FC2ブログ
運気を下げない(5日からで)避けたい旅の方角&二十四節気
2018-05-05 Sat 08:27
018-24sekki01.jpg
 



今日は先ず、
古来からの占いに欠かせない、
次々の区切りとする『二十四節気』についてを。



お嬢様方には受けないお話ですが、
食わず嫌いではなく、
こんな部分もあるんだという、
容認を若干でもして頂ければと思います。

・・



毎回、月々の占いを読んでいる中には、
この区切りを覚えておいでの方も
いらっしゃるかもしれませんが。




九星気学では(古来からの鑑定)、
月の初日が1日ではないがあるということ。



例えば1月はもちろん、
カレンダーでは1日から
~末日(30日か31日)までとなっています。




が、九星気学や東洋の占いで、
古くは中国から伝来した内容が、
日本で変遷したものが多い。



難しく書けば、
太陽年の一年を日数と視位置によって、
24に等分したやり方でもあり、
中国の天文暦法から今に至るもの。



諸説あるようだけれど、
奈良時代に中国から伝わり、
江戸に今のように確立されたと言われています。




さて、天文が基本だということから、
九星気学の場合には1ヶ月の始まりと終わりを、
二十四節気の最初の日から、
~次の月の始まりの前の日、
というくくりにすることになっている。




ついでに理屈っぽく書けば、
なぜ九星気学が十ではなく九であるのかは


インドで0(ぜろ)が発見される以前の鑑定で、
その辺り、中国の戦の参謀や、
日本の陰陽師を頼っていた戦乱の武士も、
天候や様々な動向を読む術としても、
発展して来たのだとも言われている。




「二十四節気、にじゅうよんせつき?
武士?ナニソレ、わかんな~い」



などと面倒くさがる皆さんのために、
更にさくっと解説しますね、とりあえず。




よくニュースで、


「五月ですが、今日は5日のこどもの日で、
二十節気では立夏とも言われていますね


最近は何ですか、
昔よりも夏が早い気がします」




ニュースの中で時候の挨拶をする
キャスターやアナウンサーの方が、
たまにそんな言葉を入れたりする。



。。


5月の最初の二十四節気は立夏、
そこから始まるという考え方をする。




既にお気づきの皆さんは思うかもしれない。


二十四が偶数で、
最初に月のスタートがあるなら、

24÷12ヶ月で、

だったら1ヶ月に二つ、
その日があるんじゃないんかい?




(T^T)ナイス回答です、

一年は12ヶ月で24÷12ヶ月だから、
五月だったら、
最初の立夏の次には『小満』 という日がある。




訳がワカラン皆さんは、
一年には24つのそんな日があるんだ、
くらいでも覚えて頂ければと。




さて、なんでまた、
面白くないような話を書いているのか、

といえば・・
お客様からのご質問でこれが先ず多いため。




「何故、今月は5日からって数えるんですか?」



「5月は5日から6月の5日まで?
普通は1日から31日までですよね」




そんな疑問は当たり前だし・・

でもイチイチ解説をするのもと思い、
改めて天文と暦からの意味がある日で、
月の初めの節気から月のスタートとすること。




その月のおしまいは、
次の月の最初の二十四節気のスタートの前日まで。



ついでに言えばなぜ2月4日立春が
一年のスタートなのかも、
天保暦に代表されるような旧暦に基づく、
春夏秋冬のくくりからでその辺から来るもの。




これは春夏秋冬の季語や四季折々を詠む、
俳句や短歌をたしなむ皆さんには、
常にある要素なので分かりやすいかもしれない。

・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_201805042354496af.jpg


ハート方角と太陽暦が混ざっておりますが
↓お客様からのご質問があったので




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



旅や引っ越しなど興味のある方はどうぞ・・・☆



018-24sekki02.jpg




ご参考までに一年の節気を並べてみます。



2月 『立春』 『雨水』

3月 『啓蟄』 『春分』

4月 『清明』 『穀雨』

5月 『立夏』 『小満』

6月 『芒種』 『夏至』

7月 『小暑』 『大暑』

8月 『立秋』 『処暑』

9月 『白露』 『秋分』

10月 『寒露』 『霜降』

11月 『立冬』 『小雪』

12月 『大雪』 『冬至』

1月 『小寒』 『大寒』



季節ごとのくくりなので、
『暦の意味』と共に美しくもあると思います。



一年は2月4日の立春から・・


月については、
5月でいえば『立夏』から~
6月の『芒種』の前の日までを5月とします。




(×_×)さてはて・・

じゃあ何が言いたいのかといえば、
これから書く旅行などの場合に、

4月下旬から
~5月4日『立夏の前日』までの吉方位と、

5月5日の『立夏』から~6月5日(芒種前日)まで、
月々の運気が取れる吉方位が違うということ。




因みに -


今回、注意したいのは、
5月5日からの場合は北東と南西という、
いわゆる月では鬼門にあたるため、
一泊以上の旅や宿泊には、
キャンセル待ちだからと言って、
選ばない方が無難な場をお伝えします。




×皆さんの現住所からみて 

北東と南西



年間のマイナス方角、五黄殺と暗剣殺のある

北と南 


(年間では運気は取れないけれど、
5日~6月5日までは×ではなく△程度)


※極端には運気がダウンはしにくいので。




じゃあ・・

具体的に北東と南西ってどこよ?
てな疑問が生じるかもしれないけれど。



例えば -


東京からなら北東は東北の三陸方面、北海道東、
海外ならばアメリカ全土、カナダやアラスカなど。




大阪からなら -


基本的には東北方面や北海道のほぼ全土。


南西は場所にもよるけれど、
中部九州や沖縄、台湾などを含む東南アジア、
遠くはモルジヴなど。

(基本的に一泊以上の宿泊を伴う場合)


方面や方位は鑑定師によって、
東西南北が若干違いますが・・


日本列島を地図で見た場合、
またまた面倒くさいことを書きますが、
縮尺にもよるため気を付けてくださいね。




つまり日本全図と、
関東エリアの地図では、

微妙に位置や場所が違うため、
気になる方はきちんとした鑑定師さんに、
聞いて動くのもありだと感じます。




ただでさえ女性は、
地理が苦手で地図も嫌いという方が多いけれど。


これは20年近く恩師から学んだ中身と、
年間の方位盤とを参考にしています。




えー!今から私、ベトナムなんだけど」



なんて方は、
一番最初にベトナムに行くのか、でも、
かなりのリピーターでも答えが違っています。




前にすごく吉方位でその国に行っているなら、
しかも超リピーターで・・

過去に9年くらい事故や大病、
母親、お祖母ちゃんなどに障りが無かったら



最初にたまたま吉方位でその国に行っている事も、
結果、ある程度、逆算も出来たりする・・。




前に書いたけれど、
あちこちのフライトをする、
国際線のパイロットやキャビンアテンダントなど、


または毎年、
様々な方角にやたら旅行をする皆さんには、
その時にマイナスでも、
違う場所のプラスで相殺出来たりする。


なので特にアドバイスは必要が無い場合もあるため、
単純にガッカリだけはしなくても良いとも言える。




ただし・・


リピーターになりたい場合には、
初回に行く際には十分に気を付けてください。




こうした話を嫌がる方には、
ワタシは一切、お伝えしないし、
色々とよい意味で守られている存在もいらして、

一概に言い切れないため、
とりあえずは必要とする皆さんには、
最低限だけお伝えをしておきます。




『転ばぬ先の杖』



『知っていた方が運を落とさない』



・・そんな観点から記事を書いてみました。




老婆なので老婆心から、

まぁ江戸時代なら老婆なもんで(おいおい)・・。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート難しく考え過ぎないこと
↓地理に拒絶しないことも大切




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b003_201805042355047a4.jpg


(゜▽゜*)誤打があったらご失礼。

ややこしくてごめんよ~~・・。


別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
<<迷惑な人の額縁を塩漬けにし廃棄するの巻+僭越ながらTOKIOへのエール | すみませんワタシは占い師 | 連休にひと休みするかパワーを持続させるか☆5月の運気>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |