古着の服や着物もアンティークと一部同じ扱いに
2016-09-28 Wed 00:12
 00kimono01.jpg




最近は着物が人気で、
若い女性でも、
大正ロマン風のアンティーク着物や、
それに似せた品を着ている人を見かける。




、夏目漱石の『それから』を、
今は亡き森田芳光監督が映画化した
『それから』の舞台は明治時代だったのだけど・・




主人公の友達の奥さんが、
身にまとう着物がかなり凝っていて-


地味でありながら、
なかなか美しいヴィンテージだった気がする。




着物は絹などで質が良ければ、
保存がきちんとしていれば、
長く代々に渡って着ることも出来る。





・・さてはて・・・



実はこの中にポイントがあって -



『大正ロマンのアンティーク着物』



『大正ロマン風に似せた新しい着物』




冒頭のこの二つでは・・


お気付きの方も多いかもしれないけれど、
似て非なるアイテムだったりする。




つまり、
本当の大正時代の着物は、
アンティークともヴィンテージとも言われ・・





・・例えば・・・



娘さんなり若い女性なり、
どなたかがその時代に身に付けた物だということ。




大正ロマン風の着物は、
時代の着物に似せた新作で、
どなたも身に付けたりはしていない物。





(T^T)これは全く違っていて・・


最初のは人の手に渡り、
更に日常で愛用していた品物なので -



いわば骨董品と同じで、
大事にしていたりすれば、
人の念というモノも染み付いてしまう。





それが・・・


時代と共に自然に人の手に変遷していたら、
まだ少しはマシだけれど・・




旧家とか商家とか、
割りと裕福だったお宅の娘さんが、
経済的に没落したり、
または、戦争などで、
嫌々手離さなくてはいけなくなった場合。





「これも誰かに売られちゃうのだわ
ごめんね、
おばあ様から頂いて大切にしていたのに」




涙ながらに愛用の着物を、
手離さなくてはいけなくなったと・・。





例えばあなたが、
お祖母ちゃんに買ってもらった、
一番最初の着物、
成人式で着た着物を手離さなくてはいけないなど、
それがとても気に入っていたら?




やはり気持ちもマイナスで動くし、
残念という念がどっと残ってしまう。





さて、着物に関わらず、
大切な洋服も仕立てをされた物もあり、
よく聞くのが、スカジャン、
ハワイなどのユーズドのアロハシャツ、
ヴィンテージもののジーンズなど・・




所有していた本人にかなりこだわりがあり、
特注品とか大切にして来たような品物も、
アンティーク着物と似たり寄ったりになる。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_20160927233117f41.jpg


ハート一概には言えませんが
↓これも馬鹿には出来ません・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読みたい方はどうぞ・・・☆




 00kimono02.jpg





これも自然のうちに不必要で手離したのと、
金銭的に困って泣く泣く売った品では、
その品の持つ見えない霊力が違って来る・・。




ワタシは念が残る品を、
訳あり品物と呼んでいるけれど・・




生地や形状に訳ありではなく、
その品に残された過去の持ち物の念が作用する。





・・芳しくない例としては、
、テレビ番組を見ていた時・・。




霊能者の方のカウンセリングで、
とある男性ゲストが、
○メリカ軍のバザーで、
誰かがバザーに出した枕を買ったそうだった。




誰もたぶん、
見知らぬ人が使った愛用の枕なんて、
たぶん危機を感じて買わないと思うのですが。




たぶん・・・



それって枕の主人に、
購入した男性が『呼ばれた』のだと思った・・。





彼はやはり夢見が悪かったらしく -




「あのユーズド枕はどうすれば良いんですか?」


~などと、霊能者の方に質問をしていた。





「先ず、見知らぬ人が使っていた品物は、
特に枕などの寝具なら買わないことです」




。。



間違って購入してしまい、
良くない事が起きたり、
眠れなくなったりしたら、
『お焚きあげ』に出して供養してくださいと。





(T^T)ここで・・・


賢明な人ならピンと来るかもしれない。




『愛用していた枕でこうなら、
もしかして?
愛用していたジーンズとかシャツも同じなの?』





はい、全部ではありませんが、
一部はその通りだとも言えます・・。





アンティークやヴィンテージなどの、
着物やジーンズやシャツなどは、
確かににしか出せない職人技だったり、
既に使われてはいない染料だったり・・




現代には無い魅力があったりする-



ゆえに希少価値で美しく、
手に入れたいという欲求も分かります。





今日は何人かの方に聞かれたため、
書いてみた記事なのですが・・



具体的なアドバイスとしては-



人の手に渡ったユーズドやヴィンテージの場合、
それを着たり使ったりする人が、
霊感を含めたカンが強い方なのかどうか。




カンが強いと、
自他共に認めるような人は、
例えよい品物であっても、
身につけるような物は避けた方が無難だと言える。





いつも書いていますが、
何が何でも古くて人が使った、着た物が、
全て霊的なマイナス要素だけとは言えないけど・・




『霊障』




過去からの念や、
購入した人とコラボレーションがあったりすれば、
障りが出てしまうことがある事実。




そうしたことに無頓着で、
全く平気なら何も言いませんが、
弱い体質、性質の皆さんは、
ユーズドや古着、ヴィンテージの品物は、
敢えて身につけるには不向きかもしれません。





・・まさか・・・



ユーズドの枕を買った男性のように、
夜中に見知らぬ人が部屋に出たり、
マズイ事があるかは分からないけれど。




ぶっちゃけ基本的に、
見知らぬ人とは夜中に会いたく無い方は、
やはり無難な障りの無い新しい物をお使い下さい。





(T^T)何も古着の着物や、
ヴィンテージが悪いという訳ではありません。




持つ、着る、所有するにあたり、
それが向きか不向きか?を、
きっちりシビアに考えてからに・・。




もう一つ -



念が微妙に残っていても、
着物は徹底したクリーニングは難しいけれど、
ジーンズやアロハシャツなどは、
徹底的に前人のアカや汚れを洗い落としてしまう。




持っていた人のアカや匂いなどの形跡を、
きっちり清潔に洗濯してしまうのは、
ジーンズはちょっと価値が下がるかもしれないけど、
意外と良い霊障の避け方になると思います。





ワタシも美しくヴィンテージ物、
素敵な骨董品の食器などは大好きです。




・・だけれど・・・



先日の古本でも、
障りがあることを感じたので、
ましてや、
普段、身につける服や着物は、
様々な要素を考えてからの方が良いと思います。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。












ハート人の手に渡った品は
↓やはり意識をして考えてからに・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 14kuma030_20160927233133744.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
<< 厄年などの厄払いは必要なのか☆再び | すみませんワタシは占い師 | 壊れる、無くなる、失う・・厄落としのいろいろ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |