FC2ブログ
「雨の日にありがとう」守護霊のお祖母さんより
2017-11-01 Wed 00:12
 017rain01.jpg




も終わりになると、
霊障の
一つの条件でもある空気中の湿度が下がる。




(T^T)つまり乾燥する訳ですが・・

肌や髪の毛には今一つでも、
必要の無い霊が出る頻度が低くなり、
ワタシに取っては少し楽になる以降。




そんなや冬には、
多くはお風呂場などの湿気がある場所だと、
たまに伯母などの霊が出たりするけれど。




湿度と言えば、
雨も可能性がある訳だけど、
これまでは気になることはほぼ無かった。




が、最近、そんな雨の日に、
ちょっと変わった経験をした・・。





その日に会う方は、
幾度かお話を書いたことがあった人だった。




旧家の生まれなため、
文系の頭脳なのに、
代々続く家業を継ぐべく、
お祖母さんからとある理系の大学に入れられた。





全く趣味趣向が違うし、
聞いただけで、
それはハードな青春時代だったと、
簡単に理解が出来る気がしたものだった。




ワタシだったら、
いくら援助があるとは言っても、
嫌いなものは嫌いだし、
興味が無いものには興味は湧かないから。





よく横路にもそれずに、
半端にグレもせずに、
そこまできちんとした道を自分の手でも築いて来たと、
尊敬するような気持ちにもなっていた。





そんな彼女Sさんも、
ずいぶん前に、
専制君主的なお祖母さんが亡くなり・・



今は地元で専門分野の仕事をこなしながら、
ようやくパートナーも出来て、
普通の幸せを噛み締めているようだった。




今でもたまにお会いするのだけれど -


今回は特に晴れやかな顔付きで、
ワタシの方が安堵をしたのだった。




普通に幸せで本当に良かった』





特にカフェで会話している中、
Sさんがこんなことを言っていたのが印象的で。




「・・結局、
地元で実家寄りで暮らしていますし、
何だかんだと言っても、
祖母や先祖との縁が深いのだと思っています」





以前なら彼女から、
こんな余裕のある感想が出ることは無かった。




トラウマでしか無いような環境と、
お祖母さんを含めてご実家を遠ざけていて、
ご先祖様の事なども否定的な見方だったから。





Sさんは年末の旅行の吉方や、
来年度のプラスマイナスを聞いて行かれ、
でもまだ雨は冷たい10月末の空気と共に、
しとしとと降り続いていた・・。




いつもなら雨だからと言っても、
特に霊を感じる事もあまり無かった。




。。



その日はバスに乗る途中、
辺りに誰も居なかった中、
聞いたニュアンスが無い声のような物がした。




017rain02.jpg




『ありがとうね、うちの孫の話を聞いてくれて』





( ̄ロ ̄lll)え?・・・




うちの孫の話って、
もしかしたらSさんのことだろうか?




バスは休日のため、
いつもより本数が少なく、
でもワタシが乗車するバス停からは、
始発なんかより遠いため、
休日の雨の日でも席に座れるのはまれだった。




また傘と資料と私物で立ちっ放しなのかな、
などと待っていたら、
また、その声の主からこんな言葉が・・





『大丈夫、バスの席は空いているからね』




へ(゜_゜)? ・・・・(鈍感)

バスの席に空きがあるとな・・」




何だか嘘のような話だけれど、
でももし、Sさんのお祖母さんだったら、
空きがあったとしたら、
本当にそうなんだろうとも思った。





ようやく夕方でほの暗い中、
駅の始発から、
幾つかバス停を経由して来たバスが目の前に。




自動ドアが開いたとたん、
ワタシはびっくりした・・
本当に目の前の席が一つだけ空いていたから。




『・・やっぱりお祖母さんだな




でも歩き疲れていたし、
傘に手荷物をたたんで、
そのぽっつり一つだけ空いていた席に座った。





『たぶんSさんのお祖母さん、
反対にご配慮をありがとうございました』





冷たく降り続く雨は、
バスの窓に時おり打ち付けたり、
対向車のライトが行ったり来たりしていた。





ゆっくり座りながら、
Sさんがお彼岸やお盆にお墓参りをすると、
そんな風に言っていたのを思いだした・・。




しかも殆ど仏壇に、
手を合わせた事も無かった彼女が、

旦那さまと実家に帰った時には、
仏壇に供物を捧げてお線香を点し、
必ず敬いながら手を合わせているとも聞いた。





もしかして、
お祖母さんは孫に申し訳ないと思いつつ、
地元に落ち着いて安心しているのかなと、
その日の一連の出来事で感じたものだった。





(T^T)守護霊には色々な方がなっていたりする。



ワタシは特に、
お客様の両親や祖父母などの親族、
血縁の皆さんが守護霊となって、
息子や娘や孫を守っているのを、
様々なメッセージで分かることが多い。




ふと・・


天界に行かれた方が言っていた、
現世の奥様へのメッセージを思い返した。




お金のことは無理だけど、
危ない状況になったら助けてあげられるから』




なるほど、お金は難しいけれど、
状況ならばということなのかと・・。





『お祖母さん、
まだまだお孫さんを守ってあげてください』




今一度、半日重たい荷物で疲れた中、
たった一つだけ空いていたバスの席で、
足腰を休められて良かったと、
Sさんのお祖母さんに伝わるような気持ちで、
こちらから伝えたのでしたが・・。





ワタシにはかつて無かった雨の日にも、
こうした経験があるのだと・・
色々と考えることが出来た不思議な出来事でした。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハートそういうこともあったりする
↓そんな現世での一日・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b003_201710312156446de.jpg


(゜▽゜*)皆さんも誰かに守られています。

そういう事も大事ですね・・。

色々と遅れますがよろしく。



別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
<<省みる時間を作るか年末まで走るか☆11月の運気 | すみませんワタシは占い師 | 転校をして明るさが戻ったお子さん☆微妙なイジメ問題>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |