今期も苦手なママ友と一緒だったら☆今どきの父兄事情
2017-04-16 Sun 00:26
a0001_012484.jpg




日本の義務教育はご存知のように、
学校が六年、
でもって中学校が三年となっている。




ワタシには、
今は詳細が分かっていませんが、
昔だと小学校では一年生と二年生、
三年生と四年生など、
六年の中では二学年ずつクラスが変わっていた。





だとすると・・


今どきのママ友トラブルのように、
嫌な人間関係が父兄にあったとしても、
同じクラスが二年間ずつだから・・



二年間、我慢すれば、
三年生からはまた違ったメンバーにも。





(×_×)まあ・・・


まかさの四年間とか、
六年間になるかもしれないのは、
現在の少子化とクラスが2つなどなら、
あり得なくはない話だったりもするけれど。




「自分の子だけが可愛い」




~といった、昨今の風潮だと、
ママ友の人間関係のご相談が増えるのも、
少子化で、
一人とか二人しかお子さんがいない今では、
かなり理解は出来たりするけれど。




自分の子だけって、
そりゃ可愛いのだと思いますがね・・。





・・そんな・・・



また、同じ嫌みな父兄と、
四年間の歳月を費やさなければいけないと、
悶々としていらしたお客様がいる・・。




Sさんの悩みは昨年もだったのだけど -



あからさまに、
自分の子だけを特別視して欲しい、
ウチの子が一番、
私の子以外は目立ってもらっては困る。



・・なんて父兄と一緒になってしまったこと。





特にSさんのお子さんは、
ただの自慢ではなく・・


学級委員になったり、
スポーツ大会で好成績を納めたりと、
どうもその父兄には目障りのようで。




その結果・・
いわゆるママ友いじめ的なターゲットにされていた。




PTAの会合で一番、
大変な役職を押し付けられたり、
会話が卓越した父兄らしく、
どちらかと言えば大人しい方のSさんを、
ことあるごとに仲間外れにしていたらしい。





「う~ん、また同じお子さんと父兄でしたか」





「なんかこう、
最初からどっと疲れてしまって」





「ということは、
同じような慰めになってしまいますが、
時が解決するということと、
Sさん、少し毅然としてみては?」





「・・毅然とですか、
私がその辺いけないんでしょうけど」





「無理に戦えとは言いませんが
失礼ですが・・
いじめ的な要素に遭ってしまう
お子さんや父兄の共通点が、
自信がなくおどおどした態度を取ってしまう


もちろん、一概には言い切れませんが、
ちょっと態度も変える努力もしてみる方が」


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b002_20170415213020121.jpg


ハート女性の集団って面倒くさいです
↓でもお子さんがそこにいるのも確か




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




a1130_000079.jpg




それから・・



すご~く嫌なやり方だけれど、
市議会議員や県議会議員などの役職に、
知り合いがいたりすれば、
教育委員会への相談も、
いい加減な対応では無いらしく・・



裏で手を回せという訳では無いけれど、
お子さんとSさんの死活問題でもあるからと。





この文章を書いていた金曜日に、
たまたま見ていた『ノンストップ!』で-




やはりこの時期にあるんでしょう、
ママ友問題を取り上げていて・・



タレントの千秋さんが、


「新年度に向けて態勢を整えなくちゃ」


~なんて事を言ってらしたので、
(若干、違っていたらすみません)

今や日本全国、
津々浦々の問題と化しているのだと思う。





その中でのアドバイスに



ボスママという存在はチェックしておく。



そんなボスには、
逆らわない方が得策だということらしい。




例えば見ず知らずな存在で -


聞き上手な父兄が、
皆さんの生活状況などを、
聞くふりをして情報収集するタイプの人もいると。




でも実はその聞いた中身を、
リークしている恐れもあるため・・



新しい年度には、
とりあえず周囲を観察して、
同調出来そうな存在を、
ある程度、時間をかけて探すのがベターだと。




ブランド漬けではなく、
例えば自分と趣味などが合うような人を、
新年度でクラスが変わった際に、
注意深く観察してから、など、
実際に建設的なお話が多々出ていましたが。




・・そんな中身をSさんにメールしてみたり。





マウンティングと言いますか、
どうも何人かの人間が集まると、
ボスになったり、
人を操ったりする人物が現れる。




しかも、
自分の子どもよりも秀でている子を、
あからさまに嫉妬の対象にしたり・・。




たぶん、それは日本だけでも無いようで、
前に見たドキュメンタリーでは・・



アメリカでも、
女の子がフットボールの
人気チアリーダーのメンバーになり、
それまで仲良くしていた同級生の親から、
執拗な嫌がらせを受けたとか・・。




そうした果てに、
殺人事件に至ってしまった話が、
出ていたことがあった・・。




どこの国でも、
ある程度、平和な場所だったら、
反対に普通の人がボスになったり、
同級生の子をやっかんだり、
それが世の常だと思った方が早いかもしれない。





諦める・・というのも、
大変につまらないやり方だけれど。



身の丈に合わない抵抗をしてみても、
ボスはどこでも君臨をするアホらしさなため、


ある意味、心の中では「ふん!
とあかんべーして構わないから、
とりあえずは出る杭は打たれないように。




もう一つの諦めかたには、
Sさんは残念ながら、
また同じ父兄と同クラスになってしまったけれど。




義務教育の六年間の中でも、
学校の三年間の中でも、
年数限定で終わるという希望もある。





(T^T)ママ友問題は・・

集団ということと、
その集団心理にも翻弄されたりするため、
意外と根深い部分もあるので、
気をつけた方が良いのも明白・・。




あまりに酷い場合には、
有力者のコネなんかではなく、
皆さんそれぞれがしっかりして、
出る場所に出るとか、
お子さんにもマイナスが及ぶ際には、
転校をされたお客様もいらしたので・・



泣き寝入りで終わらせたくない場合には、
違う手立てもあるという事も考えてみては。





Sさんに、
転校というやり方もありますよ、と、
以前にアドバイスした時 -




「せっかく
息子が活躍する場所でもあるから、
私の態度などを変えてみます」


~という答えが・・。





期間限定だと諦める、


とりあえずは一応ボスには沿ってみる、



心の中でふん!と思いつつ、
お子さんのためにも前を向いてみてください。





・・でもなぁ・・・



少子化も一つの原因なんだと感じますが・・



昔の人間関係の、
奥ゆかしいコミュニケーションを考えると、
確かに今どきはやりにくいと、
相談をお聞きする度に、
ワタシの方もため息が出てしまう、
今の父兄関連とママ友問題だと思います。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート郷に入れば郷に従え
↓とは言ってみても結構ハードですよね




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


11kumab003_201704152131116c6.jpg


(゜▽゜*)アドバイスは受け売りだけではないですが、

昨年も同じような内容で書いております・・。

色々と遅れます、ごめんよー・・。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<「今年は平穏に母校の桜を・・」散歩とスケッチ | すみませんワタシは占い師 | 高齢者には今の場所に生活がある☆彼の移転と親>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |