熟年結婚と再婚にはシビアな覚悟が必要に
2017-04-01 Sat 00:20
0marriage00.jpg


次の更新は -

3日の午後になります(^ー^)

『新年度から勝負か控えるべきか☆4月の運気』

しばしお待ちくださいね・・。

・・




今年に入って、
たまたま友達とお客様とで、
同じような会話になり・・




・・それが・・・


どちらも50代、60代の女性だったことと、
お二とも、いわゆる熟年での結婚で、
何年かをパートナーと過ごしたたちだった。





ある程度の年数を経て、
結婚や再婚をされた方などについて -



こちらも昨年、
同じ題材で書いた事があったけれど、
その時の友達や、
お客様とは同じでは無かったので、
改めて年齢を重ねてからの結婚・・



熟年での結婚というのは、
周囲が思っているよりも、
結構な覚悟が必要なんだなと、
痛感したのでありましたが・・。





(T^T)だからと言う訳では無いけれど・・


もし離婚をして再婚をとか、
行き違いやタイミングが悪くて、
結局は若い頃には結婚出来なかったけれど、
これからパートナーを得たいという皆さんに。




・・この辺は注意をしてみてからに・・・



~という部分を、

50代、60代、もしくはそれ以上の年齢で、
考えていらっしゃる方のご参考に、
最低限、3つの問題点を挙げてみます。





☆先ずは-



 相手と自分の経済状況 -



当たり前ですが、
皆さんが女性の場合には、
50代、60代ともなれば、
パートタイムの仕事ならとは思うけれど。




体力も気力も続かない年齢になる訳です。




なので結婚したら、
出来れば、
男性の方が経済力はあって欲しいもの。




おんぶに抱っこなんて依存ではないにしろ、
あれば厚生年金や国民年金などで、
自分も協力しながら、
お互いにあるお金で生活が成り立つか?





お客様のご相談はまさに金銭問題で -


きちんと厚生年金もあり、
は持ちだったはずなのに、
引っ越してみたら、
金額の高い厚生年金ではなく普通の国民年金。




しかも・・


持ちでは無く賃貸だったため、
知り合いに確かめていた内容とは違い愕然と。




お客様の所得の方が高かったため、
結局は、
自分の金銭ばかりが出て行くはめになり、
老後の危機感が増しただけに・・。




一年も立たないうちに離婚し、
その方は公団住宅に当たり、
吉方で引っ越しをされたのだけど、
仕方がないかなあ、とワタシは思いました。




お金目当てとか単純な理由ではなく、
頑張って貯めていた給料が、
どんどん無くなって行く恐怖は分からなくないので。




結婚や再婚の理由は、
年齢が高くなるほど、
経済状況の共有が一番になるため・・




婚姻届けを出す前に、
きちんとそうした部分を確認し合えるなのか?


金銭を共有しても大丈夫な相手なのか?


~などを考えることから。




特に女性がしっかりしたなら、
回すお金は奥さんが管理する方が無難です。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06love003_20170331225527f9c.jpg


ハートでも気の合う人はいる
↓それが毎日顔を突き合わせると?




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




0marriage01.jpg




 お互いの健康状態 -



50代ならまだしも、
60代、70代ともなれば、
お互いに持病があったり、
生活習慣病で通院していたりと・・




何かと病気に関する問題が出て来たり、
持病があったりすれば、

入院や・・
年齢的にも介護に至る場合が多い。




こちらも、
保険や然るべき何かに加入していれば、
フォローが可能な場合が多いけれど。




何も入っていないわ、
金銭的にも余裕がないわでは、
介護申請をしても、
同居である皆さんが面倒を看る事になる。




今、老老介護というのが、
社会問題になっていますが・・



全てが衰えた年齢で、
体格がよい男性を自力で介護するのも、
かな~り大変な訳ですね。




年齢的には、
ゆくゆく介護問題が早めに来る事を、
きっちり認識してからにすることが大切。





 双方の族の意見 -



こちらは友達の方から愚痴を聞いた話から。



その友達は初婚だったけれど、
過去に奥さんが亡くなった、
十歳も年上の男性だったから
体裁とかナンとか気にするタイプだったようで。




最初、ご族へ紹介するのも、
男性が面倒がって、
同居してから一年後にようやく会えることに。




彼女は失礼の無いようにと、
同居をする前に、
せめて違う場所に暮らすご族にと、
希望を言っていたのだけれど・・。




一年後には -



結婚する熱がすっかり冷めてしまい、
今は同居だけはしているけど、
婚姻届けを出すのも気乗りがしていない。




もし、本気で結婚、再婚をしたいなら、
族の同意も必要となるのは当たり前。




同居とか生活を共にする前に、
きちんと双方の族間で、
どのようにするのかなどを、
会話する席をもうけることも大事です。




(T^T)これは・・


ゆくゆくは遺産問題なども絡むため、
諸般の事情でダメだったら、
それも当然だけれど、仕方がないです。





もちろん・・

この3つの条件だけでは無いですが、
基本的にはご相談を受けてみて、
自分でも同年輩だから、
必須となる項目だという事が分かります。





☆最後に -


これも当たり前だと思いますが・・



その相手との価値観が合って、
お互いを思いやることが出来るのか。




一緒に長い期間、過ごしてみても、
気にさわらないパートナーなのか?




例えば趣味なんかが違っていても、
それを認めてあげることが出来るか・・。




としての気持ちや感情など、
全てが合う訳では無くても、
共有する時間が、
少しでも楽しいのかが大切だと感じます。





・・確かに高齢化が進めば、
晩婚でも、再婚でも、
独りが虚しい男女がいれば、
縁があって上手く行くケースも増えると思う。





・・ただし・・・



今回の記事のように、
最初は良かったけれど、
先に問題が出てしまって、
パートナー解消といった場合もあるもの。




予測しても、色々考えてみても、
先行きが分からないのは、
年齢だけではなく、
どのカップルにも言えることだったり。




特に・・

勢いとか恋の次にとか、
若い頃とは違って来る事が多く、
やり直しがしにくい熟年の場合には、
やはり、シビアにも考えた方が良さそうです。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハートちょっとしたことは我慢が出来る
↓ストレスが溜まり過ぎないがベター




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 24kuma022pb03_201703312255551f2.jpg


(^ー^)自分がどういう性格なのか?

そういうところから再考してみては・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。

別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<新年度から勝負か控えるべきか☆4月の運気 | すみませんワタシは占い師 | 陽当たりの良い物件を選ぶ☆不動産購入の最低条件>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |