バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」
2017-04-30 Sun 00:14
 a0002_003507.jpg




つい最近・・
Jさんは少し年の離れた友人を亡くされた。




仮にAさんと呼ぶことにするけれど、
その男性の友達は、
彼女のお母さんが教師をしていた時の教え子で。





後に鍼灸師となったために、
肩こりや筋肉痛の際に、
家族ぐるみでお世話になっていたという。




それは長いお付き合いで、
鍼灸院へ通ったり、
恩師であるお母さんの誕生日には、
外で飲み会を開いたりしていたそうだ・・。





そんな長い中で、
Jさんのお父様が亡くなり・・


次第に足腰が弱ったお母さんのために、
Aさんが彼女宅まで来て施術しに来てくれたり。




JさんとAさんとの、
普通に幸せな毎日は続いていたようだった。





・・それが・・・



Aさんが還暦を過ぎた頃、
鍼灸院を営みながら、
彼女のお母さんのような、
高齢化されて足腰が弱って来た方たちのため、
家を回って施術をするようにもなった。





(T^T)何年かは続けていたそうだけど・・


いわゆる体調が芳しく無いだけではない、
ガンの末期のご老人宅を回るようになってから、
今度はAさんの方が、
とあるガンにかかってしまったのだ・・。





大変に失礼ながら、
たぶん、そうした方たちの気のようなモノを、
彼が受けてしまった事も、
原因の一つかもしれないと、
Jさんは感じていたそうだ・・。




何故かと言えば、
彼は心優しい人だったし、
お気の毒にと同情をしながら回り、
末期の方たちの家を回ってからの、
体調の異変だったそうだから・・。




それでも彼は通院をしながら、
更に悪化したら入院をし、退院をつつ、
お客様のご老人を施術していた。





ある日・・

まだ彼が元気な時にJさんが呼ばれた。





「・・Jちゃんに言うのもと思ったけれど、
ごめんね、余命が短いみたいだから」




だから一度、
Jさんに会って話をしたかったと言われた。





彼には別居していた奥さんはいたし、
二人の息子さんもそのお嫁さんもいたので、
いくら奥さんとは今一つであっても、
家族がいたらどうにかなるだろうと。




彼女はそのように思うことで、
自分のやり切れない気持ちの行き場を、
どこかに探していたと言う。




・・ワタシは僭越ながら、
Jさんのお話を度々、お聞きして、
色々な友人の在り方があるんだなと、
いつも何だか感心させられていたのだけれど。




そのうちに、彼女つ゛てに
彼Aさんの悪化した容態をお聞きし、
ワタシの方が残念な気持ちになっていた。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 02kumab02_20170429221412f3e.jpg


ハート残念と思うことが多い昨今
↓せめて後悔のない生き方を大事に・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




a0001_010552.jpg




今年が始まった頃 -


とうとうJさんは彼の危篤の知らせを、
親族から連絡されて、
一度、病院へと行ってみたのようだった。





それから、
しばらくは大丈夫だったそうだけど、
何日かしてから亡くなった訃報が・・。





『覚悟はしていましたが、
やるせない気持ちになってしまって





彼女からメールが来て、
それは当たり前だろうなと、
改めてワタシも思ったものだった・・。





患者さんたちに優しく、
仕事にも一生懸命だった友達。




御葬儀は家族間でしめやかに行われ、
なので参列は出来ず仕舞いで、
彼女Jさんは弔電と献花を・・・。





・・そんな事があったのも、
暖かさが戻ると共に記憶から薄れ、
ワタシも平凡な毎日だったのだけど。





最近、まだ乾燥する空気の中 -


唯一、家で乾燥していないお風呂場で、
朝にこんな声が聞こえて来た・・。





「マリちゃんに、ありがとうって伝えてください」





え?と、すぐにはピンと来なくて、
その声とマリちゃんて、
誰の何だったろうと考えた。




そう言えば、
Jさんのお名前はマリさんで(仮名)、

しかも、数えてみると、
恐らくはあのAさんという彼の、
四十九日だったような気がした。





どうやら湿気は、
の皆さんには必須なようで・・



でも、夏場とは違い、
夏前までは至るところにが出る訳ではない。




なので、秋からはお風呂場と脱衣場に、
たまにそんな方たちが出たり、
(と言っても声だけですが)
メッセージが来たりすることがある。





・・たぶん、Aさんだ・・・



何年か前に旦那さんを亡くされ、
今はお仕事で忙しいから、
電話はと思って、
メールでそのメッセージをお伝えしてみた。





その日の午後に、
マリちゃん、つまりJさんから返信が・・。





『ありがとうございます
それ、たぶんAさんだと思います』




昨日は彼の四十九日だったそうだ・・



Aさんは、
病の苦しみから解放されていた感じで、
それも合わせて彼女にも伝えたけれど。





それから・・


ワタシはメールのやり取りを終えて、
ちょっと不思議に思った・・。





これまでは、
故人はお客様の血縁や親族だけで、
いくら所縁の方であっても、
強い何かが無ければ、
その人からのメッセージを受ける事は無かった。





これはどうしてだろうと思ったけれど、
マリさん、Jさんが、
家族並みに故人と仲が良かったからだろうと、


・・そう感じた・・・。





その後、彼女からまたメールが -




『御葬儀にも参列が出来なかったし、
でも、メッセージが、
○さんから聞けて嬉しかったです


本当にいい人だったから、
天界でゆっくりして欲しいです』





そうだよね、本当に・・・



彼Aさんが四十九日を過ぎ、
これから一周忌も経過をされ・・


お風呂場で聞いた軽快な声のままに、
あちらで楽に過ごされるよう、
ワタシも心から祈っていたい気持ちになった。





友達は色々あるけれど、

男女であっても・・



こんな風に普通な関係で、
長く友情が続くケースもあるのだと、
親族でも無かった彼からのメッセージで、
深く考えさせられた出来事だったのでした。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハートウチではお風呂場と洗面所とで
↓夏はもっと様々な場所で声が・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


11kuma007_201704292214499f2.jpg
 

(^ー^)大型連休ですが私には関係ないかな。

楽しい時間を過ごせる皆さんは、

楽しんで来てくださいね・・。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
<<ゴールデンウィーク☆現住所から行ってはいけない方角 | すみませんワタシは占い師 | 元気になりたい☆なごみたいなら『孤独のグルメ』『ふるカフェ系 ハルさんの休日』>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |