FC2ブログ
ペットロス☆大切な家族が亡くなる時に・・・
2018-06-28 Thu 00:44
018-mycat01.jpg




家族として暮らしている方が多く、
ペットという呼称は、
ワタシは個的には好きでは無いけれど。


でも、分かりやすいため、
そういう書き方にいたします・・。

・・




昨年、暮らしていた猫、
暮し + その子だった犬、
慣れていた肩にのるインコ ・・


何年か、
または何年も一緒だった彼らと、
泣く泣く死に別れしたお客様がいらした。




その中のお客様から先日、メールが着信した。


何でもようやく、
ダウンした状態から浮上をしたそうだった。




皆さんが一様に同じだとは、
もちろん、言えないけれど、

ダウンした精神的な状態は、
多くの方は【ペットロス】という。




やるせない気持ち、
行き場のない精神状態に、
陥いる場合がほとんどだったりする。




これが厄介な症状で、
差があるのと、
なかなか元に戻りにくかったりもする。




何度か書いていますが ー


毎日、頭の上にのせていた文鳥が死んだ時。



ワタシは酷いペットロスになり、
治っていて仕事もしていたけれど、
うつ病もぶり返してしまった・・。




いつも頭上に飛んで来て、
一緒に暮らしていた存在だったし、
色々あって、
ようやく間らしい生活に戻れたのも、
いわばその子からの
バードセラピー効果があったから立ち直れたので。




生きがいとパートナーのような存在の死 ー



よく慣れていた鳥が動かなくなり、
冷たく変わり果て、
いつも卵一個分くらいの重さがだった
頭の上がやたらと軽い・・。



温かい体温が無い、
あちこち飛んで、
最高にはワタシの肩や頭上に来る、
小さな羽の音もなくなった・・。




それはメンタル的に、
壁にぶち当たったようなかつて無い気持ちだった。



うつ病と同じのようなものだから、
食欲も無くどうにか元に戻るまでに、
一年以上はかかってしまった・・。




ペットは間のように裏切ることのない、
無償のぬくもりと愛情を与えてくれる。




大切な家族を亡くされた中にも、
かなりのペットロスになってしまった方がいて、
一度ウチに来て下さった時 ー



以前にも記事にした事もあったけれど、
ペットへの心の悩みに、
温かい対応をして下さるメンタルクリニックと、
そちらへかかり始めのために、
吉方位で通院する事をお勧めしたことがあった。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 02kumab02_201806091848151f7.jpg



ハート彼らと会話ができたなら
↓どこが痛いとか病気も分かるかも・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと続きを読んでみたい方はどうぞ・・・☆



018-mycat02.jpg




ペットロスというのは ー


根本的には精神的な病では無いため、
理解のあるクリニックではない限り、
失礼ながら、
分からないままにやたら薬を出されたりする場合も。




なのでこうした場合への対処を、
自らも経験がおありな医師の方が、
当たり前のようだけれど、
無難な対応をしてくれたりもする。




(T^T)その方も・・

医師にはきちんと説明を受けたようだった。




「ペットロスは特別な病気ではないです」




始め、え?と思ったそうだった。


でも次にこんな言葉をかけてくれたそうだ。




「でも、僕も猫が大好きで飼っていて、
死んだ時にはあなたと同じでした
悲しくて悲しくて、
でも生き返ってなんて来ないし・・」




お客様の猫 ー


彼女は十数年、
いつも身の回りに居てくれたそうだった。



けれど、何時か何処かへ、
身を隠すように行ってしまったのだそうだった。




最近、朝に目覚めが良くないようだった。
そんなことを思い出したのは、
居なくなった後からだったという・・。




猫は亡くなる際に、
自分の姿を見せなくなり、
何処かへいなくなってしまったりすることがある。




そのお客様、Sさんは、
愛猫が姿を見せなくなってから、
死にものぐるいで探したという。




家族と一緒に、

自分でも歩いたり、


車でもあちこち行ってみたり、
特徴を書いた貼り紙も近所に貼ってみた。




でも、見つかることはなく、
お祖母ちゃんのひと言で、
一気にロス症状が加速したらしかった。




「Sちゃん、
利口なネコは飼い主に姿を見せたくなくて
静かにいなくなったりするらしいよ」

・・




「ペットロスは病気では無いけれど、
辛いものですよね、分かります

軽い睡眠誘導剤をお出ししますので、
眠れない時に服用してみてください」




クリニックの医師の言葉で、
Sさんはようやく心が落ち着いたという。




ペットは間のように、
裏切ることのない、
無償のぬくもりと愛情を与えてくれる。




疲れた時に癒されたり、
手こずるから反対に、
自分の子どものように可愛さを感じたり。



だから私たちは、
彼らや彼女のたちへも、
愛情が変わらなかったりするのだと思う。




そうした存在が、
ある日突然に亡くなったり、
いなくなったりすることは、
依存もしていた私たちにショックと、
大きな喪失感も与えてしまう・・。




自分で消化出来るなら、
それに越したことは無いけれど ー



ワタシのように、
完璧にうつ病になってしまうと、
なかなか自力では元に戻らなかったりします。




メンタルクリニックへ行けば、
何でも解決する訳では無いけれど。


こうした普通では無い精神状態の際に、
動物だとか、ペットだからと、
一種、馬鹿にしないで、
ペットロスという心のダウンに対して、
真摯に向き合ってくれるクリニックや、
医師が居てくれるのは、
とてもありがたかったりします。




近くに知り合いも友もいなくても、
今は検索やSNSなどで、
必要な情報を得ることができる時代。




新しい子を飼えば、
治るという方もいらっしゃるけれど、
そんなに代わりなんて、
見つかったりはしないもの・・。




皆さんも ー


縁起でもないかもしれませんが、
有事の際には、
必要な情報はある程度、知っている方が、
ためにはなると感じ書いてみた次第です。



幸せな環境で、
家族に愛されているペットは、
本当によい顔つきだったりする・・。




そんな存在のためにも、
必要と感じる事は、

飼い主さんとしても、
家族の一員としてもあるべきだとも思います。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート天国へ行けたら
↓あの鳥に会えるかな・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kaisetu010_20180628003909f12.jpg


(××)ξどうもPCの限界が・・・

更新できるまで頑張りますが。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:4 | top↑
<<夏に自己解放するか 仕事型を貫くか☆7月の運気 | すみませんワタシは占い師 | 隠れファザコンの彼女 惚れっぽい自分を忘れていた>>
こんばんは!
動物と言えど、一緒に過ごすと本当に家族ですね!

ねこにゃーやこにゃんが死んだ時は本気で泣きました。

そろそろミーチャンが心配です。
でも25年も生きているので、人間で言えば100歳だからいつ死んでもおかしくない年齢なので・・・。

最近は仕事から帰るとちび猫と遊ぶので更新サボリ気味です。(笑)
2018-06-28 Thu 22:24 | URL | おもちゃのひろくん #-[ 内容変更] | top↑
- My dear おもちゃのひろくん - 
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます。
ひろくんはにゃんこと一緒の暮らしが長いですよね(^^ゞ


ねこにゃーはずっと前にネコヴィさんの猫画像と拝借して、
楽しい記事にさせて頂いたことがありましたっけ・・。

よく慣れていて、慣れているだけじゃなくお利口な子でしたよね。
みーちゃんももっと長く居られるとよいですね☆


昨日、ブログへ行ってみたのですが、
地震はあったし、それでたぶん
PTSD的になっていらっしゃるかもしれませんので。

疲れや暑さで気がDOWNしている時には
ゆっくり何もしないことも大事です。
ぼちぼち気が向いた時にでも更新はよいと思います♪ヽ(´▽`)/




2018-06-29 Fri 21:30 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
25年ってマジっすか?
mechaさん、おはど~☆先日はメッセ、ありが!激嬉しす☆って言うか、25年も生きてるねこ様がいるってマジ?おどろいたぴょん!
2018-06-30 Sat 07:30 | URL | 三毛猫 #YjTMmlic[ 内容変更] | top↑
- My dear 三毛猫さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆ご無事で良かったですね。
そちら辺りも大変だったのではないですか・・?

え、25年って書いてありますか?
(自信がないです)
でも猫はかなり長生きしやすい動物だと思いますが・・。

2018-07-01 Sun 00:28 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |