FC2ブログ
座敷わらしのいる家は繁栄する☆解体にも気を付ける
2017-10-26 Thu 00:24
a0960_003945.jpg




座敷わらしと言うと、
ワタシは漫画の吉田秋生(さん)の、
『ざしきわらし』のストーリーを思い出す。




子どもだった主人公が、
田舎で着物を着た不思議な子と出会い、
その子は虫がたくさんいる林とか、
水遊びの穴場などをよく知っている子だった。



ただ・・


オヤツの時間になると、
お母さんや大人たちは、
その子の分を出してくれない。




「こういうのなれてるんだ」




実はその子は、
子どもたちには見えているけれど、
大人たちには見えていないざしきわらしという、
精霊のような存在だった・・。





吉田秋生と言えば -


彼女の代表作『カリフォルニア物語』や、
『Banana Fish』、

綾瀬はるかや長澤まさみなどが四姉妹になった、
是枝裕和監督の
『海街diary』の原作者でもあるけれど。





(T^T)そのずっと前の小作品で・・


ワタシは彼女の作品だったら、
自然と昆虫の世界を抒情的に描いた
『風の歌うたい』や、
『ナサナエルの肖像』、

幻のニホンオオカミが、
狐の群れの中で生き長らえている
『きつねのよめいり』・・


ゴキブリが人と化してしまう、
『ちょっと不思議な下宿人』などの、
心温まるメジャーではない話が好きなのですが。





その『ざしきわらし』の中でも -


最後に・・


昔、子どもの頃に、
ざしきわらしと出会っているお父さんが



自分の子どもが連れてきたと思われる、
今ではもう見えない子に、
オヤツをあげるのが、
じんわりと感動し印象的だった・・。




・・さて・・・


そんな座敷わらし -



吉田秋生の漫画では、
可愛い男の子として描かれているけれど・・。




座敷わらし(座敷童子)は、
主に岩手県や青森県など東北地方で、
河童と同じように伝えられて来た精霊でもあり、
座敷わらしが居るは繁栄すると言われている。




この辺りは・・


貧乏神が巣食うが衰退し、
反対に去ったが栄えるのとニュアンスが似ていて、
東北だけでなく、
昔から様々な地域で伝承されている話。




何故、今回・・

座敷わらしの事を書いたかと言えば、
長くお付き合いをしているお客様からも、


最近、ご両親が亡くなってしまったから、
古いを解体しなくてはいけない方からも、
そんな子どもの話をお聞きしたから・・。




a0790_000511.jpg




特に明治時代からのを、
解体しなくちゃいけなくなったお客様は、


昔、奥の客間で・・

着物を着たちょっと赤い髪をした男の子と、
小さい時に一度だけ会ったことがあったらしい。





「見知らぬ子どもだったし、
時代が違う感じの外見だったので、
びっくりはしましたが・・」





(T^T)その方をPさんとすると・・


Pさんがその時、
あまり恐がらずにいたので、
別に障りなども無かったようだった。




反対にご両親は、
代々続く家業を営んでいたため、
たぶん、それからも高齢で仕事を辞めるまで、
仕事や人が回っていたのは・・


仏壇だけでなく、
座敷の方にも、
水やお菓子をあげていたご先祖がいたからと。




家の奥座敷に居ると、
家族が暗黙のうちに大切にしていた、
座敷わらしへの配慮もあるのではと、
Pさんは言っていた・・。




夜中に軽い足音が聞こえたりはあり、
笑い声は彼女は聞いていなかったようだけど -



そこに居るだろう童子がいたずら好きでも、
祖父母や両親は、
何も言わずに暮らしていたらしい。





が、気を付けたいのは・・


彼女の代々の家に居たのは、
繁栄をもたらす精霊かもしれないけれど。



精霊などではなく、
貧乏神然としたよからぬ霊も存在するため、
霊障などと勘違いをしないように・・。





さて、一つの家が長いと、
富や家業の繁栄をもたらしてくれる座敷わらし。




なので・・

古い家屋を解体する時には、
もう、そこには居ないのかもしれないけど、

解体するならその前に、
お祓いをするようにアドバイスしてみた。





それから、
昔からお祓いを依頼していたり、
彼女の家で初詣や七五三でお世話になっている、
近所でも割りと有名な神社に祈祷を頼んだそう。





結婚をして姓や家系が変わっても -


ましてやいくら民間の伝説であっても、
古くから守護霊として居てくれ、


家族が亡くなっていたとしても、
皆さんで認めていた精霊が居たなら・・



やはりただ簡単に解体をするよりも、
お世話になった事に御礼をしながら、
きちんと供養する事も必要だと感じた。





座敷わらしは、
民間信仰での言い伝えかもしれない。




ただ、声や音や本人らしき存在を、
子どもの頃に目の当たりにしていたなら、
なお大事に考えた方が良いと、
改めて考えさせられた出来事でありました。




・・あなたの家にも、もしかしたら、
そんな子どもが居るかもしれません。


お子さんが見たと言ったら、
よく聞いてあげてください・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート精霊の見分け方もちょっと難しい
↓結果的にはそういう部分も分かるでしょう




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 08cb002_2017102522295741e.jpg


(゜▽゜*)残念ながら大人になると見えなくなります。

でも・・ピュアな気持ちがあったら?・・・

色々と遅れます、よろしくね(^ー^)


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
<<転校をして明るさが戻ったお子さん☆微妙なイジメ問題 | すみませんワタシは占い師 | 元気を出したい時にはぬくもりのある料理を食べる>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |