『雑煮受難』 神の教えを元日からたまわる
2017-01-07 Sat 00:16
 017-01.jpg

使ったお重を乾燥させて仕舞う



新年早々クイズにお付き合い頂き、
ありがとうございました・・☆



短めですが、
皆さんの九星気学での星回りで、
来年度の運勢を、ある程度書いてみました。




反対にマイナスは違う側面からは、
プラスに転じさせる事も可能ですので、
年間の中でも、
良い時期やコミュニケーション運で、
フォローや修復が可能だと考えてくださいね。


・・




新年早々の地味な出来事ながら、
まだ厄年真っ只中の事をば・・。





地元仙台では焼きハゼが載る雑煮が、
正月に欠かせない物となっている。
画像検索をしてみれば、
それがいかに魚ー!っという感じかが分かる。




で、日本の津々浦々には、
ありとあらゆる雑煮が存在し、
雑煮に詳しいマイスターサイトなんかもある昨今。




何せ小さくても魚が載るもんで、
人様の県や地域性は言えやしないけれど・・。




ワタシが以前に一番、驚いたのは、
あんこの入った大福のよーな丸餅に、
白味噌の味噌汁のようなお出汁を張った、
あんこ餅のお雑煮だった・・。




新年の全国のお雑煮を紹介する番組で、
思わず母と妹などと口から出たのが・・




「えー(/´△`\)甘くないの?!」





だけど・・


とは言ってみても、
焼いたハゼが載っかるお雑煮を、
あんこ餅の地域の皆さんが見たら・・




「え?(/´△`\)魚臭く無いのー!」



~だったりするとワタシは思う訳です。





ワタシの家では既に故人の祖母が、
こんがり焼いていて美味とは言え、
まあ、あまり好きでも無い魚が載った雑煮は、
自分の趣向で作りたくは無かったみたいで・・。




結果、焼きハゼが無い、
大根とニンジンとゴボウの細切りに、
鶏肉の出汁をベースにし、
高野豆腐と糸こんにゃくが入った中身に、
焼いた餅を投入し、
芹とイクラとがトッピングされたお雑煮に。




つまりはたぶん、
どっかんと恭しく載るべきハゼ 無しの、
なんちゃって仙台雑煮というのが定番だった。





正月だからと朝からお屠蘇を飲んだくれる、
父やじいちゃんが居ないため、
実に快適に二日だけにしてしまい、
後は健康に気遣うような、
普通の三食に戻していたのだけど・・。




いくら昨年は伯父が亡くなったとは言え、
神様セット
(五穀豊穣などの神々の絵が書いてある)は
さすがに控えはしたけれど・・




年末の神棚方面との約束で-


『御神酒や食べ物などは差し上げる』


~という事になっていた・・。




大体、朝に供物を差し上げたら、
昼の2時、3時くらいには、
それらをお下げするでしょう?



餅の料理を次の日にまで放って置くと、
水分を吸った挙げ句に、
寒さでカチンカチンになってしまう。




ワタシはリサイクル的に、
お供物などは庭にやって来るスズメたちに、
毎日三回くらい撒く
食事、もとい餌としている訳です。




一日を経たカチカチの餅は切りにくく、
スズメたちも硬い餅片を食べるのがハード。




・・てなことで、その日、
当日のお雑煮と普通のあんこ餅を、
神棚からおろそうとしたのでしたが・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



08cb002_201701062300449d1.jpg


ハートそういうことも、こういうこともある
↓でも、一人の物語もある日々・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




017-02.jpg

商売をしている家などでなければ神棚はむやみに設える物ではない




今だと160センチ弱のワタシの身長も-



毎日の神棚からのお水は、
硝子のコップだけだから、
余裕で片手で上げ下げ出来たけれど・・。




その日、おバカなワタシは、
雑煮にはが入っていた事をほとんど忘れていた。




・・予測出来た方、たぶんご明察です・・。





「 (||゜Д゜)ひぃ~~~!冷た」




仏間からうっさく響く、
年女、還暦手前の娘のに、
母はまた、
おっちょこちょいをやらかしたとしか思っていなく、
嫌に冷静な遠くからの惰性なで聞いた。





「また何かやったわけ~?」




中身の目算を誤った結果の、
朝の雑煮の汁を頭にかぶった娘は、
自分のアホさ加減にまた、
元日からうんざりとしていた訳でしたが。




だけど・・・


悪い事が起きた場合には、
反対にそれ以上に悪い事態を考えてみて、
ちょっとしたショックを緩和する事にしている。




したたかに浴びたお汁が、
甘ったるいあんこじゃなくて良かったとか、



神棚に差し上げる中身は、
あまり多めでは無いから、
お椀目一杯のお雑煮でなくて良かったとか。




気休めかもしれないけど、
髪を濡れタオルで拭きながら自分を救った。





正直で言わば
正月一月一日から雑煮の汁を浴びるなんて、
普通は悪い予感に至ったりするかもしれない。




でも仕事柄、悪い事が起きたりすると、
ワタシは逆手に取る事にしている・・。




それは亡くなってしまったけれど、
親友だった人の影響でもあり -




彼女いわく、
最初に悪い事が起きてしまったら、
それ以上のアクシデントは無いかもしれないと。




Tちゃんはワンダフォーゲル部だったし、
夏山登山で山の事情で、
何日かお風呂に入れなくても、
それはそういう状態だからと、
入れた際に感じる喜びを大切にしていた。





ある時なんかは、
友人四人で温泉旅行に向かった途中・・



対向車がバンパーをかすってしまい、
一応、損保のために県警で事故処理をし、
じゃあみんなは温泉は辞めだね、
てな気分だった中・・




近くに知り合いのディーラーがあったから、
そこで、バンパーを取り替えて貰い・・




「時間がかかったわね、じゃあ行くわよ」




「・・・・・・・・」 (たぶん三人の気持ちだと)




「厄落としたみたいなものだから、
たぶんこれ以上、悪い事は無いでしょう」




後に聞いた時、
Tちゃんらしいやと感じたし、
ワタシには無い前向きさに感心したものだった。





・・さてワタシの元日である・・・




単にお雑煮の汁を浴びただけで、
微妙な厄落としとはならないけれど・・



でも、たぶん神様はきっと -



『気を付けよ』




・・などと、端女・はしため
(神様から見た呼称)のワタシに、
教示してくれていらっしゃると、
そんな風に思い直す事にした・・。





ちょっとした嫌な出来事を経験した時、
もちろん、中身にもよるけれど、
人はとても気分が滅入ったりする・・。




学校や会社での嫌な事も、



嫌いな人とのかかわり合いも、



家のトラブルも何もかも・・・




一気に嫌になってしまったら、
0か100という極端なことに至ってしまったり。





何でも前向きにとは言わないけれど、
少し視点や角度を変えるだけで、
気分や状況がマイナスにだけにはなりにくい。




・・自分への反省もこめつつ、
後ろ向きだけに陥らないようにする、
そんな姿勢になってみる事をおすすめしたいです。





神様への御神酒は、
まだ松ノ内だから下げてはいない・・。




・・でもまた・・・



何か不思議なが聞こえて来ないか?と、
実は・・少しだけ
期待もしているワタシだったのでありましたが。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。











ハート長くお付き合いをすると
↓何時か分って来る事もあったり




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 14kumap001_20170106230059515.jpg


(^ー^)いつもありがとうございます・・。

色々ありますよね、生きていると。

いろいろ遅れます、いつも通りで。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<成人の日だからという訳じゃないけれど☆若い時にやれること | すみませんワタシは占い師 | お待ちどうさま☆答えと2017九星気学おまけ占いです>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |