悪い酒癖防止に彼にお酒を飲ませてみるススメ
2017-07-13 Thu 01:06
a0790_001206.jpg




最近、地元で放火騒ぎがあり、
痛ましいことに、
ご家族の何人かの皆さんが亡くなってしまった。




(T^T)そのお宅とは、
直接、関係は無いかもしれない・・


けれど、放火した人は、
日常的におを飲んでは暴力
という図式となっていたらしい。




そんな を飲む →機嫌が悪くなり暴力



いわゆる『乱』となる男性は意外と多く、
そこまででは無いけれど、
ワタシの父もちょっと近かったもので、
他人事とは思えない部分も感じてもいた。





乱』というタイプの人は、
いつもはかなり気が小さく、


を飲むといつも神経を遣っている分、
日ごろの様々なうっ積がの力によって、
ナダレのようにどばどばと出るタイプの、
いわば悪い酒になるという人たち・・。




。。



いい加減なお話にはしたくないため、
色々な検索をしてみたけれど -



『酒乱は性格と同じ』


~という解説を見つけ・・



読んでみたらはなから治らないし、
つまりもう治らない性格と避けることが一番と。




しかも当然のように、
結構、自覚の無い本人よりも、
その周りの人たちが困っているという内容だった。





・・さて・・・



今日はその中でも、
とか、先に結婚を考えている女、
または反対に、
酒癖の悪い酒乱の女を持つ人たちへ。




ぶっちゃけ、
酒乱というのは治らない性格のようなモノ。



だから・・




「私がハルトを治してあげるのよ!」




「僕、カナエちゃんを癒してあげたいから、
大丈夫、結婚しようよ」




てな、ワケのワカラン半端な情や、
一時的な同情では、
一般的に酒乱と呼ばれるような人は、
失礼ながら拾ってはいけないと思う訳です。




人の普通の愛情とか、
正義感だけが先走った思い込みだけでは、
酒飲んで暴れてぶん殴るような人を、
支えて行くことは出来にくいということ。





(T^T)なので先ず・・



そうした酒癖の悪い以上の人に出会ったら、


最初っから・・


今後のあなたの家族になる、
お子さんたちや親族のためにも、
そういう人とは深入りしないことでしょう。





ついでという訳ではありませんが・・



もし、付き合った相手がいるなら、
『一緒に飲んでみること』をオススメします。




最初っからアルコールが合わず、
飲めない方は飲めないんだから、
それはそれで良いですよ・・。




飲めないなら、
いっそ酒乱にはならない訳だから、
楽と言えば楽かもしれないし。




皆さんがお酒が好きなら、
パートナーとしては、
ちょっと飲めないことで寂しいでしょうけど、
最低限、酒癖の悪さによる
家庭内暴力になる事は避けられる。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 06love003_20170713005720ff5.jpg


ハート本人は酔って気づかない場合もある
↓なのでこちらが気付かないと・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆





a0001_005439.jpg




飲ませるなら自宅なら家族が居てくれる場所。



または、飲み屋とか居屋とか、
マズイことに万が一なった時に、
誰かがいるから、
ある程度、フォローはあると思います。




皆さん一人暮らしなら、
何かあったらちょっと恐いので、
一度、外で一緒に飲んでみることをススメます。





実はこれは、
ワタシの友達が結婚をしようとしたがいて-




(×_×)その時に・・


いつもは遠慮がちにおを断るだから、
たぶん飲めないんだなと思っていたらしく。



でも、どちらかの誕生日の日に、
せっかくだから飲めない訳じゃないなら、
一緒に飲みましょうと、
イタリアンレストランに行った時・・




飲み口がよい、
軽快なフルーツのサングリアを飲んだと・・。





一杯目は楽しく誕生日を祝い、
二杯、三杯とワインに切り換え・・


二人でワインボトルを空けた時に、
その事件は起こったらしい・・。




途中から、
いつも優しいの目付きが変わり、
あれ?と女が嫌な空気を察知した時のこと。




目の前のが、
少しずつ友達の悪口を言い始めたそうで。





それから悪口はエスカレートし、
グラスをバンとテーブルに叩きつけた。



カジュアルなレストランだからまだ、
静寂が漂うような場所じゃなくて良かったと、
後から女がワタシに言っていたのを思い出す。




店のスタッフと店主の二人が心配して、
目が違う罵倒してグラスを壊した彼を押さえつけ、



「何かあったら、警察を呼ぶから
お客さんは帰った方が良いよ」


と言ってくれ、

彼女は「すみません」とお金だけを置いて、
自宅(その時は実家暮らし)に帰ったそうだった。




「え、マサユキ君が・・
それからどうしたの?彼と」




「別れたわよ~、
本当にビックリしちゃって
あんな嫌な事を、
常日頃思っていたかと考えただけでも、
もう嫌悪感しかないし・・」





それよりも目付きが豹変した、
グラスを壊したマサユキ君が信じられず、
まだ20代の頃だったから、
ショックでしかなかったようだった。




公認で付き合いをしていたから、
親もビックリし、
だけど別れて良かったと明言してくれたようで。




ワタシは父が乱気味だったから、
悪い癖というのをある程度、知っていて。



本当に友達がそんな、
面倒なタイプの男性と結婚しなくて良かったと、
自分の事のように痛感したものだった。





浸りになるアルコール中毒も、
かなり理解しがたいけれど、
酔った挙げ句に暴力を振るったり、
女性を罵倒するような人とは、
結婚は一生問題になるため、
皆さんも十分に気をつけて欲しいと思います。




因みに -


乱とアルコール中毒は微妙に違いますが・・




酒乱は治らない、



アルコール中毒の場合には、
きっちりと更正施設のような場へ入所したり、
依存性専門の精神科で、
断つ!まで、
徹底的に飲まない教育を受けなくてはいけない。





いずれにせよ・・


男性脳の『徹底的に一つの物事を極める』

~といった脳の場合には、
圧倒的に女性よりも、
溺れてしまう男性が多い事も少し納得が出来る。





これは反対の立場の方からすれば、
嫌な内容かもしれないけれど・・・




一般の皆さんが支えるには限度がある-




なので、
病と言える酒乱やアルコール中毒の方は、
普通の皆さんはパートナーには選ばないこと、
失礼ながら、それが一番だと感じます・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート因みにワタシはほぼ楽しい酒に
↓最近はそんなに飲めませんが




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


00Kuma15920_20170713005729f6e.jpg



(^ー^)最後までありがとうございます。

暑いので体調にはご注意をね・・。

誤打は読んでおいてね、遅れます色々と。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<寝る前に天と先祖に祈る☆お金と人の関わりに感謝 | すみませんワタシは占い師 | 運気が落ちていると感じたら・・>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |