FC2ブログ
夫婦も所詮は男と女☆木村多江様怖い女を怪演
2018-05-20 Sun 01:00
018-couple01_20180520004428054.jpg




その時代の新御三家だった、
西城秀樹さんが亡くなられました。



同じカテゴリーの方たちが
分析などを書いているかもしれませんが、
ワタシはドキュメンタリーで拝見した、
病気になられた後の、
大変なリハビリの様を目の当たりにし、
本当に頭の下がる思いだった事を覚えております。




同年輩で華やかな活躍をされたと共に、
大病で大変な中、
辛いリハビリをされながら、
家族への愛情を貫いて来られた事は、
並々ならぬものだったとお察しいたします。



たまに一人くらい、
芳しくない事をコメントする人がいても、
決して不思議では無い昨今・・


どなたも涙ぐみながら、
彼を讃えていらっしゃるのが印象的でした。
それほどどのジャンルの皆さんにも、
信頼がある素晴らしい存在だったのだと思います。



天界ではどうか、
ハードでもあった下界の分まで、
静かに安らかにお過ごし下さい。
と共に、
家族の方々へ心よりお悔やみを申し上げます。



僭越ではございますが、
ご冥福をお祈りしつつ、
これを私のお別れの言葉とさせて頂きたいと思います。


・・・



さて自称ドラマニアのワタシですが、
現在、いくつかのドラマを観ているけれど。



今、密かな楽しみと共に恐怖を感じているのが、
『おっさんずラブ』の吉田鋼太郎の巧さと、


『モンテクリスト伯』で、
おどろおどろしい人間が、
ぐちゃぐちゃの愛憎劇を繰り広げるのが興味深いけれど


何年経っても忘れられなさそうな、
ディーン・フジオカの顔を
誰もが忘れて去っていたことが、
まずかなり無理はあるのが印象的だったこと。




そして・・


『あなたには帰る家がある』で、
超亭主関白な夫(ユースケ・サンタマリア)の
貞淑な妻役の木村多江
(みなさまの敬称を略させて頂きます)。




身もふたもない書方をしちゃえば、
倦怠期真っ只中の夫婦と、
そこそこ上手く行っていたかに見えるけれど、
実は古い前時代的な家庭で、
今どき耐え忍ぶ妻が、
普段の生活に満足をしていたかのような中で、
反対に新しくマイホームを買う際に知り合った。



倦怠した違う男性に出会ってしまった
不倫の序曲から、
お互いの家庭に様々な不具合が生じてきてしまう・・。




倦怠期の夫婦を中谷美紀と玉木宏が、
舅と姑が同居する茄田家の夫婦
木村多江とユースケ・サンタマリアが、
ちょっとかつてない役どころを演じていて面白い。




ハウジングメーカーに勤務していた秀明(玉木宏)は、
勤め始めた妻・真弓(中谷美紀)の
態度や行違いに辟易していた・・。




折しもそんな時に、
新しく家を購入する予定だという茄田夫妻に出会う。




最初はただ、
お客様とセールスする立場としてだけ
義務的に二人に会っていたけれど・・



ある日、山のような荷物を持って歩いていた、
田綾を営業車の中から見つける。



突然の雨模様、
どちらもフツフツとした不満を抱えていた男女に、
あまり言葉は要らなかったのだ。

・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


06ba01_20180520004743e80.jpg


ハート夫婦というのも危うい位置付
↓男女の仲は計り知れない・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




夫婦仲の参考にしたい方はどうぞ・・・☆



018-couple02_201805200046557f6.jpg




それからは昨今、
やたら取り沙汰されている不倫関係に。
火がついた二人はかつてないような熱い関係に。
瞬く間に不倫の夫と、
違う夫の人妻の気持ちまで変えて行ってしまった。




。。


二人の関係はそう長くは続かなかった。




どちらも何故か仕事上、
相手のパートナーと関わる事になってしまった結果、
ありがちなことから、
妻にバレ夫にもバレてしまったから大変。




観なくては分からないのは別として、
ワタシにヒットしたのが、
(木村多江)の静かな妻が、
もしかしたら初めて好きになってしまった
不倫相手の秀明(玉木宏)へ・・。




嫁の立場は辛く虚しく、
夫は彼女依存症にも関わらずどもだから、
亭主関白を演じている中・・


爽やかでイケメンな上に、
お互いにマイナスの共有感さえあった新しい相手。




主婦としても誰も彼女の味方では無い日々で、
ようやく理解者に出会ったのは、
の気持ちだけではなく、
生き方までも変えてしまったのだった。



原作は山本文緒


脚本は大島里美





が、しかし ー


これがまた、
家の中で追いやられていた自分の、
長くスポイルされた感情が
どっと怒涛のようにあふれ出したから大変。




018-couple03




結果・・

別れさせられたけれど、
彼の妻の方の会社に
手作りの食べ物を持参し差し入れを。
(以前に彼が好きだと言っていた
メンチカツの手作り(−_−;)バージョン)




秀明と真弓の一人娘をまちぶせし、
家族間でも知り合った男のの母親でもあるから、
それを利用して学校まで出向き、
スイーツを一緒に食べて写メを撮らせたり、



終いには、
秀明夫妻と娘が暮らすマンションまで押しかけ、

とうとう娘に

「私はあなたのお父さんと愛し合っていたのよ」

〜などと、超問題的奇行を繰り返す。




秀明は茄田との小競り合いと、
殴り合いの果てに怪我で入院するはめに。


しかも娘は信頼していた父親の、
不埒な行動にショックで拒絶に至る。





でもなぁ、きっと生涯で一番、
好きになった彼の事が忘れられないためだろうけれど、
そんな鬼気迫るストーカーは度を超えてしまっていた。




この辺りに来て、
ようやく彼女のようなピュアな女性と、

一時的な間違いをしてしまった秀明は、
実は本当にヤバいタイプの人に手を出してしまったと、
今更ながらに気付いてしまう・・。

(鈍感も天然記念物並みでありますね)




まだ、最終回ではないし、
その顛末はちょっと読めないところも
イージーでは無いし・・



第一、今、
不倫に身を投じてしまっている皆さんには、
痛い内容でもあるから、
ぜひ冷えた倦怠期の夫婦や、
三世代などの嫁さんに冷たいご家庭の方も、
後学のために過去の回から観ると、
参考にもなります、きっと・・。




木村多江さんは普通っぽい妻とか、
一般の女性をことさら上手く演じる女優さん。



今回はタガが外れてしまった女性を怪演していて、
これがまた、あるあるな感じながら、
顔の表情がくるくる変わらないまま、
あまりに自然過ぎてすごいと感じた訳ですが。




日常と非日常 ー



そこに夫婦であっても、
ただの男女であっても、


男と女が存在してしまうと、
利害関係や不満や負の共有感が生まれ、
取り返しがつかない現状が襲って来る・・。




不倫、不倫と
やたら人様の個人的な事情と情事をあばいていると、
今に自分の家庭にも因果応報のように、
何か得体の知れないモノがやって来る。





夫婦家族だけど、他人』





そんなキャッチコピーもうなづける、
病める現代だからこそ、
このドラマの中に描かれている中身は、
かなり意味があり奥が深いと感じます。




今日は夫婦家族のあり方までも
考えさせられるドラマの、
ちょっと、いやかなり
怖さも含まれたお話のご紹介でありました。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート供は血のつながりがあるけど
↓確かに夫婦は他人でもあったり




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 1212fan003_20180508002756587.jpg


(^ー^)でも他人だからこそわかることも多いです。

要は血の繋がりよりもお互い・・。



別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
<<公表していないのにブログを見つける人☆守護霊が守る皆さん | すみませんワタシは占い師 | 占い師、ドローン専門店に驚く☆それも時代でしようけれど>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |