『地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子』石原さとみが元気をくれる
2016-11-09 Wed 01:03
00kouetu01.jpg




先に新垣結衣ちゃん主演のドラマ、
『逃げるは恥だが役に立つ』
の感想を書いておりましたが・・



(* ̄∇ ̄*)今、疲れたシニアのワタシに、
パワーをくれるもう一つのドラマが -




疲れたオバハンだけではなく、
会社の上下関係で悶々としながら、


「・・くそー(ま、お下品)今に見てろよバカ上司



なんてOLさんや、
理不尽な縦型社会にウンザリしてる、
会社や組織勤めの皆さんにも楽しめそうだ。





『地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子』



そんなドラマは水曜日夜10時から日テレ系・・。




先ず・・・

石原さとみ演じる河野悦子の、
ものすご~いポジティブぶりが気持ち良い。




石原さとみと言えば -


通称・月9での小栗旬や松潤との共演で、
IT関連の天才の前で、
記憶力がえらく突出した大学生役とか・・



失恋から抜け出られていないショコラティエの、
永遠のマドンナに輝いている、
ある意味、女子力は高いけれど、
女性には綺麗なために敵対視される子を。




世にも奇妙な物語や、
ちょい前には法医学の女医のタマゴ・・



国営放送の朝ドラから~大河ドラマ、
ゴールデンタイムのヒロイン役には、
なくてはならない感じの女優さんだ。




・・しかも・・・



若手女優の中では、
ビミョーに嫌味な女の子や、
真摯なヒロインまで幅広い演技が定評で、
様々な役どころをこなせる存在だったりする。




さて・・


この彼女は、と言うと、
元気いっぱいの慌て者でちょい天然な女性で、
キャッチフレーズ通りに言えば、
スーパーポジティブな女の子だ・・。





ストーリーは -


お洒落が大好きで、かつ、
華やかなファッション誌の
編集者を夢見る河野悦子は、
景凡社の女性ファッション雑誌に憧れを持ち・・



その出版社の入社試験に、
毎回、パワー全開で挑むのだけど、
何度もことごとく落ちてしまう・・。




00kouetu02.jpg




。。



ある年の入社試験で彼女に奇跡が起こる。




なんと、面接で河野悦子を気に入った、
『校閲』という部署の茸原(岸谷五朗)が、
自分のセクションに彼女を採用したからだ。




「だって彼女の名前は河野悦子ですよ」




ぶっちゃけ河野悦子、
略してこうえつという、
名前が気に入ったからの理由だった。




もともとがファッション誌志望だった彼女、
初仕事の際にもやたら派手な出で立ちで、
『校閲』の部署のドアを開ける・・




だがそこには、
ファッション誌とは程遠い、
地味~な校閲の作業を黙々とこなす、
誠に地味なスタッフが静かに仕事をする姿があった。





※校閲とは -


校閲とは、文書や原稿などを読み、
内容の正誤や適否を確認する作業のこと。


内容の矛盾や表現の誤り、
事実関係の誤りなど、
原稿の内容に間違いがないか確かめるのが、
校閲の仕事である。

(違いがわかる事典より)




スタッフは -



原作は宮本あや子の同名シリーズ。
(角川文庫発刊)  

脚本は 中谷まゆみ、川崎いつ゛み、


演出 小室直子、佐藤東弥、


音楽 大間々昴・・・。

・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 05me03_2016110900510025a.jpg


ハート日本人には躁的元気があまり受けない
↓まー受けようとして生きてる訳じゃないですが




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






00kouetu04.jpg




今回、抑えた演技で、
姿だけでなく、行動も無茶苦茶な悦子に、
微笑みながら協力をする上司役に岸谷五朗、



長い仕事歴を持ちながら、
ファッションにはとんと疎い先輩に江口のりこ・・



校閲はあくまでも訂正や確認なのだが、
その河野悦子の型破りな行動に、
最初は犬猿の仲だった編集者に青木崇高。



ファッション雑誌の編集者で、
悦子の後輩・森尾に本田翼・・



行き掛かり上、翼と住んでいる若手作家に、
今をトキメキ過ぎる人気俳優 菅田将暉と・・



なかなかに見る要素を作るのが巧い、
日テレ水曜ドラマのやり方だけど、
まんまとキャスティングや脚本、演出も利いている。





主役の周りに存在する、
数々のバイプレーヤーがまた素晴らしいけれど。




特に小泉孝太郎主演の『名もなき毒』の中で、
サイコパス的な、
異常心理の女性・原田いずみを演じ・・



演技力を注目された江口のりこ の、
それこそ地味ながら、
校閲という仕事に使命感を持つ、
先輩同僚の演技が悦子とコントラストがあって、
それも効果的だったりもする・・。




00kouetu03.jpg




・・さてはて・・・



スーパーポジティブウーマンは、
大御所作家(鹿賀丈史)の間違いを指摘し、
一時的に大問題となるけれど・・



間違いが実は間違いではなく、
別れた奥さんの自分の息子が、
その場所が小さな頃に呼んでいた呼称と判ったり。




同僚で先輩の藤岩(江口)が、
人気作家の四条真理恵(賀来千賀子)の
密やかなファンだと知った悦子が、
四条と会うチャンスの際に-


メイクルームを借りて、
先輩をメイクしてファッションもフォロー。




そこで、若いスタッフが、
彼女らを陰口でバカにしても、
キッパリと啖呵を切ってぐうの音も出させ無い。




めでたく人気作家四条真理恵に、
長年のファンだった藤岩が会うことが叶った時



「こんな素敵な女性で良かったわ」

・・と言わしめ、
結局はどちらにも上手く行ったり・・。





訳ありの生い立ちで、
清純派だった若手女優のシングルマザー発覚!
というスキャンダル会見の中・・



あまりにも悲しい、
その彼女の過去を本の校閲で知った悦子が、
居てもたってもいれなくなり、
記事会見で暴露した記者と対決したり。





それまでは、
やり過ぎで突拍子も無い言動が、
うざったく迷惑がられていたのだが・・



河野悦子の目立つ行動というのは、
人への並々ならぬ人情と、
ヒューマニズムに溢れた愛情のためだと分かる。




犬猿の仲だった、
編集者の貝塚(青木崇高)は、
悦子を次第に認め始める。
ただの馬鹿らしい行動なんかでは無く・・




悦子は悦子で、
派手さは無い校閲というセクションの中でも、
みんながそういう仕事を大事にし、
真面目に裏方をしている事を痛感する。




周囲のスタッフたちも、
彼女の行動の何たるかが分かり、
周囲はこうえつを理解をするようになって来る。


・・




・・さて、ただの行き掛かり上で
同棲していた、
悦子が大好きな幸人(菅田将暉)だったが・・




たまたま、
後輩の森尾(本田翼)のマンションに行った時、
幸人が買い物を終えて帰宅したのと鉢合わせに。




9日(水)には鉢合わせのちにどうなるか?


幸人と森尾が恋人と勘違い?


また、ちょっと違うアプローチが展開される。





ドラマ・地味にスゴイ!は、
校閲に新風、いや、
嵐を巻き起こす悦子だけではなく・・




こうした仕事があって、
地味ながら使命感を持ちつつ、
編集者だけではない作家との信頼のもと、
書籍が世に出されているという、
本というものが、
作家は当然ながら、
多く人の手を経ている仕組みも分かって興味深い。




更に、多くのファッション誌は、
華やかであっても、
単なる憧れだけでもなく、
シビアな数字にも追われながら存在することも。





・・しかし、石原さとみ、面白すぎる・・・。




上野樹里が本当に楽しい作品で、
コメディをやらせたら素晴らしいと思わせた、
『のだめカンタービレ』だったけれど・・


(敬称を略させて頂いています)




今回の作品は、
全く似た感想をワタシに与えてくれております。




無駄なパワーかもしれないけれど、
魅力的な彼女の、
編集者をも凌駕するような、
そんな一歩も二歩も足踏みする姿が、
やっぱり可笑しいし楽しいんだな・・。




いるとウルサイけど、
いないと、とても物足りないような存在 -




元気ももらえるし、
また違う意味で癒されます(笑)し、
毎回、いろいろなゲストもキャストされ、


元気の素が欲しい方には、
お薦めしたいドラマの一つです・・。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。





 





ハート疑似体験でもパワーはGetできる
↓この前のスタイリスト編も良かった




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b002_20161109005633b85.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとーございます。

とりあえず色々あっても読んでいてね。

いろいろと遅れますが、ごめんよー・・。


別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:2 | top↑
<<トランプ氏 厄年明け★クリントン氏 後厄年 | すみませんワタシは占い師 | 給食に予算がないなら逆転の発想で☆食の大切さを学ぶ>>
おはようございます。
記事のテーマとはちがいまふが、
舟を編む、がそういう内容でしたね。
たまたま映画観て、すごく面白いし地道な作業だなと想いました。
このところ、娘に神経集中しておりました。
自律神経で専門やめてから2年、今年には先天的な大腿骨の異常が見つかりましたが、この度バイト決まりました。
まあ、1日でも行けたらいいのです。
これから寒くなりますから、お互いに老体に鞭打ちすぎずに、ソフトに参りましょう(笑)
2016-11-10 Thu 06:53 | URL | サエコ #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear サエコ さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます・・。
『船を編む』は本屋大賞を受賞した作品の映画化ですね。
深くは読んでいないのですが、校閲がかかわるのが事典の関係での物語だと思います。

校閲ほどハードな仕事ではありませんが、
広告での校正を何度もしたことがありますが、
間違いを見つけるという部分が自分には合わなかったです^_^;

そうでしたか、色々とあると、
その後、何かが上手く運んだ時などは反対に感動したり。
お互いに地味~~に現状を考えて行きましょう・・。


2016-11-11 Fri 00:22 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |