FC2ブログ
母がお盆休み中に骨折の顛末☆高齢者がいる人たちへ
2019-08-20 Tue 22:09
 IMG_2107.jpg



人の親の話というのも、
全く親御さんに関わりが無い方には、
感情移入出来ないかもしれませんが・・


まあ、お盆のさ中に起きたことは、
高齢の方を看ていらっしゃるなら、
ある程度は参考になるかもしれませんので。


・・



世の中というのは、
盆暮れ正月、という言葉に代表されるように、
大体は休日の方が殆どだったりする。




例えば ー

最近は医療機関なら、
産婦人科や小児科が圧倒的に少なくなっていて、
こんな時期にお子さんや、
もしくは妊婦さんなどに、
何かアクシデントがあったら大変です。



そしてそれは、

妊婦さんや、
小さいお子さんほどではないにしろ、
一般の人が手薄であろう医療機関へ行くのも、
これまた大変だと思います・・。





サービス業や接客業の方以外、
(業種に関係なく休む中)

ぶっちゃけ、
ほとんどの皆さんが休んでいる、
そんなリスキーな時期にそれは起こった。




忘れもしない14日の深夜 ー


さて、パソコンのチェックも終わったし、
シャワーでも、と思った矢先、



キャー、痛い痛い



部屋二つ離れている仏間から、
そのような声が聞こえて来た。



え゛・・・まさか、

お母さん、また何かあったのか!



と思って、仏間へ向かったら、
やはり母が額から血を流していて、
更に腕にも赤い腫れのようなもの、
青いアザのような箇所が幾つかあった。




(;_;)ううう・・・


14日、15日と言えば、
ふつーに休みでもあり、

恐らくは一般の病院という機関でも、
当番医や救命関連でなければ、
ヤバい病院へ搬送されるのがオチでは。



自分の中に ー


夜中、救急車、
見知らぬ病院で嫌な目に遭うなどという悪いワード、

かつて経験した実際の出来事や、
同じく高齢者を親に持つ、
お客様たちの話がぐるぐると頭を駆け巡った。




・・しかも・・・


時はお正月と似たり寄ったなお盆。



くどいようだけど、
ワタシは甥っ子が小さい時に、
お正月に盲腸炎になってしまい、
その時にも大変だった事も思い出した。




休日当番医がまたまた遠く、
でも正月のお屠蘇の酔いがさめた父親が
まだいた頃だったから、
父の車で当番医に行き、

医師の「盲腸だな、こりゃ」の一言で、
救急で大丈夫な市立病院へと行き直しをしたのだった。




皆さん、そうした方はみな同じで、
空いている大きな病院だと、
同じ場所だったりする訳ですね。



結果、
当たり前のように待つ時間がやたら長く、
医師はせっかくの休みのお正月に、
連絡が来て呼び出され
休みも返上しなくてはならない理不尽さでしょうし。




・・そんなこんなで、
腹膜炎にあと一歩のところで外科医到着。
甥っ子の手術は
どーにか始まったのでありましたが。




さて、母ですが頭には1センチくらいの傷。


中身の脳は素人には分からないけれど、
とりあえず水に濡らしたティッシュ何枚かで、
きっちり血を拭き取ったのち、
湿潤療法の絆創膏を貼っておいた。




青タンの出ていた腕は、
そこに保冷剤を幾つか添え木のようにして、
にわかギプスにして経過を見る事に。




次の日は15日 ー


腫れが悪くなっている気がする。



( ̄ロ ̄lll)やってないよ、なお医者各々。




仕方がなくまた保冷剤を二時間事に変えて、
様子を見ることにしたのだが・・。




が、しかし・・・


明けて翌16日 ー




クーラーがある部屋は、
ここ仙台だと全室では無い家が多く・・


ご多分にもれず、
ウチも仏間、お客様がいらっしゃる部屋と、
後は二階の8畳間くらいだから、
仏間を母の寝室に急ごしらえしているのだが。




そこに朝、起こしに行ったら、
医者や病院が大嫌いな彼女がウンウン唸っていて、
「痛いから病院へいく」と言うのでびっくり。
つまりかなり痛みがあり、
保冷剤とにわか作りのギプスでは限界があるらしかった。




それからがまた面倒で ー


母は血液の特殊なガンで、
それも二種類の病で今の市立病院にかかっている。



しかも、
4月に心不全、腎不全になってしまい、
違う病院で命拾いをしたばかりだ。




ψ(`∇´)ψうーん・・・

では救急搬送ではどうかと思い、
時間外でも受けていらっしゃるから、
一応、救急の方へ電話をしてみた。

・・





m(u_u)m こんな時モチベーションが上がりますので☆



 05me03_2019082021483122d.jpg

ハートあったことには対処が必要
↓命は0か100ではないもので・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




 image1.jpeg



丁寧な担当の看護師さんが出て、
救命の医師に連絡をしてくれ、


「救急の範囲では無いから
受付時間になったら、
外来でかかっている担当医の指示を」

~との事だった・・。




そうか、暑いから、
きっと熱中症で意識不明のじいちゃん、ばあちゃん、
夏休みもあいまってお子さんたちも怪我とか、
水遊びで溺れた方などなど、

一般の皆さんがたくさん搬送されるんだろうな、
などとは思ったけれど ・・



こちらもハードには変わらないので、
はい、そうですね、とは諦められない。




朝の8時過ぎくらい ー



外来で行っている血液関連の課に問い合わせをし、
主治医、と思ったらやはりお休みらしく、
担当の看護師さんが、
わざわざ違う医師に聞いてくれたのだった。




普通、居なかったら、
そこで終わったりするのに、
わざわざ他の医師にまで聞いてくれるなんて、
困り切ったワタシはちょっと感激だった。




「それで、今日も病院は稼働していますが、
かなり混んでいますから、

宜しかったら、
〇〇クリニック、〇〇整形外科なら、
〇さん宅からお近いのではと思いますが」




16日でもやっているクリニックを調べてくれた。
ちゃんとしてるなら何でもいい、
おかんを診てくれる医者ならば。




たまたま〇〇クリニックなら、
妹が知っていたようで、
それからタクシーを呼んで、
母を連れて行って来たけれど・・。




(´;ェ;`)疲れた、とも言っていられない。



ここで自分がうつ病が悪化したり、
母のように骨に異常があったなら、
誰が面倒をみるのだろうか・・



~と思い直す事にして、
問診に答えたら、
頭の傷が心配なら、
最初に休日当番医へ行かれては、
などと言われたが ・・



そのクリニックは、
色々な人から聞いていてかなり評判が悪く、
決めつけが酷いため、
滅多にトラブルを起こしたことが無い友人が、
初めて医者と喧嘩をして来たというところ。




「あの、丸一日経っているから、
失礼ですが大丈夫だと思います
何かあったら自己責任で考慮しますので」



「大丈夫でしょうか?」



「大丈夫です




要らない病気をまた一つ増やしたり、
いらん病院やクリニックなんて、
もうたくさんだったからだ・・。




・・さてはて・・・



インフォームド・コンセント、
レントゲン撮影ののち、
二時間半くらいかかって母の診察に。




素人目にも判るような、
肘の角の骨が小さく折れているようで。




「うーん、4月に心不全と腎不全で、
慢性的に血液性ガンですか
これは自分の治癒能力で治すしかないですね」




「え、でもすみませんが、
障りが無いくらいの痛み止めは無いでしょうか?」




「まあ、とんぷくくらいですが
それくらいなら出しておきましょう」




痛くて可哀想だから・・

他の薬に悪影響がなければ、
とんぷくでも何でもいいから出して下さいと。




が、その医師のテーピングは早く、
患部を的確にくるくると巻いて行く。




朝、6時台から、
病院への問い合わせなどで、
10時過ぎにクリニックへ行ったけれど、

それから二時間半ののち、
帰宅したのは午後1時過ぎくらいだったが。




(T^T) ここで高齢者を持つ皆さんへ。


まず、
皆さんの親御さんや姑さんなど、
身近にあなたが必ず看ている方がいるなら。


とりあえず、
今は健康なうちに入る場合には、
高齢者向けの筋トレや、
高齢者向けのジムに行かせて、
基本的な筋力をつけておくと良い。




何故なら、
母はそこそこ健康な時にも、
姑仕えで疲れているのは百も承知だけど、
毎日、地味に歩こうとか、
動いて今ある筋肉を使わなかったため、


こうした際にやたら弱く、
整形外科の中をちょっと歩いただけでも、
次の日には筋肉痛になってしまった。



近年の大病などで、
病院では必ずワタシや妹が車椅子を借り、
それに乗っていたのもあり、
足腰の衰えが著しい訳ですね。




仕方がないとはいえ、
だったら施設などに入っても良いのか、
というのも嫌で、可哀想になってしまう。




少しだけ足を動かしたり、
ちょっとだけ手足の上げ下げをするような、
自宅で出来る運動もあるので、
そこから始められてみては。



ただし、
皆さんがついていないと危ないため、
高齢者向けのジムに送り迎え可能とか、
ちょっとした運動ならば、
大変だけれど付いていてあげてにして下さい。




それこそ、盆暮れ正月など、
意外なトラブルや怪我があるかもしれないため、
信頼ができる一般医を常に調べておくのも、
やたら慌てない対策になります。




母のように大病を患った、
今、通院も大変であっても、
外科的な事はまた別に起きるもの。



有事に備えて、
調べておく、聞いておく、かかりつけ医を決め、
そちらから紹介状を書いてもらうなど、
病院や一般医の事はきちんとしておくのが得策でしょう。


・・




ふう、しかしやはり疲れた・・・



最近、老老介護という事と、
自分自身が明らかに歳を食って行く中、


親御さんだけてはなく、
自分が相談出来るような機関、
愚痴を話せるようなちゃんとした存在や友達など、
同じ話題を共有出来る人を見つけておくのも、
お互いにブラスになると思います。




介護うつ、などもあるため、
信頼が出来る心療内科も見つけておきましょう。




しかし、
今月の南側は吉方位だったのが、
本当に不幸中の幸いでもありましたが・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・アクシデントは続かないで欲しいとも・・・

。。






ハートまあ、これまでお世話になった恩返し
↓それだけにでもなればと考える・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 
 IMG_2085.jpg


(゜▽゜*)いろいろありますよね、今生では。

対応はよく考えて、

介護される側のメンタルも大事かな。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<色々あるけど・・ちょっと楽しく生きる方が生きやすい | すみませんワタシは占い師 | 「ロバと墓参とQPと」・・ひさびさに☆散歩とスケッチ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |