お彼岸話「お父さんからのメッセージを夢で」
2017-09-23 Sat 00:38
017-akihigan01.jpg




彼岸は -


春なら春分の日を境に前後一週間、
秋も秋分の日を境に前後一週間を指す。




だからと言って日々の出来事と、
真逆なことが起きる訳では無いし、
お盆よりは、
まだ不思議な事件は少ないとしても


そんな秋彼岸に入った日の朝方、
ワタシは若い女性のお客様の夢を見た。




正解に言えば、
彼女自身が現れる夢の内容から・・


もしかしたら、
それは亡くなったお父さんが、
娘であるNさんに何かを伝えて欲しいのかなと、
改めて感じたのだったけれど・・



でも彼女のお父さんは、
あの時のようにニコニコと笑っていた。


・・




Nさんとは、
前の事務所からのお付き合いで、
彼女はご両親の愛情を受けて育った、
素直な女の子だった・・。




特にお父さん子で、
話題の中に登場するのも、
どちらかと言えば父親の方が多かったものだ。





・・それが・・・



ある日、不慮の事故で、
Nさんのお父さんは亡くなってしまった。





ワタシはもちろん、
そんな事は知らずにいたけれど・・



久しぶりに着信した彼女からのメールは、
お父様が亡くなったという内容だった。





「え、何で・・・」




訃報は何時も唐突だ -





・・まだお元気だった頃、
Nさんは一度、
お父さんを連れていらした時があった。




「いつも娘がお世話になっています」




そう言ってニコニコ笑う様子は、
本当に優しそうで包容力を感じさせた。




なるほど、
娘さんが自慢の父親なんだなと、
ちょっと羨ましくなったものだった。





。。



突然の死・・・



まだ50歳になったばかりだというのに、
いくら事故でも、
運命は残酷だと痛感させられたのだった。





Nさん宅ではご葬儀も終わり、
落ち着いたから連絡をくれたようで、
でも簡潔な文面からは、
反対に深い悲しみが伝わって来ていた・・。





・・そんな事があってから、
更に四十九日が終わった辺りに、
Nさんがいらしてくれた時があり・・




ハッキリとでは無かったけれど、
どうもあのお父さんのような気配が感じられた。





「え、父が一緒なんですか?」




「一周忌までは割りと行き来しやすいと
そう言っていますが・・




「父は成仏はしている訳ですね?
なら良かったです・・」





ある程度の声のようなメッセージを、
彼女に伝えたけれど・・


一周忌までは、
割りと行き来しやすいなどの中身は、
以前から、
違う故人から聞いていたことがあったけれど、
ワタシがとても勉強になった事柄でもあった。




それからもNさんは、
以前と変わらない感じで度々ウチに来てくれていた。

・・





m(u_u)m ここでお願いいたします☆


 08cb002_201709222033360ea.jpg


ハートそういうこともある期間
↓そんな秋彼岸の出来事・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




 017-akihigan02.jpg




・・さて・・・




話は前後をしてしまったけれど、
先日の彼岸入りの夢の話である・・。




Nさんとお母様とが、
楽しそうに話をしている様子だった。




会話しているさ中、
お二人がふわふわしていて、
輝くような光りの中でとても幸せそうだった。




当然、夢見はすこぶるよく、
起きてからも自分さえふわふわとした錯覚に。





そういえば、
お父様が数年前に亡くなられたのち・・



Nさんは高校の同級生で、
以前に住んでいた場所の、
幼なじみだった男性と結婚をする運びになった。




夏にお会いした際に、
その事を聞いてほっとしていたのだけど。




その時、いつもは聞こえるお父さんの声が、
全く聞こえなかった感じだったので、
お互いに少し心配していた・・。





・・それからのその夢・・・




ワタシはこれはもしかしたら、
天界に往かれたお父さんから、
伝えたかったメッセージなのかと感じた。





抽象的な夢の中身がメッセージだなんて、
などと思う方もいらっしゃるかもしれない。




でも、聞こえるはずの声が聞こえず、
後日、お彼岸の入りにこんな幸せな夢を見るのは、
僭越ながらワタシの主観だけでは無い気がした。




昼過ぎくらいに、
その見たままのイメージを簡潔にまとめ、
Nさんにメールを送ってみた・・。




それから一時間くらい経ち、
彼女から返信が着信した。




『今からお電話したいのですが』




ワタシの仕事も入っていなかったので、
Nさんとお話することになった。




ワタシはメールをした中身を改めて彼女に伝えた。




「・・そうなんですか
やっぱりそれって父からの伝言だと思います」




全く同じ夢では無かったらしいけれど、
彼女も彼岸の入りに、
お父さんが結婚式に出ていた夢を見たそうだ。





「嬉しかったです、
生前のあのニコニコした笑いで」




「だったらやはり、
何か伝えたかったのかもしれませんね」





ワタシを通して、なんて、
おこがましいことではなく、
いわば娘さんの結婚を祝福しているような。





Nさんは色々な意味で安堵したようだった。



結婚する相手は、
近くに住んでいた頃の幼なじみだったけれど、
本当にお父さんが生きていて、
今の彼との事を祝ってくれただろうか?




彼は今、転勤族でもあるので、
このまま転勤をしたとして、
一人娘だから母親と長く会えない時も増えてしまう。




様々な事が彼女の頭の中で、
ブロックサインを出していたようで、
反対にそれが無くなったようだと言っていた。





同じでは無かったにせよ、
笑い顔のお父さんと幸せそうな彼女とお母さん。



どう考えてみても、
悪い兆しなどではなく、
あちらからの祝福のメッセージのようだ。





Nさんと話を終えてから思った -



あちらからメッセージを送るのに、
彼岸の時期は伝えやすいのだろうか?




ご先祖の御霊が帰ってくるお盆にも、
何時もより様々な出来事が起こるけれど、
彼岸もまた、こうした伝言もある。




彼女を取りまく事が、
上手く運んでいることに、
天界からメッセージを送りたかったお父さん。





全てが特別な時期に
かこつけたい訳ではないけれど、
あちら側にはあちらの理由があるのかなと、
今回の事で更に理解が出来た気がした。




結婚をすれば、
それが良いだけの事では無いと、
きっと、
お父さんも思ってはいらっしゃるかもしれない。




ただ、ワタシまで気分がよい夢は、
悪いサインでは無いんだなと、
改めて感じたのでしたが・・。





秋分の日のちも続く秋彼岸 -




奇しくもワタシもNさんとお母さんも、
彼岸の入り前にお墓参りを済ませていたもので。




だからと言うだけではありませんが、
どうしてもお墓参りから遠ざかる現代、
近隣ならやはり、
出来るだけ墓参はした方がと思いました。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート夢が祝福のメッセージに
↓貴重な体験をさせて頂きました・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


100726kuma0011_20170922203356c50.jpg


(゜▽゜*)よい休日を・・・

色々と遅れますがよろしくね・・。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
<<過去から抜け出るための気付き☆ドラマ『この声をきみに』 | すみませんワタシは占い師 | 誰にでも調子が悪い月がある☆自分で知っておく>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |