母は新しい仏壇にこだわり無し☆あるお位牌と仏壇と
2017-07-09 Sun 00:31
07sonnkio1




Bさんは一年前にお母さまを亡くされた。



その前に・・


昔から少し霊感が強かった彼女は、
それが半端でもあったから、
自分でももて余していた部分だった・・。




。。



その辺りを理解してくれると出会い、
結婚に至り、
最初は理解者という事で上手く行っていたようだ。




夫婦というのはプラスでもあるけれど、
ある時から真逆に変わってしまうこともある。





Bさんのお母さんが亡くなってから、
どちらも親とは同居はしていなかったし、
直接、関係は無かったけれど・・


実は旦那さんとは、
数年くらい前から不仲になっていた。





母子家庭でしかも一っ子だった事もあって、
彼女はお母さんの葬儀の後に、
小さな今風の仏壇を購入して、
亡くなった故のお位牌を入れていたそうだった。





さすがに亡くなった親の事や仏壇については、
旦那さんは何も言わなかったけれど、
の仲は少し前から芳しく無かった。




もともとがお子さんを考える時点で、
彼女が子どもが欲しかったけれど、
旦那さんは自分の過去で親と隔たりがあり、
子どもに対して積極的にはなれなかった。




彼女が30代後半になり、
子どもを産む事が更に拒否に遭って、
その辺りから更に、
コミュニケーションは難しくなったようだった。





・・その後・・・



一時的に仲たがいをしてしまったようで、
彼女が一
夫婦が住むマンションを出る前に、
電話を受けたことがあった・・。




そこそこの吉方を伝えたのだけど、
兼ねてからある程度、
出る事を決めていたらしく、
Bさんは身の回りの物を持ちアパートを賃貸した。




一時的なのか本気なのかは、
その時には分からなかったけれど、
アパートに引っ越しをしてから、
時期や方角を聞きに来てくれたことがあった。





「そうでしたか・・
離婚に向けてという訳ではないのですか?」





「私は幸いに仕事に戻れましたので、
独り暮らしは平気と言えば平気ですが、
彼が(旦那さん)レンジくらいしか使えないから
どうしようかなんてまだ迷っていました」





(T^T)奥さんで主婦であり、
家事全般をこなしていたけれど・・



いくらワタシの年代よりは、
お二がお若いと言ってみても、
主婦がやれていた家事というのは、
付け焼き刃では意外と簡単に出来なかったりする。





でも穏便な協議離婚になるのは、
たぶん時間的な問題だとも感じたものだった。





それから・・


程なくして、
Bさんからメールが着信した -


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05me03_2017070900204310a.jpg


ハート故人とその行き場と仏壇と
↓これは断言をしにくいですが・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




ik_018.jpg




『○さんから言われた通りに、
彼と協議離婚になりそうです


ただ、コンパクトな母の仏壇は、
位牌だけ持参していて必要が無かったので、
要らないと言ったらすごくビックリされて・・』





(×_×)え?と思った・・

一般的な協議離婚は仕方がないけれど、
お位牌を持参したのは良かったと思うけど。



その箱もの、いや、
大切な位牌を置くボックスだから、
旦那さんだって困ったと思う・・。




しかも離婚に向けている矢先、
アパートはワンKなので不必要と言われたら、
彼もさぞかし困惑したのではと・・。




彼女には反対に心配だったから、
メールではなく電話をしてみた。





「○さんはご存知だと思いますが・・」





その仏壇についての内容は、
ワタシにはちょっと理解がし難かったけれど、
Bさんの事だから、
分からなくも無い部分もあったお話だった。





「・・母が(故)位牌だけで良いって
そんな風に聞こえて来て・・」




なるほど・・



母子家庭だったBさんは、
お母さんとは仲は良かったし、
何よりもまだ還暦を過ぎたばかりだったから、
娘さんの事も大変に気がかりだったのではと。




ワタシは聞こえるだけなのだけど、
Bさんは見えたりもするしと感じた・・。





しかも仏壇は、
とりあえず購入しただけと言っていたし、
もしかしたら、
位牌よりは新しい仏壇というのは、
先祖代々が入っていた訳でも無いため、
あまり強い必要性が無い・・



もしくは、
新しいお仏壇の場合には、
そんな事もあり得るのかなと、
彼女と故の声などで、
ちょっと理解が出来た感じがしたけれど。





ただ、離婚する旦那さんには、
それは個的な物でもあるため、
女性サイドの、
感覚的な話は分かりにくいかもしれない。




ワタシはその辺を彼女に伝え、
置場所があるなら、
やはり受け取るのが筋だと思うという事を、
敢えて伝えてみたのでありましたが・・。





後日、Bさんからまた連絡があって、



『母が必要が無いと言っても、
それは友達にも注意をされてしまい、
非常識だと言われました』




なるほど、やはりそうだよね、
彼女の場合はそれだけでは無いけれど -



いくら故のメッセージだとしても、
どうしても現世の現実とは違ってしまう。




ただ・・


こんな事も記載されていたので、
ちょっとビックリもしたけれど・・




『ただ、お位牌はタンスの上にあり、
仏壇は押し入れに、
そのままにして置いてあります』





(×_×)そうか・・


お母さんはたぶん、
仏壇といういわゆる箱が窮屈なのではとか。




別に仏壇に故が留まる訳では無いけれど、
色々な事情があるのかもしれない。




今回は、
少し特殊なケースだとは感じますが、
そんな場合もあると、
とお位牌と新しい仏壇の関連で、
学んだ事例でもありました・・。





亡くなった方のこと、


そして 現世と天界との狭間・・・




仏壇は一つの霊道と、
何度か記事にしていたけれど、
それだけではない事もあるのだと、


なかなか難しいけれど、
勉強になった出来事でもありました・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートそういうこともあったりする
↓日々学習だったりしますけどね・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


10kuma023_20170709002145794.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます☆

誤打は読んでいてね、レスなどなど遅れます。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
<<運気が落ちていると感じたら・・ | すみませんワタシは占い師 | 夏に余力を蓄えるかそのまま走るか☆7月の運気>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |