FC2ブログ
女性が寂しくなる時☆子どもや孫の成長
2019-06-27 Thu 23:04
019-nono01.jpg



ある日のこと・・

カフェの仕事の時だった・・。



久しぶりにいらした方で、
普段はあまり、
感情を出さない女性が突然に涙目に。



「誰にも言えないから、
〇さんに連絡してみたんだけれど」



「込み入ったお話でしょうか?
ご家族のどなたかに何かあったとか」




当たり前のようだけれど、
こういう時にはあちらのお話を聞いてみて、
何故、感情的ではないのに、
そうなったのかを考えてから、
こちらからのアドバイスをするようにしている。




(T ^ T)特に・・

具体的な会話と、
理路整然とした解決方法を望む男性とは違い、


自分もだけれど多くの女性は、
会話をして吐き出し、
例え取り留めのない話であっても、
その人には大切だったりもし、
原因やアドバイスのヒントも隠されているから。




「・・私、身辺を整理して、
死んでもいいようにしておかないと思って」



「マチコさん、
(知り合いなのでイニシャルより仮名で)
何だか明日にでも何かありそうな、
後ろ向きなお話は早いと思いますよ」




それは聞けば、
まあ、なるほどとは感じるような事だった。



彼女が言った話を一部かいつまんで伝えれば ー


マチコさんは、
二人の娘さんを嫁がせた・・。



。。


何年か前にガンで旦那さまを亡くされ、
しばらくは一人暮らしだったけれど。



親戚で信頼ある方から、
あちらも奥さまを亡くされた男性で、
身元がきちんとした人を紹介された。



既にお互いに還暦を過ぎた男女だったし、
特に嫌な所も見あたらなかったから、
そのまま普通に再婚をした・・。



それからは
その男性が優しい人だったから、
嫁いだ娘さんがどもを連れて来たり・・

(その男性側にどもがいなかったから、
マチコさんの娘さんを介してが出来た)


彼女の家族がそのまま、
新しいお父さんとなった人にも、
楽しさを与えてくれていたようだった。




月日は意外と加速して過ぎ去るもの ー


二人の娘さんのたちも、
幼稚園、小学校、中学校と成長をすると、

当然のようだけれど、
小さい頃とは違い、
お誕生日を祝ったり、
日曜や祝日に遊びに来たりする時間が減って来る。



納得して結婚した熟年カップルも、
月日が流れれば、
自ずと倦怠して来るのも普通だったり。




マチコさんをある程度、
昔から知っていたワタシは・・


時に彼女が極端な考え方や、
ちょっと
ファンタスティックな行動に走るのを知っていて、
そんな時にたまにワタシに連絡が来るため、
もしかしたら、
今回も暇や時間を持て余しているから、
厭世的な考えで自分を追い込んでいるのだと感じた。




「私なんか生きてる価値がない」



お話している中で、
二度もそんな言葉が出て来たか、
やはり夫婦とはいえ居場所とか、
先がどうとか、
悪い方のマチコさんが出ているのだと思った。

・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06bana02_201906272234411b1.jpg


ハート生きていると色々ありますね
↓楽しい感覚にも個人差が・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・☆



019-nono02.jpg



「生きている価値なんて、
そんなことばかり考えなくていいですよ
この世に生きているのは無意味じゃないです」




・・ふと・・・



最近、育てが一段落した、
年の離れた友達のメール内容を思い出した。




「今月は弟の方も修学旅行で
でも、手がかからなくなるのは
喜ばしいのかもしれませんが
親としては寂しいものがあります」




その友達には男のが年でいて、
(一年だけ離れたども)

何でも割と
小さい頃から出来ちゃう女のとは違い、
男のだから手がかかっていたし、
体は小学校の中学年くらいまでは弱く、
とにかく、
お母さんとしては様々なことで苦労をしてしまう。



反対にそれだけに愛情もひとしおで、

手がかかる=手をかけて育て上げた

・・という
ある種の依存性が出てしまうのだとも思う。




なるほど、
きっと目の前のマチコさんも、
娘とたちが来てくれていたから、
楽しい時間も過ごせて・・


長く付き合っていた訳でもなかった
男性とも暮らせていたのかもしれない。




一気に高校生になってしまうと、
行事やイベントも減って来て、
娘さんたちもたまにしか来なくなる。



そんなことがつのり募って、
一人だけとか、
闇雲に寂しさが彼女をおそっていたのかなと。




そのような話をすると、
マチコさんは次第に落ち着いて来たようで、




「・・なるほどそうよね、
子どもたちもたちにも、
違う生活がある訳よね・・」




「結婚も出産もしていない
ワタシが言うのもとは思いますが
反対に冷静な気持ちで見る事は出来ます」




彼女の待ち受けには、
さんと思われる可愛い男の子が見え、
聞いてみたら嬉しそうに言っていた ー




「これは一年前に撮ってくれて、
待ち受けにしてくれたのよ」




「十分に幸せそうじゃありませんか」



「そうなのかしら・・・」




「普通に幸せだと思いますよ
ただ、大人に近づくにつれて、
ワタシたちもですが、
反対に難しい事や面倒な事も増えて来ますし


高校生になったら、
進学するなら
毎日、更に塾の時間も増えるでしょうし、
クラブにしたって
スポーツなどなら大変だと思います・・」


・・



それから ー


マチコさんはコーヒーをもう一杯飲み、
長い時間、会話をして行かれた。



誰もが同じでは無いけれど、
その時々で人は置かれている状況や、
関わる人たちも違って来る・・。




それが学校の友達でも、

家族だとしても、

大切なパートナーであっても。


進学や就職、
転職や退職などのリタイアでも ー



自分一人だけでは無いし、
同居していても、
成長すりにつれ、

それぞれが活躍する場所も違うし、
自分が守って来た子どもからも、
いつしかはなれてしまったり・・。




寂しいでしょうし空しくもあるでしょう・・。



・・でも、それは・・・



子やが確実に学び、歩み、
世の中に適応をし、
皆さんと同じような大人になる訳です。




マチコさんは極端に
0か100かに考えてしまったけれど、

人が成長する過程は、
そう割り切れるものでは無かったりします。



こうした時には、
敢えて好きな趣味や時間を作り、
これからやってみたい事などにすり替えるのもベター。




女性が寂しくなる時 ー


色々とあるけれど、
先ずは0でも100でも無いこと、
プロセスという部分も大切だと考えること。




今は回避するとか、
前向きに検討出来ることもある世の中。



解決策を見出すのも、
しみじみ楽しさと考えてみてはと感じました。

・・




すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート煩わしい事も幸せだったり
↓尺度はひとそれぞれですが




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kaisetu010_2019062722492066d.jpg


(^ー^)ある程度の年齢じゃないと、
分からない部分もありますが・・。

将来の自分、
男性なら奥さんを思ってみて下さい。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<持ち越した課題を全うするか新規チャレンジをするか☆7月の運気   | すみませんワタシは占い師 | 家と土地・・その場所に呼ばれてしまう人>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |