トランプ氏 厄年明け★クリントン氏 後厄年
2016-11-11 Fri 00:36
00president00.jpg




際情勢や時事問題は、
いつもは記事にはしていなかったのですが。



先日、11月の運気の記事中で、
八白土星についての(有名人)に、
Hラリー・クリントンさんと記載していて-
自分で書いたからには、
少しだけ触れようかと思います。




で、以前に政治の内容を書いた際に、
こ~んな弱小占い師の記事が、
ブログに表示されないことがあったのですが。



言論の自由のもと、
普通のオバハンが書いた記事
・・というのをご理解下さい。


※名称や名前を少し変えています。





先ず -


一年以上も前から、
Tランプ氏が勝つ!と明言していたのが、
営放送からジャーナリストとなり、
シビアかつ、
時流を読む辛口のコメントでも有名なK村太郎氏。




数々の報道バラエティーで、
確かに彼は、
M根さんの日曜夜のニュースバラエティーでも、


「もしかしたら、Tランプ氏が勝つと思うよ」


~なんてコメントを、
事あるごとにそう言い続けて来た。




報道バラエティーを見ていたワタシも、


『え?・・本当だったら、ちょっと恐ろしい

・・という気分だったけれど・・。




でも、何が何だと言っても、
選挙の仕方が違うアメリカでは、
ほぼ圧勝により近い票数で勝ってしまった。




民主主義家だから、
勝った者は勝った訳だけど-


あの方が大統領、
というイメージがちょっと湧かないまま・・



経済では『Tランプショック』のため、
株価は一時的に\1000近い下げ幅で終わった。
(今朝は昨日からはアップしたけれど)。




・・さて・・・


全くの一人勝ち、
K村太郎氏が挙げていたのが・・


Kリントン財団という、
元大統領と、
Hラリー・クリントン氏の財団の内情をコメント。




二期大統領を勤めたOバマ氏による、
8年近くの民主党長期政治と共に、
K財団の負の体質などの情報だった。




なるほど・・・


結局は得た者勝ち、
お金があったら、
人は誰でも変わって来るのは、
何処のでも要人でも同じだったりする。





日本では大統領制では無いけれど、
長い間、一党独占的な政治が続いたため-




『驕る(おごる)平家は久しからずや』
平家が長い間政権を担い腐敗した昔・・



いわば天狗になった人々が、
調子こいたまんまだと、
いつかバチが当たるという・・



そんな諺が出来たのだという、
中身に至った日本政の過去がある。





結果は以前に政権交代となり、


これがまた残念なことに -



東日本大震災の時期と被ったため、
原発が水素爆発を起こした際にも、
すぐに情報公開もされず・・



多くの現地の皆さんは、
知らないうちに被爆しやすい風向きの方へと、
自主避難までしてしまった過去もある。




ワタシごときが言うのも、
どうかと思うけれど、
その後、最大与党に返り咲いた時、
震災への復興が、
スピーディーに進められた事は否定出来ない。




・・さて、小難しいことばかりだと、



このオバサン、何言ってるかワカンナ~イ」



とか若いお嬢様方に言われそーなので、
究極の後だしじゃんけんを書いてみます。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 08cb002_20161111002852dc5.jpg

ハート政治はただの素人では困難
↓でも、政治家を選ぶのは民・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読みたい方だけどうぞ・・・☆




00president001.jpg





Hラリー・クリントン氏-


1947年 10月26日生まれ

八白土星 蠍座




Dナルド・トランプ氏-


1946年 6月14日生まれ 

九紫火星 双子座




姓名判断は、
アルファベットでなければ無意味なので、
生年月日と星座による内容をば・・。





★Hラリー・クリントン氏は八白土星で、
先日の11月の運気の通りで、
9月7日以降が後厄年の月厄の始まり。



9月7日から~まだ月厄中であり、
12月6日以降にようやく後厄年の中で上昇。




(T^T)こうした厄年や後厄年
月の厄だけの分析だけでは
不手際だとは思うけれど。
意外と侮れない部分でもあるのも否めない。




この時期の蠍座は、
ワタシは相性でしか拝見はしていないけれど、
10月下旬からは太陽が蠍座に入るため、
本当は嫌が上にも比較的、上昇はするけれど。



その前には、
9月からの星の羅列で運気が下がっていた矢先。





かたやDナルド・トランプ氏・・・



九紫火星は2月4日以降には一応、厄年明け。
で、自分の誕生日の、
6月14日に完璧な厄年明けとなった・・。




厄年だからどうだとばかりは言い切れない。



ただ、月厄がKリントン氏よりは早く明け、
8月7日以降から~10月7日まで・・。




Tランプ氏がやや優勢に転じた辺りから、
追い上げるように、
更に彼女のメール問題が暴露されてしまった。




折しも・・


ラッキースターと呼ばれる木星が、
9月から双子座に入ったため、
厄年明け、木星の恩恵というのも追い風に。




アメリカ在住の皆さんが、
投票をする際には、
期日前投票という制度もあるため-



Kリントン氏に訴追が無いと判った際には、
既に最後のスキャンダルなメール問題は、
まだ鮮度のあるマイナスの情報だった。





えー、以下、決して人種差別などではありませんよ。




ただ、アメリカは移民に対する緩和で・・



もともと様々な仕事があって、
普通に暮らしが回っていた民が、
安い金銭で仕事を受けるような、
アメリカ籍では無かった人々に、
かなりの仕事を持って行かれているのだそう。




ある州では、
不安定な経済や仕事が上手く行かない、
リストラや廃業などのため-


現実から逃避するため、
大人がいわゆる麻薬やアルコールに逃げていたり。




移民の受け入れ、

仕事が脅かされる、

生活が回らなくなる、

現実逃避に痛ましい事態に・・。




H氏、T氏、
ワタシはどちらもあまり好きでは無いけれど・・



こうしたマイナスのスパイラルが、
Tランプ氏の政策に共感を感じ、
追い打ちをかけたのが、
財政の腐敗問題やそのメール問題など。




アメリカは大で -

だけど昔のアメリカでもなく、
今は世界の牽引をするとも言いがたい。




経済の主流だった車産業など、
多くの産業が立ち行かない今、
労働者、ブルーカラーの人々は、
明日の生活にも困る毎日になっている・・。





(T^T)餅は餅屋、政治家は政治家だと、
確かにワタシも思うのだけど・・



ぶっちゃけ明日のご飯代にも困り、
電気やガスや水道も止められたら、
可愛い子どもたちがいても育てられない。





・・もっと深い部分があり・・・



それは例えばI上彰さんの、
世界情勢の解説などを見て頂くと、
かなり分かりやすいでしょう・・。




・・でもね~、

周囲にプロの政治家が居ても、
まだ反対運動が冷めやらぬ中、
なかなかに素人の政治はきついと感じる。




これからは日本のA倍晋三氏-


☆1954年 9月生まれ

一白水星、乙女座・・




来年度は八方塞がり年だけど -


今年の運気はまあまあで、
11月中に手を打っておくことが、
今後の日本を左右するかもしれない。




なので、早めに会談することは、
良いものだと思いますが・・




ただ、気になるのは、
年間の鬼門がのマイナスと共に、
月間でもマイナスが加わるため、
北東に位置するアメリカで、
どれだけの成果が期待出来るか?・・



そこのところを一番、注意されて欲しいかなと。




・・以上が・・・



占い師的後出しじゃんけん分析でした。




一部でもご参考になりましたら、

って、参考になるのか?やや謎ですが・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。













ハート次期大統領って・・・
↓ただの人では出来ない仕事内容




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00Kuma15920_20161111002910808.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとーございます。

someday oneday・・・誤打は読んでいてね。

明日もよい日でありますように・・。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<ワタシのような霊感持ちにちょっと楽な冬が来た | すみませんワタシは占い師 | 『地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子』石原さとみが元気をくれる>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |