FC2ブログ
前世が自覚できる人は今生でのリスクに注意
2018-10-15 Mon 00:11
 018-nowlife01.jpg



よくいらっしゃる方で、
印象がよいとあるお客様にお会いした。



わたよりもお若いけれど、
いつも笑い顔に温かさがあり、
お話をしていても気遣いも心地良い。




メールで連絡を頂き、
文面はいつもの感じだったけれど ー



待ち合わせの喫茶店にいらした際に、
感じが違っていたのでちょっと驚いた。
彼女の表情が覇気が無く、
とても疲れている様子だったから・・。




思わず・・

「Lさん、お仕事などでお疲れでしょうか?」

などと聞いてしまったのだけど。



「やっぱり分かりますか、
友達にも言われました、疲れた顔してるって」




それから ・・

疲れの原因になったと思われる、
久しく会っていなかった時期に、
Lさんの身に起きたことを色々とお聞きした。




会社で新入社員を入れたそうだけれど、
その女の子は二十歳そこそこにも関わらず、
きちんと挨拶もでき、
人との距離感を保つのも上手かった。




。。



昼休みに同じ場所で、
たまたまランチを感じ食べた時に、

その子(Aさんとする)の家の事情や、
生い立ちなどを聞いていたら、
たぶん、近くに親身になって、
聞いてくれる人があまりいなかったようで、
とても嬉しそうだったようで・・。




それから昼休みのシフトを、
Lさんとほとんど同じにした感じで、
人の事を聞いたりするのが、
決して嫌ではなかったため、
続けて聞いていたそうだった。




その後、会社帰りに飲んだり、
一緒に食事したりする回数が増えた。



愚痴だけを聞いていた訳では無いけれど、
色々と依存されているのが分かると、
どっと疲れが出てしまったそうだ。




「・・なるほど、
まるでお母さん代わりのようですね」




「そんな
おこがましいことでは無いかもしれませんが
彼女、確かに、
小さい頃にお母さんを亡くされていたから」




ワタシはこの時に、
彼女が以前、距離を置いた女性で、
似たような感じで、
どっと依存された友達の話を思い出した。




昔の親友だとかで、
その方の最愛のお父さんが亡くなった時 ー



取るものもとりあえず、
わざわざ遠くの町まで向かったのに、
行ったまでは良かったけれど・・


反対に、
どう考えてもあちらが甘え出し、
終いには酷い言葉まで投げかけられ、
とても嫌な思いで帰って来たことを。




018-nowlife02.jpg




ふと、メモを取る彼女を見ると、
古い時代のヨーロッパの修道女が感じられた。




ワタシは人の前世は分からないし、
たまにしか感じることもないけれど、
はっきりと何代か前がある事が分かった・・。




人に対して断るのが上手くはないとしても、
だったら何人かの人が、
彼女をやたらと頼りにしたり、
それが過剰なのも理解が出来た。




「それは実は、
自分でも感じたことがあります
もしかしてそういう過去があったのではとか」




「では、今は現代の人間だから、
過去世を意識しないで、
今生でLさんが、
自分に良い生き方をすればと思います


もう少し犠牲的な精神でよりも、
人との距離感を持たないと
ひたすら疲れてしまいますよ」




「そうですよね・・
何だかそういうことを引きずっていた気がします」





( ̄ー ̄)ここでアドバイスを


過去世で例えば女性なら尼僧や修道女、
男性なら僧侶や修道士など、

または、宮司や神職などの、
人に施しをするような仕事にあった人は、
過去世での因縁がマイナスに出てしまう場合がある。




そうした昔があったのは、
現世ではなかなか分かりにくいけれど、
もし、わずかに記憶が残っているなら、
昔の仕事や立場に惑わされないこと。




頼られた事が苦手でも嫌でも、
何故か断れずに引き受けてしまうとか、

意識していても人を甘やかしてしまったり、
要らぬお節介をしてしまうなど、


意識的でも無意識でも、
その結果がマイナスになってしまう人は、
反対に自分が招いている結果とも言える。




Lさんのように、
自分で過去世の記憶があり、
その呵責のようなもので人に施しをするなら、
なお、直して行く方が無難だと感じる。




希望したボランティアでは無い限り、
不本意で必要のない人に
世話をし過ぎて自滅するのは、
やはりどこか違うのだと思います。




やれないことはきちんと断る、
出来ないことを最初から引き受け無い。


ある程度の区切りをつけないと、
実は相手のためにもなっていないのだと思う。

・・



彼女は区切り方をちゃんとして、
出来ない事を安請け合いするのを、
以降、気をつけるようにしたいと、
何度かの出来事で痛感したようだった。




確かに世知辛い世の中だけれど ー


自分の最小限のテリトリーや、
大切なプライベートに踏み入る人は、
気をつけるべきだと感じる・・。




これは前世が分かる、分からないに関わらず -


良い人と、

都合の良い人とは、

かなり意味が違うものだと思います・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート趣旨が一部、曖昧になっていますが
↓言いたいことは自分を大事にということ




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 08cb002_20181014225819a15.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

考えて書いておりますが一部でもご参考に。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
<<視点を変えて解放する言葉「誰もあなたを気にしていない」 | すみませんワタシは占い師 | 男性は 年齢に関係なく やはり男性>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |