「お供えの話」もうすぐお彼岸なので(^ー^)
2017-03-16 Thu 00:14
00bosan01.jpg




毎回、お彼岸になると、
それについてのお話などを書いていますが。


今日は・・
お仏壇や墓参の際の花やお供えのお話を。


・・




お墓があるお宅では、
自ずと仏壇もある場合がほとんど。




長男や家を継いだ方なら、
仏壇とお墓の関連がお分かりだと思います。





お墓とお供えについては、
仏教とキリスト教など、
宗教でやり方は変わって来ますが -




お彼岸に関わるのは、
ほとんどの仏教の場合なら、
お花とお線香、
カラス被害で禁止されていない場合には、
お供えのお菓子なども持参して行く訳です。




(T^T)これもいくら仏教でも、
宗教でも違いがあるため、
皆さんの宗教とお寺の指導に沿って下さい。





お仏壇へのお供えは、
これもある程度は宗教によると思うけれど、
30分~一時間くらい経過したら・・



供養のために食べて構わないということ。




毎朝、ウチは小さな陶器に、
お茶と炊いたご飯をのせてあげている。




次の日になったら、
庭にやって来るスズメたちやヒヨドリに、
前の日のご飯を撒いていて、
鳥にリサイクルをしている訳ですが・・。




ご飯なども、
夏場に長時間経っていなければ、
もちろん供養にもなるため、
食べて良いとされていますね・・。





墓参りでも地域性があって、
お彼岸やお盆などの際も・・



お墓の前でお供え物や、
持参したお弁当を食べる地方もあるようで、
様々だとは思いますが・・。





・・さてはて・・・




「ちょっとそれはどうなのよ?」~と、
以前にバスに乗っていた時に、
聞いていて複雑な気持ちになった会話があった。




ずいぶん前に書いたことがあったのですが。




「それはあかんやろ~」




と関西の方たちの会話が聞こえ、
その中身にびっくりした事が・・。




00bosan02.jpg




そう言えばウチの上の方には、
全国展開の会社の家族寮があったはず。




あかんやろ~の前後に、
どこだかの知り合いの奥さんが、
お寺へ墓参りに行った時の話のようで・・。

(関西の方のバッシングではないです)




「横のお墓から花をちょっともらうって」




「墓の花泥棒やないの」





(×_×)どうやら・・


おばさまたちの会話に出て来た知り合いが、
墓参りに何も持参はせずに、
最初っから隣にあるお墓の、
見ず知らずの人の花を無断で頂戴し・・



そのくすねた花を、
自分のお墓にさしていると言う中身だった。




そりゃ、あかんやろ~
という話にもなるわなと、
バスの前の席でワタシも納得した訳です。





皆さんの話し方がユーモラスだったから、
あまり深刻な感じじゃなかったけれど。




やはり・・


人様が自分に所縁のお墓に、
選んで購入をして、
わざわざ捧げていたお花を、
横取りして盗んではいけないでしょう。





気持ちだとも感じますので、
小さな花束でも、
家の庭に咲いていた花でも構わないと、
ワタシは思うのですが・・。




もし、生活がハードで、
何も持参出来る物が無ければ、
気持ちで心を込めて、
お墓に手を合わせるだけでも、
人様のお墓の花を失敬するよりは、
数段、故人に気持ちは伝わると思います。





・・今日はお供え物の事を書きましたが、
自分のお墓の前に、
始めにお寺の御本尊に祈りを捧げてから、
それぞれのお墓参りに向かって下さい。





・・さて・・・



春彼岸は秋彼岸よりも、
意味に深い物があるようで、
お彼岸に久しぶりに墓参をと思うなら、
可能なら春彼岸に行かれた方が良いと思います。




もし -


お墓が遠いとか、
あまりに忙しいなど、
どうにも墓参に行けない場合には・・



こちらも毎回、書いていますが、
お墓のあるお寺の方を向いて、
気持ちや心を込めて祈るだけでも、
何もしないよりも意味があるのではと。





お彼岸とお墓参り -




(T^T)人の思いや、
供養の仕方も色々でしょうけれど、
気持ちを現して出来るだけの事をするのが、
供養の基本だと思います・・。




行くことが可能でしたら、
春分の日もありますので、
皆さんも出来ればお墓参りをしましょう。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート要は気持ちだと思いますが
↓でも天界の皆さんも喜ぶのではと




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


07h001_2017031520403833a.jpg


(゜▽゜*)17日がお彼岸の入りですね。

春分の日をはさんで一週間・・・。

祈ることだけでもしてみてはと思います。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
<<女主(人)の謝罪☆年を経て人は変わる「お彼岸話 その1」 | すみませんワタシは占い師 | 亡き祖母がお母さんを心配して来てくれる・・>>
はじめまして
人気ブログランキングよりお邪魔しています

チョット前のどこかの知事ではありませんが
せこい、余にもせこい
こんな思いです
情けないですね

応援ポチさせてください
2017-03-16 Thu 16:28 | URL | 矢鱈愛子 #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear 矢鱈愛子 さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます。
かなり前の出来事だったのですが、
どうなのかな?と思いますよね、たぶん他の方も。
でも、会話されている皆さんには罪悪感がとても漂っていました。

少しでも良いと思いますので、
お供えは気持ちをこめて持参された方がという例に・・。
わざわざありがとうございます(^ー^)・・。




2017-03-17 Fri 00:18 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |