FC2ブログ
親が厳しすぎると自信が持てなくなる☆子どものうちが大切
2020-04-12 Sun 17:30
20-parents.jpg



たまたま少し前に、
似たようなタイプのお客様に会った。



知り合いからの紹介だったけれど、
どちらも女性で、
何となく何かをガードしているような感じは、
お二人に共通していた・・。



最初はなんでだろうとは思ったけれど、
ふと、
この人へストレートな表現がしにくい所が、
昔の自分と被るものがあった気がした。




お二人は別々の日だったけれど、
別々に聞いてみた内容はほとんど似ていた。




「・・失礼な聞き方ですが、
もしかしたらAさんのご両のどちらか
または、どちらも厳しいしつけだったのでは?」




そう言うと、
目の前の彼女は少しハッとして話し出した。




「なぜ分かるんですか?
どちらも私には厳しくて
いつも良い成績を取っても、
ほめられたことも無かったです」




「もしかしてAさんは何人兄妹の長女とか?」




「はい、私は3人兄妹の長女です」




「だとすると、
最初に生まれたおさんにはは前例がないから
どうしても
加減が分からずに厳しくしてしまう事は多いです」




「そういえば、
妹の時にはなんか私と違って
もっと優しく接していたと思います」




・・冒頭で話したもう一人のお客様も、
Aさんと同じように、
長女で、両のシツケが厳しく、
大人になっても自分に自信が持てないと言う。




( ̄▽ ̄)以前にも、
このテーマを書いたのですが・・


第一へのシツケの加減が分からずに、
大人への対応と同じにしたり、
やたらと厳しくしてしまう事がある。




それが両とも同じだと、
一々キツい言い方や更に体罰に及ぶと、
どもは逃げ場もなく萎縮してしまう。



否定するだけのシツケは、
どもたちには辛い環境となってしまったり。




どもを思うあまりなのは分からなくないけれど・・


自分はから愛されていないと感じたり、
単純に恐いからと、
しまいには嘘をつくようにまでなってしまう。




出来ればどもには -


叱る時には、
何が悪かったのか、
どうしてが怒っているのか、

その理由をきちんと話すべきだし、
体罰に至っては意味が分からないままなら、
恐怖でしかなくなってしまう。




「私の両親も同じ感じでした
父親は昭和の古い価値観の男性だったし、
母親は男兄弟しかいなかったから
叱り方も女の子への叱り方じゃなくて
度々、手も出てキツかったですね




「そうなんですか
〇さんも似たような感じだったんですね」




「次に生まれた妹は私の無駄や
どうしたら叱られるのかを見ているし、
親も二子めだと、
ある程度、子育てにも慣れて来るから
第一子よりも余裕で育てられるしね」




「なるほど・・
でも、そういう部分のトラウマって、
どうしたら良いんでしょうか?」




(T ^ T)この辺りは、
育てられた子には、
払拭して行くのがなかなか難しいものですが。



当たり前のようだけれど、
先ずはただのDVではなかったなら、
ある意味、
子育てに慣れていない親の一生懸命さでもあり、
愛情のかけかたが違っていたと一部諦めること。




諦めろと言われて、
あ、そうですかと簡単には行かないのは、
それからの自分も同じだったから分かります。



簡単ではないけれど、
成人して、更に親から離れてみて、
社会に出た際に、
自信が無いという部分を、
アルバイトや仕事などで
少しずつ社会的な自信をつけ埋めて行くしかないかな。




でも、会社へ入った時に、
私には社会の方がよほど楽ではあったので、
その後に仕事で、
少しずつ自信を取り戻して行った感じです。



そーりゃ、失敗もたくさんあったけれど、
失敗もしないと人として成長もしなかったりするから。




「確かに・・
一人暮らしをしてからの方が私も楽になれました
一人の人として見てくれたり、
感情的にだけ叱る人はいても、
失敗したら当たり前だとも思えるようになって」




「だったら良かったじゃないですか
親からのトラウマを埋める所からだと
時間はかかってしまうけれど
人よりかけた時間だけ自分が成長もします」




( ̄  ̄)が・・・

穴を埋めるのも、
労力も気力も時間も必要だし、
なかなかに大変だったりもする訳ですが。



無駄なこと、
無駄な時間というのは無いです。

嫌なことも、
いつかは良いことに上書きされる時が来るものです。





・・さて・・・



シツケもだけれど、
今はコロナウイルスのため、
ほとんど外出もままならず、
家にいることが多くなってしまっている。



そうすると、
論旨はズレるけれど、
イライラしがちなお母さん、お父さんが、
どうしても子どもにあたってしまい、
フランスでは特にDV(家庭内暴力)が増えてしまっている。



こうした例は、
日本でも水面下で増えているのだとも思える。




その子が小さくて、
まだまだ親の保護下にあるなら、
お母さん、お父さんもハードな状況だけれど。



もしお子さんが良くないことをし、
それを叱りたいなら、
なぜ悪いのかをちゃんと説明してあげるべき。


家に缶詰めになっていたら、
子どももストレスが溜まりまくりだと思いますしね。




さて・・


確かに子育ては一筋縄では行かないことが多々。
しかもこんな有事の際には、
親だからと言っても人間なので大変だと思います。




だけれど ー

この先に収束した場合も考えて、
親が怒りを抑える、
アンガーマネジメントも必要だと思います。




うっせきしたら、
〇INEやSkyp○の無料通話とか、
様々なツールや自治体の相談窓口を了解する。



あまり人がいない場所で子ども共々散歩する、
など、
三密を避けて吐き出しをしてみて下さい。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート親も人間ですからねー
↓でも将来の子どものことも考えるのも




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 14kuma030_202004121717098e4.jpg


(T^T)こんな状況では息が詰まりますが。

どんな疫病や感染症にも終結があります。

別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<父親からのトラウマで男性に否定的な女性 | すみませんワタシは占い師 | 桜の景色は変わらないけれど☆先が見えない今だから前を向く>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |