FC2ブログ
千住真理子さんの苦悩に学ぶ☆ストラディバリウスとの縁
2019-11-25 Mon 22:10
 019-senjyu01.jpg



今、楽しく見ているドラマに、
『G線上のあなたとわたし』があり ー


とある場所で、
バイオリニストの演奏を聴いた、
それぞれ年齢も立場も違う三人の人たちが、
同じバイオリン教室に通いながら、
お互いが持つ状況や悩みを理解し、
そして繋がり合って行くという ・・



コメディでありながら、
人って幸せそうでも、
そこには各々のストーリーが秘められており、
普通に存在する人々だから感情移入もしやすい。




だけれど、決して簡単では無いバイオリン ー



ビギナーの音はすぐに分かってしまう、
なかなかに手強い楽器でもあり、
努力だけでは困難になって行くだろうと、
ワタシですらも予想が出来る。




丁度、そんな時に ・・


最近見たトークバラエティで、
ゲストの方があまりに印象的な回があった。




ワタシは土曜日朝の『サワコの朝』で、
阿川佐和子さんが、
品よく軽妙な司会をされるのが好きで、
見るのを忘れてしまう時もあるけれど、
大体はオンエア時間にタイマーをセットしている。




前から気になっていたバイオリニストで、
千住真理子さんがゲストとして出演していた。



阿川さんとは、
慶應義塾大学ので同窓生だそうで、
(頭脳もよいのね)
先ずビックリしたのは音楽大学ではなかったことに。



が、しかし、
偏差値が高い一般の大学だし、
既にバイオリニストの仕事をしていらっしゃるため、
だからゆえの悩みも尽きなくて ・・


音楽と共に、
普通に単位を取らなくてはいけない大学では、
世間のシビアなバッシングに遭ってしまったりして、
どちらも両立させること自体が、
大変にハードだと言ってらした・・。




こちらが立てば、

あちらは立たず ・・・



彼女がした決断は ー


学業のため、
二年間、バイオリンの活動を休止するという事だった。




これもまた、
違う意味で大変だったのではと思います。
膨大な練習量でもある楽器の練習を続けていないと、
以前のようには弾けなくなったりするそうで。




で、やはり、
単位を取ったのちにバイオリンを弾いてみても、
既に二年間のブランクが洗いがたく、
音色からして違うのだそうΣ( ̄□ ̄ ・・。




そう言えば、
ピアノを生業にしている知人も、
プロなら常に普通のレベルに弾けて当たり前。



その上を求められる上に、
日々、レッスンを続けないと、
本当に簡単に感覚を戻すのが難しいと。




・・日々、練習、練習、また練習!・・・



なのですね、
音楽も、スポーツなどもだし、
どのプロフェッショナルもその辺は同じなのだと感じたりして。




さて・・


それからが天才と言われていた、
彼女の本当の苦悩の始まりだったと言います。




以前の感覚が戻らないまま弾いたバイオリンを、
とある方がたいそう気に入ってくれ、
感動して下さった事から、
彼女はは自分を必要とする皆さんへ、
少しずつ演奏会を増やして行くのだけれど。




打ち合わせや、
リハーサルまでは良かった、
舞台の壇上にあがる前は気持ちは普通で、
しかもきちんと弾けていたはずなのに。



ステージに立つと、
瞬間に手が、指が動かなくなるという。




「かつての天才バイオリン少女も、
20歳をすぎればただの人」


などなど、酷評が巷にあふれ出したー




普通以上に難なく出来ていたことが、
ある日を境に出来なくなる・・



これは恐怖以外の何者でも無いでしょう。



当たり前以上だった演奏が、
普通以下になってしまい前の弾く感覚が戻らない。



失礼ながら、
ワタシは某国営放送でオンエアしていた、
人気アニメ『ピアノの森』を見ていて。
これがよく出来たアニメでもあった・・。




彼女のように天才などと評価が高く、
およそ非凡な才能がある皆さんて、
コンディションとか、
その日のメンタル、日の精神状況 ・・


更には過去のトラウマが蘇ったり、
本当に面倒くさいのだろうなぁ、なんて思っていたもので。




・・でも、数年を経たくらい(長い!



彼女に試練を与えていた神様が、
ある日、とうとう気紛れに微笑んだ。




「その感覚」は唐突にやって来たのだそうだ。




今日も前の私では無いのかしら、
などと思いながらステージに立ち、
そして演奏を始めた時 ー

とある感覚がどっと手や指に戻ったという。




これだわ、この感覚!」


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 06k03_20191125215913008.jpg


ハート自分との闘いとは言っても
↓常に闘っているのもハード・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



興味のある方だけ続きをどうぞ・・・☆




019-senjyu02.jpg



「じわじわとか言うものじゃないんですね?」



阿川さんが聞くと、




「いえ、瞬間です、
瞬間でこれだわ、
という以前の感覚が手に戻った訳です」




いわば瞬間に天才と言われていた、
そんな豊かにして、
誰もが認めざるを得ない超絶技巧が舞い戻ったそうだ。




(;_;)でもねー ・・

それまでの試練がほぼ数年間くらい、


地獄だと思います・・、
毎日は拷問のように過酷に過ぎるだけ。




でもその瞬間をお母様も分かったそうで、
彼女を陰ながら応援してくれていた、
一番の理解者、お母様と、
舞台裏で手を取り合って喜びを分かちあったそうです。



そこまで諦めないで続けてきた事が、
決して無駄な時間ではなかった訳ですね。




さて・・・


神様のご褒美は、
そんな風に気紛れにやって来ます。


これまでのある意味、精神戦が越えられるか、
でしょうか ・・。




それから、
ある楽器ブローカーから、
ストラディバリウスを紹介される。



そのエピソードをそのまま書くと、
失礼ながら長くなってしまうので、
要点を書くと ー




「見ちゃダメ、見たら絶対に欲しくなるから



億単位の楽器は、
一生、かかっても支払えるのかも分からないし、
保管するのもセキュリティだらけだそうです。
(お母様が引っかかって警察に連行されてしまったとか)




そう、苦難を乗り越えた果てには、
そんな稀な出会いも待ち受けていた。




千住真理子 ー


S37年 4月3日生まれ 二黒土星 牡羊座A型
(寅年)


沢尻エリカ様の記事にも記載しましたが ー
彼女のように五黄の寅では無いけれど、

また、ここに寅年の、
2月4日から8月7日の間の存在が・・。



宿命と言うには安易過ぎるけれど、
生まれ持った重たいそれは、
本人の知らないうちに、
世間の人とは違う人生を歩ませてしまう。



強い運気を持ちながら、
成功するまでの道のりが並ではない生まれ。



でも大きな山のような試練を乗り越えた時、
また、新たな道もひらけて来ると思います。




二黒土星としては、
今年は重要な判断がしかねるかもしれないけれど、
前厄年の来年は、
自分の選択へも迷いが無くなって来る、
使い勝手の良い年となりそう・・。

・・




今、千住真理子さんの手には、
世界の名だたるアーティストので垂涎の的である、
既に幾つかしか残されていないバイオリンが、
一生のパートナーとなって存在しているのだった。




そんな博物館級の楽器は、
長い間、様々な人たちの元に渡り、
やはり素晴らしい骨董品のように
人格のようなモノを持つのだと言う。



長い時間、ステージに立つと、
そのストラディバリウスは、
風邪を引いたように調子が悪くなったり、
あたかも人間のような感情があるのだと。



しかも湿度に極端に弱いそうで、
セキュリティと共に、
万全な状態にされていらっしゃるそうだ。




(T^T) ・・


天才の苦悩と共にもう一つ学べるのは、
いかに長い年月をかけて変遷して来た、
人と共に存在する楽器など、
骨董品 、アンティークは、
それぞれの魂のようなモノが宿るということ。



なので、
伊達や酔狂では名だたる楽器や骨董品は、
所持しない方が賢明だと思います。



ただ、
千住真理子さんに縁があったストラディバリウスは、
300年間、どなたの手にも渡らずに眠っていた、
いわば奇跡的に保管されていたとされている。
(Wikipediaより参照)




・・さて・・・



この回のお話は本当に勉強になった ー



一人の天才少女が辿って来た険しい道は、
そう簡単では無かったこと。


一生のパートナー、
万に一つの出会いが、
ストラディバリウスという楽器であったことなど。




最後に彼女が弾いたバイオリンの音色は、
いくら収録だとしても、
涙が出て来るくらい素晴らしいものでした。




つらい試練のあとには、
気まぐれな神様の微笑みで、
それまでの闇から解放されるご褒美がある」




長くなりましたが、
ワタシの文章能力とは別に、
中から何か皆さんの心の琴線に触れた事があったならば、
書いたワタシも本望でありますが・・。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート普通でイイです凡人だから
↓天才と呼ばれる人たちは大変・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


02kumab-34_20191125220320712.jpg


(゜▽゜*)いつもながら、

表現が足りなかったらすみませんです。

誤打はすっ飛ばして読んでいてね☆


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
<<今期で終わらせるか来年度に繋げるか☆12月の運気 | すみませんワタシは占い師 | 仏壇に菓子の供物「ラムネがいい」とその子は言った>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |