・。





(T^T)彼・Oさんと呼ぶことにします・・



Oさん自身が姉妹だけで育っていたので、
多くの性が、
小さい時から教えれば何でも早く覚えられたりする。




他にも子高だったし、
友達が多かったから、
性がやたら周囲にいた環境で慣れ親しんでいたらしい。





気になったというのは、
これもライフワーク的に書いているけれど・・


女の違いを考えながら、
敢えてやらせること、
用事などを頼むのがベターだということ。





女の子がよく出来るのと、

それに反して・・


の子は、長女であるお姉ちゃんよりは、
すぐに出来なかったり、
早くしにくかったりするのは、
当たり前と考えた方が良いということですね。





・・つまり・・・



の子が主に一つの物事だけを片付けたり、
同時期に用事をこなすのは、
女性脳の長女さんとは違い、
そう簡単には出来にくい、
性脳の持ち主という理解から始めなくちゃと。




「あのですね、気になっていたのですが・・」




ただでさえ忙しい中、
子どももいないワタシが言うのも、
なんて考えつつ、
お子さんへの叱咤激励が、
お姉ちゃんよりも二つ年下のの子では、
更にいっしょくたにしたら気の毒かなと感じたから。





「え!そうなんですか、私、ガンガン怒ってました」




「難しいことを言いたい訳じゃないですが、
今どきだと、性脳の男の子と
女性脳の女の子の違いで叱るとか、
そうした本も出ていますよ・・」





(×_×)脳の中身もだけれど・・


特に男性はプライドが女性とは違うし、
怒り方、叱りつける前に、
二つや三つの用事を頼むことよりも、
一つずつ用事をやらせてから、
きちんと出来たらまた、次の用事をさせた方が、
あたふたしないできちんとこなせるようだ。





これを -


夏休みの未成年のお子さん、
更に成人した男性の旦那さんに応用する場合。




☆小学生でも中学生でも、
日頃から
お母さんが意識して家事をやらせているなら、
通常のやり方が出来ていると思うので、
お母さんにお任せします・・。




。。



家事ビギナーである男の子にやらせるなら、
確実に出来そうで、こなせそうな、
食事の食器を運ばせる、辺りからなら。



小学校低学年だったら、
壊さずに運べたのを誉めてあげてください。




最初が肝心で、
お手伝いを嫌なことだと思わせてしまうと、
逆効果だったりするため、
まあ、そこそこ出来ていたらよしとして、
以降、少しずつ中身を増やして行くこと。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 100726kuma0011_201607190112332e8.jpg


ハートぼくたち男の子~♪君たち女の子
↓だから違う、教え方と導き方・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






00brain002_20160719011221a83.jpg




性の姉妹がいた旦那さんには、
用事の二つくらいなら・・



お母さんやお姉ちゃん、妹さんに言われ、
ある程度、性の細かさや、
面倒くささに慣れているため、
どうにかこなせたりする場合が多い。




ただ、性だけの兄弟で、
お母さんがほとんどの家事をこなしていた、
・・という家庭に育った、
家事はほとんどやって来なかった旦那さんの場合-




☆お子さんと同じと言ったら失礼なのだけど、
興味がありそうなジャンルを先ず聞いてみて・・



先ずは一つの用事から始めてみてください。




料理子だったとか、
スイーツ子でお菓子作りが上手いなど、
自分よりも特技がおありな場合には・・



既に作ってもらっていたりするなら、
お二人のことなのでお任せします。





☆全く家事や手伝いをしたことが無い方には、
先ほど書いたように、
性サイドの価値観やこなせ方で、
てんこ盛りな中身は頼まないこと。




掃除なら手順から、
片付けも二度手間は必至と諦め、
ただ、どうにか上手く食器を洗えたとか、
奥さんにはまあまあだったら、
とりあえずは良い箇所を先ず誉めて、
気になった箇所は・・





「○○はすごく上手だったけれど・・
でもちょっと残念なのはこの○○の部分かな
そこが上手く行けば・・次の課題にしてみようね」





(×_×)イライラするとか、
かったるいとかは理解出来ます・・。




でも、お子さんでも旦那さんでも、
上手く出来たら誉めてあける方が、
次回に繋がったりしている様子です。





「あら~・・私、真逆な対応だったかも」




「家の皆さん、
それぞれがそれで上手く行っていたら、
ワタシなんかが口を挟むことじゃないですよ


でも、上手く旦那さんや、ましてやの子に
何かを覚えさせるのが上手な方は、
悪い箇所はきっちり指摘しながら、
上手く出来たら誉めて次に活かしているようです」





「分かりました・・良いなら誉めたり、
でも悪い箇所は指摘したりですね


私、反省しなくちゃいけないのは、
特にお姉ちゃんと比較って、
あまり良くなかったんですね・・」





「片付けなどが苦手な特性をお持ちな、
ADHDやADDといったタイプの性以外なら


普通では、
の子の方が家事や片付けなどは
やはりの子よりは早く覚えるし、
お母さんがの子を育ててみて驚くそうです」





・・もちろん人によりますし・・・




の子と男の子の差異だけでは無いですが、
男性脳と女性脳との違いは、
小さい頃からはっきり出たりする・・。




男性脳だからダメという訳ではありません。




器用に幾つものことをこなせる、
女性脳の皆さんより・・



多くの男性の男性脳は、
一つの物事を追及して行くのが容易いため、
スペシャリストや研究での成功者を生みやすい。





意味を持たない中身を嫌い、
脈絡の無い会話が不毛にしか思え無い、
無駄なコミュニケーションが苦手なため、
不毛でも無駄でも、
どうにかコミュニケーションは取れる女性よりも、
対人関係でつまずくと痛手が大きいとも言われている。





失礼ながら・・・


引きこもりとなってしまうのが、
男性が多いのも、
これだけでは無いけれど、
こうしたことも一因だと言われています。





「・・分かりました、今度はちゃんと、
出来る年上のお姉ちゃんとは別に考えてみます」





「でも、良くないことは良くない、
出来ない部分でお母さんが指摘したいなら、
それはそれで良いと思いますので・・」





- 可愛い子には旅をさせよ -
 



・・そうそう物分かりの良い母親になれ、
なんてことを言いたいのでは無いですが・・



男性、男の子、男児に何かをやらせたいなら、
興味を持たせるようなやり方だと、
以降、その内容を追い求めて行くきっかけに。





男女の違いは男女の脳の違いから -



特に長い夏休みにリアクションを起こすために、
ある程度、
ヒントになるキーワードだと思います。


・・






すみませんワタシは占い師




・・・続くかも・・・


。。









ハート対人面を含め多方面に器用にこなす人は
↓もしかして女性脳かもしれない・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kuma008_201607190112560a4.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます・・。

一部でもご参考になりましたら・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れますが。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<夏の夜の怪談話 2016 「アルバイト」 | すみませんワタシは占い師 | 現世と天界と生き死にと☆友達の命日に>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |