FC2ブログ
私の心の地雷☆親とは喧嘩が出来るうちが花だけど
2018-01-17 Wed 00:11
 018-mother01.jpg




タイトルとはちょい違う内容からだけれど -



昨年末くらいまでのオンエアで、
自然体な演技の巧い
女優さんに成長した井上真央主演の、
(敬称を略させて頂いております)
現代の高校の、
あらゆる問題をはらんだドラマを観ていた。



彼女は藍沢日向という、
とある高校のスクールカウンセラー役だった。





中で何が一番、興味深かったかと言えば -



その作品『明日の約束』には、
ひなたの母・尚(手塚理美)と、


様々な経緯でイジメに遭い、
自死してしまう男の・吉岡圭吾の
・真紀(仲間由紀恵)と、
二人の毒母(毒)の存在があったこと。




『明日の約束』という、
日向の母が娘にある意味強いていたような、
偽善的な交換日記は、
日向がやりたかった中身ではなく、
大人になった今でも彼女の深いトラウマでもある。




普段は普通に近い感じの母は、
激昂すると人格が変わり、
自由を奪い取り、
常に日向を苦しめていたし、
娘が一般的にあるべき事へも否定的だったから。




否定的なんて生やさしいモノではなく、
全くの娘への強制と蹂躙だけだったのだ。




片や高校でイジメを受けていた吉岡圭吾も、
いつも過剰な干渉と歪んだ愛情に、
有無を言わされないような生活を強いていた母に、
反抗も出来ずに過ごしていた・・。




今回はドラマの感想だけではないので、
かいつまんだ内容で失礼しますが、

から受けるのは、
決して愛情だけとは限らないのだと、
ドラマを観ていて色々と勉強になったものだった。




、特に母親というのは、
過干渉でも成り立たないし、
かと言ってネグレクト的に虐待と放置でも、
もちろん、どもには辛い境遇を与えてしまう。




イジメ、毒親、スクールカースト、

部活でのトラブル、担任、顧問、

家庭内の問題、援助交際、自殺 ・・



毎回、病める現代の縮図のような話が出て来る。



でもドラマだけではなく、
実際にこうした状況なんだろうと痛感。




更に・・

自分が仕事で、
来て下さる親御さんに、
日常の問題についてアドバイスするに対しても、
大変に勉強になった内容でもあった。





・・さて・・・



ワタシはちょい前に大人げ無く母と喧嘩になった。




引きの目線で考えれば・・

喧嘩や口喧嘩って、
売り言葉に買い言葉になるため、
どちらかが大人になって、
取り合わないのが得策だとは思うのだけど。




きっと彼女は寒波のために、
筋肉が衰えているため、
単純に寒いという自分の状態で、
イライラを募らせて、
ワタシにアタっているんだろうとは思っていた。


週末は確かに寒波の襲来で、
氷点下だったから分からなくもないけど・・。





(T^T)問題はそんな母親である。



日向の母親のような、
強制や蹂躙の仕方をされてもいなかったし、


圭吾のママのような、
盲目的な私物化をされて来た訳でも無いけれど。




数人の男性兄弟の中の、
たった一人の女性だったから、
とにかく男勝りで超勝ち気な事だけは確か。




女系家族で女性の姉妹が多い父親とは、
様々な意味で真逆なため、
一見、男性的な女性と、
女性的な男性とは合う、
と勘違いする方もいらっしゃるかもしれないけれど。



九星気学や星座や血液型でも、
よくもこんなに合わない相性の二人が、
今まで結婚という誓約のもとで、
別れなかったのかが不思議なくらいだった。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_20180117000047b7f.jpg


ハート皆さんと父親と母親と
↓どういう関係性がありますか?・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと戯言的話を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




018-mother02.jpg




そんな勝ち気な母は会話も強気なため、
こちらが冷静な時にはどーにか、
嫌な要素はぐらかしたり、
自分が対応する仕方を変えたりも出来る。




。。



1月、2月は新しい年度の
占いを聞きに来る方がいらしたり、
地味~な会計書類の打ち込みを、
まだやっていなかったり・・



一般の主婦の皆さんのような家事や雑事、
の代わりにクリニックで薬を貰いに、
または同伴でデカイ病院へ行かなくてはいけない。



加えて活習慣病対策に、
日に5000歩以上のウォーキングがあったりする。





疲れとストレスで(-_-#)))イライライライラ・・


ついつまらない口喧嘩に至ってしまった。




でもって一番、口喧嘩の際に嫌なのが -


「あんたは口が上手いから」


その地雷を母が踏むと、
ワタシは一気に心の爆弾が爆発してしまう。





口が上手いって、言われてもねー


これはきちんとした会話を心がけないと・・




お客様でわざわざいらしたにも関わらず、
一言も喋らない方がいたり、


前にも書いた事がありましたが、
引きこもりの娘さんや息さんを、
ようやく連れていらして、
こちらが一方的に独り善がりな話だけを、
相手の方にする訳には行かないため。




あちらに不快な思いをさせないよう、
かと言って嫌な状況にあまり触れるのも避け、
手探り状態でのお話をしなくてはいけないから。




どうしてもある程度自信を持ちながら、
過去に体験した
辛い出来事などがあったとも感じるし、
話すきっかけを見つからないまま、
時間だけがイタズラに過ぎ去らないよう・・



おこがましいようですが
不快とか嫌悪とか、
会話が出来なくなった
過去があったかもしれない人に、
そうではないような配慮をする会話の仕方を、
30年間で、どーにか学んで来たからで。





夫婦喧嘩は犬も食わないだろうけれど、
喧嘩だって、
犬もサルも食わないでしょうし、
日頃のお互いのうっ積をぶつけたくなるからだろうと。




ま、仕方がないかと妹から教えられたやり方、



『老人が無茶な事を言って喧嘩になったら、
場所を変えて冷却する時間を作ること』




なもんで・・


すぐに2階に上がり、
折しも寒波でやたら凍える部屋で、
ワタシも頭を冷やしてみていた・・。




ふと、どなたか早くにお母さんを亡くされた方が、
以前に言った言葉を思い出した。




と喧嘩が出来るなんて羨ましいです
喧嘩したくても出来ないですから」




そうか、そうだよな、
ワタシは大人げが無かったかもしれない。




そう思う事にして、
一時間、好きな
ダイアナ・クラールのピアノ弾き語りを聴いて、
ニュートラルな気分に戻して下におりた。




老婆は頑なな性格が年齢で更に頑なになり、
また、ぶつぶつと何やら文句を言っていたけれど。

諦める、自分の普段に戻す、
そんな努力をしながら夕食を作り始めたのだった。


・・




世の中には、
とは言ってみても、
ドラマのようなトンでもない母もいて、
最近の俗称で『毒母』『毒』などと言われている。




色々とあった後に、
ドラマのヒロイン藍沢日向は、
毒母との『明日の約束』という交換日記を置き、
再び家を出る決心をするのだったが。




ワタシの場合には、
今さら家を出て行くことは出来にくい・・。




このトシでまだ生きている親と喧嘩出来るのは、
かつてのお客様の言葉を借りれば、
確かに面倒くさくても、
ボケてもいないし、
諦め有難いと思い直しをする事にした。




会話内容を考えれば、
違う意味では一部、毒母ではあるけれど、
認知症気味にもなってはおらず、
なので向き合うスタンスを変えてみるように。





(T^T)もし・・

あまりに酷い親では無いなら -



『親とは喧嘩出来るうちが花』



皆さんも許容範囲ならば、
この一言を思い出してみてください☆



まー、ちょっとキツい場合もありますけれど・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。











ハート自分だけが正しいなんて思っちゃいないけど
↓どっと疲れも出る日々の昨今・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00kumab002_2017112422553433d.jpg


(××)ξたまに『管理人のみへコメント』を

投稿して下さる方がいらっしゃいますが、

裏コメだけに気づかないままになっている場合があり、

大変に申し訳ないのですが、

後日、コメレスを書きますので・・。



別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
<<「幸せで良いのでしょうか」Aさんに気まぐれな神様が微笑む | すみませんワタシは占い師 | 念がこもる品のお焚き上げ☆活用できる正月終わりのお祭>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |