母・・アラフォーの娘さんがペットを飼うのを恐れる
2017-06-15 Thu 00:21
a1220_000014.jpg




何年か前でしょうか・・


似たような部分がありますが、
お母さん方には問題のようなので再び・・。


・・




同じ年頃の娘さんがいる、
ある程度のお母さんたちに、
共通した思いだとも感じる訳ですが -




たまにいらっしゃるお客様に
医師になった娘さんがいて、
彼女は40代手前で、
今どき俗的に言えばアラフォーという立場。




医師なんだし、
仕事も私立病院に勤務していて、
医療過誤などもあまり無い課でもあった。




なのでトラブルがなかったら、
とりあえずは独立もしているし、

結婚という制度にとらわれなくても、
生きて行けるとも思えるのですが・・。




。。



母親としては、
たぶん、それだけでは無いでしょうけれど。



普通に結婚をして、

普通に子どもを産んで、

普通に孫を手に抱いてみたいと、

一般的な母としての希望があるんでしょうね。




先日・・

似たような感じの違うお客様がいらした。




お客様のWさんは、
30代後半の娘がいらっしゃるのだけど。




「○さん、
娘は私が何度か縁談を持って来ても、
いったんは会ったりしますが・・
まとめる気がないようで」




Wさんは恐らくはワタシに、
娘さんの愚痴を吐き出しにいらしたようだった。




それは構わないけれど・・

以前のアラフォーの娘さんがいる方と、
全く同じような事を話し出した。





(T^T)よく出るのが・・


「私や家族がいなければ娘は寂しいでしょう」



「40代になったら出産も大変なので、
30代のうちに結婚をして子どもを産まないと」



「第一、結婚と出産をしないと、
女性ではない感じがして・・」




そうね~・・・


ゆくゆく寂しいといった、
一番目の話しは分からなくもないけれど -




前の方の医師になった娘さんなんて、
ものすごくしっかりしているだろうし、
医師になるくらいだから、
同じ以上の明晰さも求めるだろうし。




目の前のWさんの娘さんも、
大手企業の本社勤め・・

しかも、あちらの大学を出ていて、
更に本社で正規雇用されたという女性




長いお勤めの先には -

女性ながら、
セクションをまとめるあるプロジェクトの、
チームリーダーに抜擢されたそうだった。




先日、まあまあの吉方だからと、
Wさんが東京の娘さんが住むマンションに。
でも、来る前に彼女からこう言われたそう。




「お母さん、部屋にがいるからね




「え?・・」




「犬よ犬、チワワを飼っているの
噛んだりしないけど、だから気を付けて」





(○_○)い、犬・・・・・





お母さんのWさんは、
独身の女性がペットを飼い始めると、


結婚とは縁遠くなる!


~といった事を友達から聞いていて、
やたらショックを受けていた・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_20170614232711141.jpg


ハート幸せって個人的なもの
↓でも家族仲がよいとそれも入る




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






a0027_000075.jpg




既にWさんが挙げた、
独身女性のNGの中で、
女性の道を踏み外していたワタシだけど。




お嬢様方が、
特に結婚ということよりも、
ペットを飼い始めると、
縁遠くなるとは断言出来ない場合もある・・。




そう言えば、お客様の中でも、
その娘さんの中でも・・




確かに犬や猫などの、
ペットを飼う事は癒しにもなるし。



けれど、
過去にすごく嫌な裏切りとか、
失恋を経験すればするほど、
ペットへの愛情は明らかになり・・



無償の愛をこちらに与えてくれる彼らに、
ものすごく傾向するのは明白だったりする。





Wさんには、
結婚とペットとの因果関係だけではなく、
出来るだけ刺激が無いようにお話をした・・。





「でも、やっぱり
結婚よりペットになるでしょう?
私、何だか正直言うとがっかりしちゃって」





うーん、そうか、どう言ったら良いのか?・・




例えば結婚しても離婚したり、
仮面夫婦でお子さんが大変になったり。




お子さんがいなくて、
不妊治療の果てに、
結局は夫の方に原因があるのが判って、
仲が良かった夫婦なのに離婚に至ってしまったり。




そのような例を挙げてみたけれど -



たぶんWさんは、
募り募った娘への不満の方を、
抱え込んでいたのを、
ぜ~んぶ吐き出したい感じだけなのかなと。




なのでワタシは女性という生き物が、
話してスッキリするものだと感じたため、
聞き役に徹したのだった・・。





チワワは可愛かったらしい・・・


だからこそ、
たぶん並みの男性とか、
ご自分が持参する見合いの話には、
更に乗らないだろうとか、
彼女の心配は尽きないような感じで。




仕方がないかな、
お聞きすれば娘さんは、
仕事をしてからすぐに彼がいたようだった・・。




実はその彼には、
別居をしていたけれど、
離婚が成り立っていない奥さんがいて、
ショックだったようだという過去があったそう。




20代過ぎたくらいだった娘さんは、
一番、好きになった、
長くお付き合いした男性が、
そんな状況だったのが衝撃となったのではと。





大失恋でしょうね、お嬢さん
かなりショックだったと思いますよ
その点、チワワは裏切らないですし・・」




「分かるんですけどね、それも・・・」





その後・・・

散々、Wさんは愚痴を言って、
ある程度はスッキリされたようだった。




たぶん、Wさんは、
普通に充実した毎日を送る娘さんよりも、
結婚した後のお孫さんを見たいのだと感じた。





・・そうか、お孫さんね・・・




ワタシには半分しか分からないけれど、
姉妹が離婚して孫が来た時には、
割と冷たい父親が、
あんなに嬉しそうだったから、
何となくは理解は出来る・・。




一緒に暮らしていたら、
甥っ子はワタシのフォローもしたりして、
なついてくれたから可愛かったものだった。





でも、ですね -


仕方がないじゃないですか、
アラフォーでも何歳でも、
娘さんの意思なのだろうし・・



犬や猫は可愛いですよ、
(鳥もですが(笑))
もちろん手はかかるけれど、
本当に無償の愛をくれるので・・。




動物とは違うとか、
お母さんの立場の皆さんに言われるかもですが。



人間の、男性の・・

ましてや二股だの不倫だのと、
好きだった人と面倒くさい状況になったから、
嫌悪しか感じ無いお客様もいるし・・。





いつの世も・・

親に取っては子どもは子どもなのかもしれない。




だけど、それこそ40代手前なら、
しかも独立もされている場合なら、
生き方はそれぞれだとワタシは感じますが。





最近、阿川佐和子さんが、
60代で結婚をされたけれど-


阿川さんは壮年の希望の星ですが、
人生、捨てたものじゃないかもしれません。




娘さんの幸せは、
いつ、訪れるかなんてワカラナイ・・。





結婚、離婚、家庭内暴力、


不妊治療、原因が奥さんだけではない、


産まれたお子さんに障害があった、


お子さんがイジメに遭っている、


不登校になってしまった、
引きこもりになって家で閉じこもっている・・。




何が良くて、
何が悪いだとかなんて、
この仕事をしていると判らないと感じる。




なので・・


失礼ながら、
高齢になればお孫さんは難しいけれど、



もしかしたら、
いい大人同士での結婚なども、
先行きに普通の幸せがあるなら、
それも良いのではと、
僭越ながらワタシは思うのですけど・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート母の苦悩も分かりますが・・
↓安定しているからこその独身




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kuma008_2017061423282474d.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうー・・。

色々と遅れますがよろしく~~。



別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<そう言えばそうだったと気づく日(一年に一度の日)・・って?! | すみませんワタシは占い師 | 『あなたのことはそれほど』『母になる』波瑠と沢尻エリカの新境地>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |