FC2ブログ
GWにたまたま行った神社に参拝したら・・・
2018-05-26 Sat 01:57
018gw01.jpg




唐突なようですが、
不妊治療はとてもデリケートな問題です。



様々なカップルの状態や環境、
女性側の問題だけではなく、
男性サイドの身体的な部分も多々あったりするため。




たとえば先日いらしたご夫婦は、
お互いにリスクがあっても認め合うという約束から、
クリニックにかかり始める
吉方を聞きにいらしたのだけど・・



昔ならば、
不妊の原因は圧倒的に女性にあると、
出産する側の責任のような考え方をされたけれど。




そのお二人について言えば ー

原因は旦那様側の精子の問題だったらしく、
元気が無い精子の動きという結果に・・。



散々、田舎の姑に嫌みを言われていたのが、
実は自分の息子の方に
問題があったのが発覚したものだから、
さすがの彼の母親、
ぶっちゃけうっさい姑も何も言わなくなったらしい。




「私はそれでも
彼が好きなのに変わりは無いので、
地道に不妊治療をする事にしましたが・・」




( ̄  ̄)良かった、
彼女の苦労をある程度知っていたから。




ただ、不妊治療とは言ってみても、
お金もかかるし大変に根気の要るものなので、
どうにかでも上手く行く事を祈っていたいものです。




政府も少子化対策をしたいなら、
もっと出産する側へ、
最初っから健康保険が利くようにするとか、
(検査などから高額だったりします)

女性側に不利な状況ばかりにならない
対策から必要なのではと感じますが。




・・さて・・・



お話はこうしたデリケートな問題を、
同じように抱えていらっしゃるお客様Mさんの事に 。




Mさんは結婚はしたものの、
何年か妊娠しなかったため、
とりあえず独りであるクリニックへ行ってみたのだった。




「あなた個人については
何の問題も無いという結果ですね」




クリニックの医師は、
きちんとした説明をしてくれたのだけど、
だったらパートナーの彼の問題なのか?



次に旦那様を連れていらっしゃる方が良いですよ、
と言われてみても、
もし、彼に何かあったら可哀想な気がしてしまった。




基礎体温を計ったり、
排卵日をとても気にしたり、
これまでは自分の事だけだと思って来たけれど、
それだけでは無さそうなことに気づくのも、
夫の優しい人柄などを考えた場合・・


なかなか言い出しにくいと
少し落胆をしてしまったMさんだった。




忙しい中、
わざわざ彼と専門医に行くことも、
その結果をお互いに受け止めるのも、
何だか虚しく感じてしまい、
彼女はそのまま5月のゴールデンウィークを迎え、
予約していたある観光地へと行く準備をしていた。




「仕方がないよね、
とにかく今は楽しい旅行にした方がいいかな」




Mさんは彼に気遣い、
更に楽しく旅行をしたかったこともあり、
よほどの事があれば告げることに決め、
予定通りに、
いつものように定期的な旅へと向かった。




あまり観光名所などに興味が無かった二人は、
気の利いた旅館ホテルを予約し、
だいたいは食べたい郷土料理とか、
湧き水で淹れる、
美味しいコーヒーが飲める喫茶店などを調べていた。




。。



そのほとんど新しい場所は、
本当に自然が豊かなロケーションだったし、
和洋折衷な旅館は
敷地内に宿泊施設が点在していて、
プライベート感が素敵だったそうで。




久しぶりにゆっくり出来たし、
旅館にあるレストランも、
イタリアンか和食とが選べたので
魚介類の生が苦手な旦那様は、
地元の食材で作られた
イタリアンにとても満足していたようだった。




和やかな気持ちのままに、
寝心地の良いベッドで眠ると・・

たぶん、深夜だろうか、
ちょっと不思議な夢のようなモノを見た。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05me03_201805042354496af.jpg


ハートふらふらと導かれるままに
↓旅先を決めていることもある・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




018gw02.jpg





『願いを叶えたかったら明日、神社へ行け


◯◯というのほとりにある』





あれ?・・・


起きた時に、
彼女には鮮明にその声が耳に残っていた。




ねがいって、◯◯というって? ー




気になったので、
検索したら名水コーヒーとお蕎麦という、
彼にヒットしそうな場所もあるらしく、

その理由にしつつ、
車で遠出をすることにしたそうだったが・・。





全く観光化されてはいないような、
地元の人にしか分からないような場所にはあった。




そのの近くには小さなお社があり、
夢うつつで聞いた神社があったのだった。




彼は全く分かっていないのは仕方がないけれど、
でも不妊治療などの祈願をしたら、
叶ったらまた来訪しなくてはいけなかったはず。




「ね、願掛けして叶ったら、
ここに御礼参りすれば良かったんだよね?」




そう彼に言うと・・笑いながら言われた。




「え?何かを祈願してみたいの?」




「そうなのよ、内緒だけど今は」




どんな戯言なのかといった笑い顔だったけれど、
二人で仲良く参拝して、
役目のようなものを果たした感じがしたという。





・・それから、期待はあったけれど、
もちろん
帰宅したのちにすぐに妊娠した訳では無かった。




何ヶ月かが過ぎて、
マンションを購入したために、共働きに戻っていたし、
その忙しさに時間だけがイタズラに過ぎて行く感じに。


彼女は旅行先のや夢枕に
誰かが立ったことも忘れようとしていた。





が、ある日予兆はやって来た ー


きちんと生理がやって来ていたのに、
二週間経っても無かった。



Mさんは疲れとかストレスで、
ただ遅れているだけだと思っていたのだけど、
検査薬を試しに買ってみて試したら、



『陽性』 の反応が・・・



え、ウソ、まさか・・。




それから、仕事の途中に、
掛かりつけのクリニックへ行ってみたのだった。




「おめでとうございます、
二ヶ月目に入っていますね」




「えー!本当でしょうか?」




たまたまなのだろうか、
やはりあの夢うつつの出来事は。
Mさんには意味があったのだと、
のちにお聞きした時に感じたのですが。




ワタシが仕事柄とか、
ブログの記事のために書いている訳ではありません。




( ̄ー ̄)ただ・・

一生懸命に前向きに生きている人には、
時として神様が
気まぐれのようにご褒美を下さることがある。



気まぐれなので、
ごくたま~に、だったりもするけれども。




彼女は喜んだ。
彼をいたずらに傷つけなくても済みそうだし、
(まだ、安定期にも入っていないため
確実ではなかったけれど)


あちらの同じように優しい義理のお母さんにも、
上手く赤ちゃんが育ってくれれば、
ようやく孫を見せることができるだろうし。




・・この出来事は今年ではないけれど・・・



その後、彼女が来てくれた時には、
数ヶ月経過していて、
順調に育まれていた時だった・・。




そのお話の詳細をお聞きし、
何年かお子さんができなかったことも、
とても悩んでいたのも知っていたもので、
ワタシの方も嬉しかったくらいで。



昔、叔母が長く子どもができなくて、
とても悩んでいた事も思い出された・・。





結婚をして仲良く暮らしていたとしても、
身体的な部分では、
子どもに恵まれない方だってたくさんいらっしゃる。




だからある日突然、
見知らぬにある神社へ参拝すれば良いなどと、
そんなことを言いたい訳では無いけれど・・



大変な思いをされていらっしゃる皆さんも、
何かの縁でも、
気まぐれなご褒美であっても、
いつかあなたを選んで来る子がいるかもしれないです。




もし・・・



お子さんに恵まれ無くても、
それは今いる家族と共にあることが、
幸せなのだと感じる方が良いのかもしれないです。




周囲の人が余計なことを言っても、
あなたとパートナーが良ければ、
それはそれで仲良く幸せなのだと感じますが。




・・その後、Mさんは旦那さんと、
あの湖の近くの神社へ御礼参りへ行った。




「ありがとうございます
まだ出産前ですが、
産まれた子は愛情をもって育てていきます」




d( ̄  ̄)赤ちゃんが産まれても、
こんな世の中だから、
親もお子さんも大変だとも思うのですが。



反対にこの世に生を受けたなら、
前を向きながら生きて欲しいものです・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート神様はとても気紛れ・・
↓おおかたは試練しか与えなかったり




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 24kuma022pb03_20180410215601950.jpg


(^ー^)今日も明日も皆さんによい日でありますよう。

願いは他力本願だけでなく努力も必要です☆



別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
<<元カレが自分の友だちだった女性と結婚してしまった | すみませんワタシは占い師 | 公表していないのにブログを見つける人☆守護霊が守る皆さん>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |