FC2ブログ
大厄年(本厄年)の小室哲哉氏☆また文春砲かよ
2018-01-23 Tue 00:20
 018-komuro01.jpg




遅ればせながらな記事になりますが、
お付き合いいただければ・・。


・・



小室哲哉氏が引退に追いやられた -



究極のゴシップ雑誌と媒体
文春砲がまた一つの才能を潰したカンがある。


・・そんな気がワタシはする・・。





昔、文春や新潮は、
そこそこ普通の雑誌で、
人目を気にせずに読めた雑誌でもあった。



そりゃ昔の話だけど・・・。



ベッキーさんの顛末辺りからか、
いや、それ以前にもゴシップがメインとなり、
確実に売り上げはのばしている・・。




。。



小室哲哉氏の会見を目の当たりにし、
薄ら寒いような、残念なような気分に苛まれた。




これまで多くの音楽作品を世に出し、
数多のアーティストをプロデュースして来た、
音楽業界には無くてはならない存在(だった)。




そんな彼が、
また、余計なお世話なお騒がせ内容を世にさらし、
人一人を葬ったような某雑誌関連とサイトで、
ありとあらゆるプライベートを暴露された形に。




感情的な記事を書きたい訳では無いけど、
更に様々な国々ではパパラッチの
執拗なやり方も問題にはなっている。





( TДT)でもさ~、
日本てこんな嫌な国だったっけ?




出版業界が不振な昨今・・
どんな手を使っても、
利益を上げたいのは分からなくも無い。




だからの有名人と、
手が出せないからって、
小者な政治家への下世話なゴシップ。




人様の裏事情は、
それは興味がある人は多いとも思う。




でも介護をやってもいない人には、
病気の家族を支える大変さが分からないし、

また、世間の奥様方には、
病床の身にあったパートナーの裏切りに、




はたまた、いくら仕事だと言っても、
パパラッチ並みに、
人のプライベートに土足で踏み込む。




様々な意見があるのも、
それは多様な目線で見れば、
立場が違ったら感想も自ずと変わって来ると思う。





「・・でも、小室さん引退か・・・」




引退会見をされた本人が、
それが償いだと・・



タイミングが良かったのかもしれないと、
そう言ってはいたけれど・・。




見ていると -


記者に追いかけられもするでしょうし、
完治していないような奥さま、


自分のストレスに加齢による体調不良・・。



疲れたのかな・・と、
単純には感じたのでありますが。




あまりこの期に及んで、
引退された小室哲哉氏の事を書くのも、
などと思ったけれど・・



ワタシの仕事の一端でもあるので、
2月3日の節分までは大厄年(本厄年)の
彼のことについてを短めに。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 11kuma0013_2018012222492148c.jpg


ハート何だかなぁ・・・・
↓つまらないそんな報道




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



 018-komuro002.jpg




小室哲哉


1958年 11月27日生まれ
射手座 O型 六白金星



六白金星は2月3日までは大厄年で、
しかも気の毒なことに1月4日~2月3日までは、
八方塞がり月・・


大厄の八方塞がりなんて、
厄が二重に重なったような意味合いでもある。



射手座としても今月の中ごろまでは落ち着かない時。




    12

小3 室9 哲10 哉9 31

  12   19   19



天格と外格が破綻数の12、

人格と地格に凶数の19格があり、
総格(画)の31格だけが頼りなくらい今一つ。




たとえ栄耀栄華を極めたとしても、
急転直下が激しく、
並々ならぬ才能の持ち主ではあるけれど、
一般の人が持ったらもて余す数でもある。




私事だけれど本名に19格があり、
やはり余り芳しく無い事ばかりだったため、
ビジネスネームを使っている現状。




栄耀栄華に急転直下、
斜め同格である19は、
犯罪数とも呼ばれているため、
紆余曲折だらけでは、
実はこうした人のパートナーも、
そのマイナスの運気にあてられたりもする結果に。




実はワタシにもある面倒な19格と12格の呪縛 -



自分の過去ばかりを、
引き合いに出したい訳じゃないけれど、
一般的なリアリティーがないと、
普通は感情移入もしにくいから・・。




まだ介護保険法が確立される前には、
年齢が高齢者であっても、
または、そうでは無くても、
病院でフォロー仕切れない部分では、
家庭で在宅介護をしなくてはいけなかった。




祖父母や父、伯母は直接では無いけれど -

家族を家で看るのはハードだったりする。




小室さんの奥さまが、
彼より年齢が下であっても、
聞けば子ども返りしたような今・・


いくらヘルパーさんが来ても、
二人の時間では、
男性だけでは抱え切れないとワタシは感じる。





だから違う相手を容認出来るのか、
と問われれば、
人それぞれの価値観でしょうけれど、
一時的に寄りかかる相手が欲しかったのかなと。




それが看護に携わる方だったのは、
相談をしながら、
何かを聞いて欲しかったのだろうし、
本当は弱い世の男性のマインドだから、
違うカタチで癒しが欲しかったのかなと思う。




『不倫』と、たった一言で言い切れるほど、
愛のカタチは
単純でも簡単でも無いとワタシは思う。




たまたま前に・・


院内感染し全身が血管炎になった、
父の病院の行き来などで、
うつ病がぶり返してしまい、
15年前に書いたワタシの遺書が出て来た。




これは前にも書いたかもしれないけれど、
たぶん精神的に辛くて、
自殺を考えていたような時期だったと思う。




今では考えにくいくらい、
あまりに暗い内容だったけれど、
きっとその時には、
必死に考えて書いたのだとも感じた・・。





精神的な均衡を失うと、
人は小さくなり、心が病んでしまい、

家族やパートナーの介護さえままならないと、
今さらながら痛感をした封書だった・・。




著名な彼と、一般のワタシとを、
まさか同じにしたくは無いけれど、
でも病んでいる時の人間は、
驚くほど弱くて小さな生き物になってしまう。


・・




大厄の彼が、
でも、引退というカタチを取るなら、
失礼ながらそれは大きな『厄落とし』となる。




(T^T)今年は後厄だけれど、
1月のこの事件と対処で、
後厄もあまり関係が無くなるかもしれない。




ただね~・・


不倫、不倫と、愛のカテゴリーの部分に、
たった一つだけの不埒な分類をされると、
誰もが同じような追いかけられ方をしてしまう。




それがプラトニックな愛なら、
反対に、
本当に愛している証なのかもしれないけれど、
いい加減、弱っている人間をおとしめるのは、
辞めた方が良いのではと感じた・・。




引退してもしなくても、
小室哲哉というアーティストで、
名プロデューサーの彼の作品は、
たぶん天才だけにあまり色褪せること無く、
これからも色々な場や媒体で流れて来るだろう。




何年かが過ぎても、
彼が引退をしたままであっても・・


きっとワタシはイーグルスの
『ホテルカリフォルニア』のように、
過去には嫌なだけだった思い出が、
長い時間をかけて普通なスタンスによって、
上書きされたようなニュアンスで・・



その時の思い出と共に、
いささかキーの高い彼の歌を口ずさむと思う。




しかも彼の活躍して来た辺りは、
既に決して嫌だった訳でも無いしね。




償いで、だから勇退・・


・・な訳では無かったでしょうけれど、
休むことが出来るなら、
それも本望なのかもしれない・・。




引退は彼の場合には、
才能が枯渇したとは言っていらしたけれど、
こんな状態での引退って、
本当は不本意だったとも思うんだな。




だから何時か・・

また違うカタチであっても、
世の中でまた、
お目にかかれることを願っております☆


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・


。。







ハート不倫だけでは表現が足りない
↓人の裏事情は放っておいた方がいい・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kumab-24_20180122224940e31.jpg


(××)このまま様々な人を巻き込むのは、

媒体のあり方としてどうなのか?・・

憤りを感じている人も多いと思います。


別窓 | 人としてどうよ? | コメント:0 | top↑
<<「神社に私の年齢が厄年とありましたが」お客様のご質問から | すみませんワタシは占い師 | 「幸せで良いのでしょうか」Aさんに気まぐれな神様が微笑む>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |