FC2ブログ
お盆に来る御霊と天界の門番のジャッジ
2019-08-13 Tue 22:59
019-obon01.jpg



毎年、お盆になると、
お客様から色々とご質問を受ける。



「〇さん、
お父さんは霊になって戻って来ますか?」



昨年から~今年にかけて亡くなられた、
ご家族に取っての「新盆」になる訳ですが。




普通にご病気で亡くなられたとか、
天命を全うされたなら、

ほとんどの故人は、
霊道である仏壇などや、
そのままでもあちらから来てくれるようです。




それこそ霊能者の皆さんや、
各種 鑑定師の方での違いは、
どうしてもあると思いますが・・


自宅へお父さん、お母さんや、
お祖父さん、お祖母さんを、
ナビしていらっしゃる皆さんから学んだ事を。




ワタシのこれまでの体験などで言うと、
とある毎月、来て下さるお客様は、
その方自身が霊感が強く ー



亡くなった旦那様は、
もう15年にもなるのに、
毎月、こちらにおりて来てくれている。




旦那さんいわく ー


「四十九日がどうとか言われているけど、
大体は一年、
つまり一周忌くらいまでは
あちらとこちらを簡単に行き来できます」



もう一つ、かなり印象的だったのが・・



天国、というか天界には門があって
皆ん並んでいたりして、
その門番のような人に下界での所業で、
直ぐに入れるか、
そうでは無い人もいるから恐いかもしれないね」




悪行の限りをつくすと、
恐らくは天界の門の門番によって、
振り分けられてしまうようです。




( ̄▽ ̄;)これで・・


すぐに思い当たるのが、
ウチの父親の下界での所業。


何度か書いておりますが、
あまりに分かりやすい出来事だったので。




15年前に天命を全うし、
いざ天界の門のジャッジを受けた時に ー




「〇〇(父の名)、
あなたは罪もない野鳥たちを、
小さいカゴに閉じ込め、
五十年もの間、鳥たちに酷い事をして来ましたね
この場で反省や何か弁明はありますか?」



たぶん父は、
それが悪い事だと思っていなかったらしく、
きっと無自覚的アホだから、




「え?別にありません」



とかナントカ、
反省や謝罪などを言わなかったらしい。




「そうですか、
では門を通過することは出来ません
一年間、下界で反省をして来なさい」




「えーー!」




そんなこんなで、
一年の間、この世に落とされた父は、
本当に一年間、見えない存在のままで、
現世を右往左往していたらしい・・。




これは前に書いたけれど・・・


しかも、一年の猶予中、
特に春彼岸が終わり、
4月の清明の一日前までにあちらへ行かないと、
また一年、
更に一年とペナルティがある事を知った。




父も分かったと思う、
あんな小さい監獄みたいな所に閉じ込め、
自然にある実や虫を食べさせるのではなく、
勝手に人間がブレンドした、
ハッキリ言って、
くそ不味い餌を無理強いしたのが五十年。




あんなたくさんの野鳥たちをアミで捕獲し、
暗く小さな場所に閉じ込め、
春まで閉じ込めたままにしておくなんて。


それが全て、
春の鳴き声を勝手に楽しむエゴのためだけなんて。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06ba01_20190813223358a11.jpg


ハート生きていても、この世にいなくても
↓色々あるよ、どっちへ行っても・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




 019-obon02.jpg



さてはて・・


滅多に購入する事はない、
興味の無かったクマのプーさんのぬいぐるみを、
何故かフラフラとストアで買ったことから、
更に不思議な出来事が清明の前に起きてしまう。




今ではクマちゃんは、
無くてはならないウチのメンバーだけど ー


忘れもしないあの日、
クマちゃんから父のダミ声が聞こえたのだった。




「天界の門に入れない、


鳥ばかり捕まえてたからって




父は泣いていたけれど・・・



いくら皆んなで捕獲はやめたらと叱り、

恩師からも、
絶対に自然の鳥は飼ってはいけない、

小さい甥っ子に障りが出ると言っても、
聞く耳を持たないオヤジが悪い。



そーーりゃ、
申し訳ないけど当たり前だと思った。




「天界の門で土下座をして、
鳥に酷いことをした反省をしなさい!」




・・その時、近所で亡くなられた、
知り合いのオバサンの声が
ついでにクマちゃんに憑依したようで、
その声も聞こえたのだけど。




オバサンのお宅は、
確かオバサン以外には
旦那さんと息子さんたちだけで、
きっと男所帯を心配したのだと思う。



だけれど、
そこのオジサンは家事が上手く、
むろん、亡くなられた寂しさはあっても、
たぶん困ってもいなそうだったから、




「オバサン、三人も家族がいたら、
どーにかなるから大丈夫だよ」




父には反省を込めた謝罪を、

オバサンには大丈夫と伝えて、

二人にそれぞれ言ってみたら居なくなった。




うー、でも毎年、
クマちゃんから変な声が聞こえて来たら嫌だな、
などと思っていたら、
どうやら二人ともあちらに上がれたようで、
違う人の声も次の年には聞こえては来なかった。





・・さてはて・・・



そんなこんなで、
この世に未練を残してしまった、とか、

父のように現世での所業が悪かった人は、
違う意味で
あちらからのペナルティがあるようだけど。




普通に人として道を外していないなら、
お客様の旦那様のように天界の門を通過し、


そして一年くらいの間は、
行き来が楽に出来るなら、
皆さんのご家族だった方たちも、
きっとお盆には仏壇や他、
霊道となっている所から来ていると思います。




自死とか道ならぬ悪行を人にした、
詐欺や騙しなどで
普通の人や高齢者を散々、苦しめたなら、

それはたぶん、
天界の門の門番からジャッジが下されると思いますが。




つい最近亡くなられたなら、
皆さんが普通に生きていたら、


瞬間移動は簡単らしいので、
皆さんがことさら希望をするなら、
御霊は皆さんの元にいらっしゃるのではと。





お盆は旧盆なら13日の迎え火から、
16日の月遅れ送り火の日までが一般的ですが、

既に7月に終えている地域もあり、
日本の地域でも違いがあります。




今の月遅れお盆の際に、
その間、行くことが出来るなら、
皆さんで墓参をし ・・



出来ないような場所とか、
家に介護を必要な方がいらっしゃるなどで、
なかなか遠いお寺まで向かえな方は、

自宅でも、
そのお墓があるお寺の場所の方角へ向き、
心から手をあわせて祈ってください☆




今日はお盆に因んで、
故人の御霊が割と帰って来てくれる話と、
天界に所縁の門と門番からのジャッジについて、
改めて書いてみました・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。





ハートあちらでもこちらでも・・
↓課題と試されることはたぶん同じ・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 05me03_20190721154042ec5.jpg


(゜▽゜*)読み飽きた方はすっ飛ばしてね。

こういうことも結構、あるというお話です。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
<<「ロバと墓参とQPと」・・ひさびさに☆散歩とスケッチ | すみませんワタシは占い師 | 夏の夜の怪談話 後編 「お屋敷の扉」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |