FC2ブログ
20-oji01.jpg



私には、
還暦を前にして亡くなった叔父がいる。



父の弟だったけれど、
百貨店勤務で土日も祝日も仕事の父に代わって、
私や妹や同居していた従姉を、
よく色々な場所に連れて行ってくれたり。




小さい頃は父との思い出よりも、
叔父との思い出の方が多いくらい。



懐かしい写真にも、
圧倒的に彼を中心とした子どもたちがほとんどで、
子ども時代以降も、
私が盲腸になり入院しなくてはいけない時も、
荷物などを運んでくれもした ・・



大学に入り、
3ヶ月まとめた定期券を買いに行ったら、
お財布を落としてしまい、
さすが日本の昔だったため、
すぐに売り場に届けられていて助かった。




が、帰りにバスに乗ろうとしたら、
車に乗った叔父がいて、
母から聞いて心配して、
駅前のバス停まで迎えに来てくれたのだった。



「大丈夫か?本当に見つかったの」



「ちゃんと定期券も買ったから」



駅前から自宅までは結構遠いのに、
送ってくれて、
その優しさがありがたかったものだった。




・・それからは親戚だから、
あれこれと色々あったけれど ー



仕事で多忙な時に母と私に

「あまり長生きしたくないんだ」

などと言っていたのが印象的で・・。



その一年後くらいに、
本当に亡くなってしまい、
母と私は虚しかったけれど、

「・・でも死にたいって言っていたしね」

などと複雑な気持ちにさいなまれた。




その後・・

親戚間で面倒な事があったため、
あちらの家では宗派も変え、
全く知らない場所にお墓を作っていた。




私個人はとてもお世話になったし、
その頃の大人の事情なんて、
ハッキリ言ってどうでも良かったので、
一度くらいは墓参に行きたい気持ちだった。




従姉に聞いたら、
仙台なのに結構、分かりにくい場所らしく、
運転が上手く方向音痴でも無い彼女が、
途中、何度か道を変えて迷った話を聞いた。


妹と私は仕方なく、
あちらの方向を向いて、
命日や彼岸、
お盆に手を合わせるのがせいぜいだった。




・・あれから何年経ったのかも、
きちんと数えてはいなかったし、
いつも心のどこかには、
叔父への思いはあったけれど。



最近母の事で忙しく、
春には母の方が亡くなってしまったので、
いまだに半身が無いような感覚で、
叔父へも何も出来ていないのは変わらなかった。




今、母ロスが再燃しダウンがキツく、
昼まで寝ているような毎日だけれど。



誰もいないから文句も言われず、
仕事で街中へ行くのも午後にし、
自分がようやく起きられる時に起きてしまう。



「この体たらくはいつまで続くのかな」


自由なんだか不自由なんだか・・・



太陽が沈めば少し楽になり、
夜に次のブログの話を書いたり、
電話やメールの仕事も夜にするように。




・・その日も、
昼前くらいになってしまい、
洗面所で顔を洗っていたのだけど。



夏辺りよりは少なくなって来た、
唐突な霊の来訪も比例して減ってはいたけど、
誰かの気配のようなものが感じられた。

・・




_(_^_)_ここでおねがいいたします☆



ハートそういうこともあったりする
↓そんな冬のとある日・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと読んでみたい方だけどうぞ↓





20-oji02.jpg




そう言えば、
今は乾燥のために湿気が酷い季節よりは、
数段、マシにはなっているはず。
誰?と思ったのだった ・・。



顔を上げてタオルを手にした時に、
まだ若い頃の
叔父さんの顔が見えた(感じた)気がした。



「叔父ちゃん?」



叔父は割と端正な顔立ちだったので、
すぐにそうだと気付いた ・・。



「・・・なんだ~、どうしたんだ?」



そんな声が聞こえて来て ・・



もしかしたら心配してくれたのかな、
なんて都合よく思ってしまった。


それは短い間だったけれど、
最後に彼の頭髪が無いのが分かり、
何で?と思ったら、




「今、あちらで修行してるんだよ



それが僧侶の姿のようだった。




修行してるのか ー


私の父とは違い、
かなり真面目だったし、
僧侶としての修行を積んでいるのは、
とても自然なような気がしたので。




僧侶と言えば、
友達のお店に行った時に、
お父さんが禅僧としての修行をしていると、
友達(娘)に言っていたのを思い出した。




どちらも自死ではなく病死だったし、
僧侶と言ってみても、
でもそれが天界なのか、
または、
修行をする特別な場のようなものがあるのか。



正直、
私はあちら側に渡ってはいないので、
細かいことや詳細までは分かっていないけれど。



最低限、叔父と友達のお父さんが、
身近に二人も、
輪廻転生するためか、
その場にまた、
現世で分からないような違った場所があるのか。




きっとどちらもあるのかもしれないと、
これまで様々な方の親族の声をお聞きし、
あちら側、
こちらへ転生するにも、
色々な事情があるのかと感じた。




電磁波的な要素、

摩擦や電気などの条件、

それに加え高い湿度・・



特に夏は、
おびただしい湿気で、
霊となった人、
至る所に見知らぬ人が来たりするけれど。



反対に秋以降から春先には、
洗面所やお風呂場などに、
たまに不思議な来訪者がやって来る。




叔父が亡くなってから、
もしかしたらあちらで、
長い長い年月を、
修行に費やして来たのかもしれないし、



でも・・

その唐突な声や顔は、
とても懐かしく、
全てが親に守られてもいた、
平穏だった頃を思い出させてくれた気がした。




この頃は、
実は目には見えない人が来ても、
以前よりも怖くはなく、
さらに声が聞こえたりすると、
いつも理由があることに気付いた。



叔父は何か違う事も伝えたかったのかな、
とも思った出来事だった ・・。




・・私だけではなく、
皆さんにも亡くなった大切だった方が、
守護霊という事だけではなく、

身近にいて心配してくれたり、
守ってくれていたりするのだと思います。




都合よくだけの考えでは決してなく、
親しい天界からの皆さんが、
お客様へメッセージを下さるから・・。



なので見えないからと、
がっかりしないようにとお伝えします☆


(^・^)誰かが、
必ずあなたを守護してくれていますよ。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート皆さんを心配してくれる人が
↓きっといらっしゃるでしょう




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 06k03 (2)


_(_^_)_表現が重複していたらすみません。

感覚でお読みいただければ・・☆

12/02|天界のこと・・・コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック