FC2ブログ
一つボタンのかけ違いで急転する☆ヤラセで終了「クレイジージャーニー」
2019-12-15 Sun 22:04
019-01_20191215215043f4b.jpg



かなり前にも書いた事がある、
「クレイジージャーニー」という深夜枠での異色な旅番組



これがまた、
クレイジーとい名の通りに、
コアな世界の国々への、
一種、摩訶不思議とも言える、旅と言えば旅。


これが世界の現実なんだとも考えられる旅でもあった。




見ていない、
それこそ番組すら知らない皆さんには、
聞いても読んでもつまらないかもしれないけれど。



ワタシはかなり前から好きで、
こちらでも以前に書いておりました。




その、忘れもしない爬虫類の回 ー



彼も被害者かもしれないK氏が、
爬虫類大国、熱帯へおもむき、
現地で珍しいトカゲやカメ、ヘビなどを生け捕りにする。




今思えばよくもあれだけ珍しい生き物を、
どんどん捕獲できるものだなぁ、
なんて思っていたら ・・



スタッフが現地の市場や他、
手に入りやすい場所で購入した爬虫類を、
その場その場に置いて、
仕込みした結果だった
というのがバレてしまった訳ですねー。




・・あー、ヤラセか ・・・



それはでも、そのメインの担当者、
現地ディレクターだけを
責める事が出来にくい部分もある。



視聴率を取らなくてはいけない、
現地に行くスタッフもまた、
重荷を背負わされてはいたのだろうけれど。




。。



いわゆるヤラセでの回があったために、
他の個性ある旅たちまでが、
この番組の中で紹介すら出来なくなった訳です。



019-02_20191215215103eb6.jpg



とても好きだったのが・・


丸山ゴンザレスの、
(敬称を略させて頂きます)
かなりコアな国へ行く旅だけれど。




またそれが世界最大のスラムへ侵入、


フィリピンの刑務所事情、


アメリカの闇、
ヤク中になりながら地下でホームレスになった


メキシコの麻薬組織へのインタビュー、


ファべーラというスラムのギャングたちを撮影、


とにかく世界のありとあらゆる裏社会や、
好きでそうなっただけではないたちを、
文字通り体を張った取材をする。




また、佐藤健寿 の「奇界遺産」の旅。



は丸山ゴンザレス氏とは真逆な、
華奢な体躯にも関わらず、
これまた誰も知らない廃墟や、
捨て去られたゴーストタウン、
ロシアの不思議な博物館などを
独特の切り口で淡々とレポートして行く旅。




圧巻だったのが、
医師の勉強のためではあるけれど、

提供者の遺体を放置しながら、
その腐敗や劣化の様子を、
医療へのサンプルとして広大な土地に展開する、
アメリカ某所の死体牧場の回。


ハエが群がるその場所がハードだと察する事が出来た。




更にワタシが大好きな廃墟巡りでも、
今や劣化が激しく入所許可もおりないだろう、
朽ち果てた軍艦島の様子も、
なかなか見れない場所だったので嬉しかったものだ。




そして・・・


一番、番組として継続して欲しかったのが、
写真家 ヨシダナギの、
世界の少数民族を探し、
彼らがまとう民族衣装や武器を手にした、
本当に美しい「少数民族の旅」。



019-03_20191215215133c3e.jpg



019-04.jpg



わざわざ彼女が遠いアフリカの砂漠地帯や、
すでに
とても少なくなっている民族の元へ旅し、


食べたことがない、かというか、
ハッキリ言って 食べたくない、
フルーツコウモリの姿焼きなどを振舞われ、


そうしたコミュニケーションを重ねながら、
少数民族の皆さんに理解をされて、
撮影まで何日かかけて挑む・・。



フォトは
彼女の公式サイトでも見ることは出来るけれど、
そこまでのとのプロセスが面白かった。




この三氏の様子が見られないのは、
もはや寂しく虚しいものがある・・。




他に、
体にシリコンやか金属を埋め込み、
肉体改造を繰り返す々、を追い求める、
ケロッピー氏の肉体改造、


嫌だと言いながら、
ドM的に北極を独り過酷な度をする、

誰も行きたがらない場所でのレースなどなど、

いつもハラハラ、ドキドキしながら、
怖いもの見たさで楽しみに生きていたのだけど。




無いんだ、今すでに ・・


あーあ、そこまでして、
数字を取らなくちゃ行けなかったのかな。



頑張って来たのはスタッフだけでは無いでしょうし。
仕事が無くなった皆さんとその家族は大変でしょう。




さてはて ー



(T^T)何故、この話を書いたのかと言えば、


昨日までは人気であり、
言わば 我が世の春的に恵まれた状況だったのに、

一つ、ボタンを掛け違っただけで、
(だけでもないですが)

一気に急転直下してしまう事は、
業界の人だけではなく、
ごく普通の人にも意外と起こるものです。




例として挙げるのも、とは思ったけれど、
春から極寒の冬に変わるような状況って
かなりハードだと思います。




最近は以前よりヤラセも少なくはなったけれど、
一つのマイナスは、
関わっていた全ての人たちの生活を激変させてしまう。




これが番組のヤラセではなく、

ほんの出来心で手を出した会社のお金とか、


昨今、問題になってる、
個人情報が膨大に入っているデータの横流しとか。


まあ、くれぐれも皆さん、
一つのボタンのかけ違いで、
先を真っ暗にはしないで下さいね。




「クレイジージャーニー」は、
松本人志様、バナナマンの設楽くん、
紅一点の小池栄子さんと気の合った司会も魅力だった。



何時かまた、あのメンバーでの同じ番組が ー

って、もう無いかなー。


コアな番組はコアなファンを増やし、
ようやく番組のDVDも軌道に乗ったのに。



選択肢は間違えてはいけないです☆

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかな・・・

。。






ハート一人の人を責めるのは簡単
↓でもそれには裏があったりすることも・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 05me03_20191215215853e14.jpg


あと2週間くらいですか・・・


今年は激動の一年でしたが。


別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:2 | top↑
<< 父親に似たダメンズを好きになってしまう☆そんなファザコン | すみませんワタシは占い師 | 男も女も 独りになりたい時がある☆静かに自分と向き合う>>
なんでしょう?
妙な世の中になっている気がします。
『ヤラセ』というだけで、本質を見ない断罪。
『川口探検隊』は大らかな目で見ていた社会であったのに。
『世界の祭り』の『ヤラセ』は、その国の実情を歪曲することになるから、批判・断罪はある意味仕方はありませんが、
このケースでは、影響は皆無。
単に、番組の評価でしかない。
それが『許せない!』
なんとも狭量な社会になってしまったことか。。。
2019-12-16 Mon 21:44 | URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 内容変更] | top↑
- My dear syugyousou さん - 
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆お久しぶりです。
コメレスが遅れてすみません。

今って経済的にとかはどーにか平均的かもしれませんが、
人の間違いやちょっとしたミスをネットでつるし上げたり、
そういう変な狭量さが目立ちますよね。

昔なんて・・・あ、やめておきますが。


別にね-、変だなくらいは思いましたが、
クレイジージャーニー自体を終えるという判断って厳しいのではと。
だから番組が面白くなくなって行くんだろうなと思います。


2019-12-18 Wed 20:39 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |