「幸せで良いのでしょうか」Aさんに気まぐれな神様が微笑む
2018-01-20 Sat 00:23
018-happy01.jpg




Aさんは何年か前に離婚をされていた。



夫婦は亀裂が入ってしまうと、
愛情が憎悪に変わってしまったり・・。


マイナスはどちらにもあっただろうし、
お互い様な事態もあったでしょうけれど。




とても真面目な彼女が言うには・・




育て中だから、
気付いていなかったのも悪いでしょうけど、
会社に付き合っていた女性も居たみたいでした」




「うーん、彼やあちらの女性に、
慰謝料だって請求出来たりするんですけど」




「もういいです、
正直、ある程度知っている女性だから、
旦那に会いたくも、
女性を見たくも無いくらいです」





(×_×)育て中の旦那さんの浮気、
これが、意外と多く、
上手くやらないと赤ちゃんのうるささに、
ただ逃げる男性もいたりするから・・。




初産の場合には、
仲が良くない母親の実家に、
里帰り出産するのもままならず、
考えてみたら大変な出産と育児だったと思う。




でも・・


幸いに彼女は長く勤務していた会社があり、
更に勤務内容をプラスしてくれる事になり、
さんと二人だったら、
どうにか暮らして行ける状態ではあった。




ただ、誰しもが
離婚という経験をしている訳では無かったし、


Aさんもまた、
リアリティーがある部分を知らずに、
さんの養育権や親権と共に、
生活をするための権利すら
旦那さんに提示をしてはいなかった。




つまり・・

たとえ仲たがいで別れても、
さんは二人のでもあり、
養育費は子どもの権利であるという事を、
会話してはいなかったようだった。




もちろん、育てるにあたり、
養育費は必要で法的にも認められている。

特に離婚した相手は、
支払い能力どころか給料も遥かに高かったし。




例えば高校や大学進学という際に、
奥さんサイドの経済力では、
先行きが芳しく無くなった場合のためにも。




それ以前に正当な理由だから、
Aさんが最初にいらした際に、
今なら二十歳まで、
お子さんへの養育費を要求が出来る。




更に不払いになると大変だから、
公証人役場で
きちんとした公正証書を作成し、
何かあれば彼の勤務先に強制執行が可能なので、
彼女へそうしたやり方をお伝えしてみた。




この辺り、離婚されるとか、
関係性がある皆さんは、
知識として知っていた方が良いです。



ただし、あなたが不倫などをしていたら、
養育費は別としても、
反対にパートナーから
慰謝料を請求されたりもするので、
色々な要素での権利やリスクも調べておくことです。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09b003_20180119230544e26.jpg


ハート思い込みではない事実がある
↓幸せの尺度はそれぞれだけど・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆





018-happy02.jpg




「・・でも良いのでしょうか?
私の給料でもどうにか大丈夫だと思いますが」





「司法についてはほとんど素人ですが、
さんの養育費は正当などもの権利ですよ


Aさんがもし一時的に体調を崩したり、
会社側にトラブルがあったりすれば、
今度はおさんも大変です」




「なるほど分かりました、
一度、公証人役場に行ってみます




「先ほどもお伝えしたように、
Aさんのマンションから○町の公証人役場なら、
○月○日以降~○日辺りに行ってみて下さい」





・・それから・・・




様々な手続きを終えてから、
律儀にAさんが一度、いらしてくれた事があった。




やはり公証人役場の担当者からは - 



「おさんの権利ですから当たり前です
あなたのように遠慮をしていては駄目ですよ」


そんな司法の専門家の立場から、
丁寧にアドバイスをしてくれたようだった。





「本当に助かりました
何かと物要りになる予測は出来ますので」





・・あれから何年かが過ぎたけれど・・。



昨年、突然にAさんからメールが着信した。




『○さん、大変にご無沙汰をしておりました』




そんな挨拶から始まる内容は・・
今、ようやく落ち着いていて、
普通に穏やかな時間が流れていらっしゃると。





離婚した相手は・・
裏表ある性格も分からないまま結婚をしてしまい。




出産のために実家へ帰省したくても、
お兄さんと嫁さんが後継していて・・


更に両親は父親とは仲が良かったけれど、
結婚してからすぐに亡くなってしまった。




母親は兄だけを可愛がっていたため、
自分の行き場が無かったこと・・。



逆境にある人は多いし、
人それぞれだとも思うけれど、
特に愛情に恵まれなかったことは、
その後の彼女の生き方に暗い影を落としていた。




以前に彼女が最初に来てくれた際に -


私は何処へ行ったら良いのか、
そうした事をお聞きしていたけれど。




(T^T)分からなくも無かった・・

行き場が無い自分、
実家でも、新しいパートナーとも・・。




色々と普通に恵まれていて、
別段、不都合が無い方には、
そうした事は理解がしにくいかもしれない。




「怯まないで果敢に行動したらいいのに」




と感じるかもしれないけれど、
性質上、前向きになれない人だって、
この世にはたくさんいらっしゃる。




そんな彼女が、
ようやくおさんと、
邪魔が入らないような場所で、
和やかな時間を過ごすことが出来ているのだ。




『こんな幸せで良いのでしょうか』



謙虚なAさんらしいや、とワタシは思った。




なので返信には・・



『本当に良かったですね
それは普通だと思いますよ


その幸せはあなたがお母さんとしても、
一人の女性としても、
努力をして来た結果だと思います


普通では無かった過去から、
抜け出ることが出来たのだから、
幸せな時間を楽しんで下さいね』





神様は気紛れだと思う -


ものすごく一生懸命な人には、
なかなか微笑んでくれなかったり、



苦労に苦労を重ねてしまうしか無かったり。



たまに良いと感じると、
急転直下で嫌なことが起きたりする。




・・だけれど・・・



たまに何かのご褒美のように、
ゆっくり流れる時をくださったりする。




まさか「たまのご褒美」だとは、
メールに記載出来なかったけれど、

彼女とおさんが、
しばし豊かな日々が送ることが出来て良かった。




ワタシもたまのご褒美のような今なので、
自分と重複した部分もあり、
心から嬉しかったものでありました☆


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハートたまに幸福という感覚があったり
↓常にある方は前世からのご褒美




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 04kuma016_2018011923060587c.jpg


(゜▽゜*)最後までおつきあい頂きありがとう。

夫婦は他人でも子どもは血縁・・・

考えるとちょっと不思議ですね。


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
<<大厄年(本厄年)の小室哲哉氏☆また文春砲かよ | すみませんワタシは占い師 | 私の心の地雷☆親とは喧嘩が出来るうちが花だけど>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |