小さな子どもにはモノトーンより色とりどり
2017-04-12 Wed 00:18
a1400_000210.jpg




以前に、
『もうモノは片付けない!』という、
断捨離とは逆の考え方の本を紹介した。




片付けという時間に追われ・・


それが向きでは無い人に取っては、
断捨離や片付けなどの、
いわゆるブーム的な社会の傾向は、
苦痛だし、ストレスにはなるし。




だったら本来、自分が求めている、
雑然としたスペースでも良いんじゃないんかい?

~といった内容。




特に -


お子さんに与える影響は、
理路整然とした物が無い部屋より、
色々な品物があって、
雑然としている部屋の方が、
幼児や子どもには脳の発達の刺激になると。




これに加え・・・


ワタシも以前に脳科学の番組で、
子どもを育てるには、
オモチャや手に取るオモシロイ物があるとか。




色を取ってみると、
無彩色=モノトーンよりは・・



色彩があふれているような、
特に子どもが好む赤やオレンジ、黄色など、
暖色系の物や服や子供部屋のインテリアなど、


色とりどりの環境で育てた方が、
本人の色の好みが出るまでは良いとあった。




そのような特集を見て -


『なるほど、大人感覚
押し付けてはいけないものなんだな』


・・と思ったことが・・。





(T^T)その記事で・・

内容を読んで頂いたお客様から、
何日かしてご質問があり・・。




同居されている旦那さまと、
これから産まれると思う、
お子さんへの心配のようだった訳ですが。




「うちの夫は片付け好きだし、
無彩色的な色合いが好きなので、
ハッキリ言って、
私の趣味の小さい部屋以外は、
○印良品系の、
色みが無い感じで揃えているんですが」




「なるほど、
まあシンプルでスタイリッシュではありますが」




「でもね、味気無いと言いますか、
私でさえもつまらないんですよ


妊娠をして、子育てをと思った時に、
やはりそういう無機質な感じの部屋は
子育てには向いて無いって・・


○さんの記事の後から検索して
色々と調べてみたんですよ」





彼女Lさんが調べた内容は、
ワタシも前に検索した事があった、
子どもの知育と色彩の関連性だった。




a0001_013139.jpg




かいつまんで記載すると・・



脳の発達のため、
三歳までは色とりどりな環境で育てること。



最初に認識する色は赤や赤系の色合い。



出来れば大人の趣味とは違えて、
子育てをする部屋は色彩の豊かなスペースで。




確かに・・

旦那さまのモノトーン趣味とは真逆だし、
でも、それだけの要素では無いにせよ、
幼児の脳の発育、
発達には色彩がある環境が望ましい。




「どうしたら良いと思いますか?
あの無機質な部屋に革命を起こすには」





・・なるほど色彩革命か・・・




そこで、
こうした趣味にウルサイ旦那さまを、
どうにか変えたお客様の例をお伝えしてみた。




趣味に凝る男性を無理強いするのは、
当然のことながら無駄骨かもしれないので・・



もし、妊娠をしたら、
『胎教』辺りのプラス要素から伝えてみること。




妊婦さんへも無機質な環境よりは、
ある程度、自分が好む色を見ながら、
豊かな気持ちになるのが大切だということ。




更に -


赤ちゃんが産まれたら、
前に記載した☆印の要点を彼に伝え、
頭の良い、感性が豊かな子どもにしたいなら、



旦那さまの部屋は好きにして構わないけれど、
三歳以上で、
しかも子どもの好みが出るまでは、
オモチャや本などは、
育児と子育てに必要なアイテムを取り入れること。





もちろん妊婦をされないと、
男性サイドは、
リアリティーを感じ無いかもしれないけど・・



Lさんにお話ししたそのお客様は、
お腹のエコー写真を見せたり、
実際に家で心音を聞かせたりしたら、
意固地だった趣味を変える気になったもので。





「分かりました
もし、私が無事に子どもを授かったら、
ぜひそんな風にやってみます」




「その方の旦那さま、
実際に赤ちゃんを見たら、
もう、デレデレになって、
イクメンにもなったようでしたよ」





「うちの夫も子ども好きみたいだし、
自分の子なら似たようになるかな」




子ども好きなら、きっと大丈夫でしょう」





(T^T)奥さまがいて、旦那さまがいる-



でもって・・

価値観や趣味が違うのは、
仕方がないと思うけれど・・


大切なお子さんのためには、
大人感覚では計り知れないこともある。




子育て自体が難しいものだけれど、
もしお子さんがいたら、
楽しい環境は大事だよね、と・・


自分が子どもだった頃を思い出せば、
自ずと理解も出来るのではと思います。




子どもの成長には、
雑然とか色とりどりとか、
様々な要素やアイテムも必要だというお話でした。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート大人の趣味も大事ですが
↓空間を分けてみるのも得策ですね




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 12kuma002_201704112135208c2.jpg


(゜▽゜*)お子さんがいない方でも、

今後やお友達に役立ててください。

甥っ子さん、姪っ子さん・・その他とか。

色々と遅れます、すみません・・。

別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<高齢者には今の場所に生活がある☆彼の移転と親 | すみませんワタシは占い師 | 『結婚』しなくても生きて行ける現代だけどね>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |