fc2ブログ
 22-taisetunanohao1.jpg


8月になると、
自死してしまった、
とある方の亡くなった息子さんを思い出す。



彼の霊が告げていた事は、
私にも最初で最後だったと思う。


それは彼が大戦で特攻隊員だった、
短い間で輪廻転生をしただったから。




20代、平成の時代に生きているうちに、
鹿児島にある特攻隊基地を慰霊に旅し、
それが一度や二度ではなく、
夏は毎年のように訪れていたと言う。



家には今どきの飛行機では無く、
あの時代の戦闘機桜花の模型や、
知覧特攻平和会館をはじめ、
慰霊に回っていた時の写真が
たくさん壁に貼ってあったそうだった。



特攻隊員たちは、
行き、の燃料しか積まされてはいない。


自らの命をもって、
玉砕しなくてはいけなかったから。
(帰りは無いということです。)
悲しいかなだからの特攻隊機 桜花・・。




戦争



1945年8月6日は、
広島に原爆が投下されてしまった日。


同年8月9日は、
長崎に原爆が投下されてしまった日。



1945年、8月15日。

正午からのラジオで、
天皇陛下の玉音放送が始まり、
日本が敗戦した事が伝えられた。


同盟国だったドイツが無条件降伏をし、
9月2日に政府は、
ポツダム宣言の履行などへの降伏文書に調印。
(※Wikipediaより引用)




私は高度成長期辺りの間だけれど。

祖父母は若く、
まだ両親も結婚するずっと前の戦争だから、
多くのが戦中、戦後に生きていたばかり。


似た年齢の親戚からも、
小さい頃から太平洋戦争
第二次世界大戦の話はよく聞かされて育った。



とにかく食べ物なんて無い ー


道端の食べられる草とか、
田舎に大切な着物をもって交換をしても、
絹着物にお米が100単位のグラム数。


米だって配給だったけれど、
米やお砂糖などの配給もなくなったから。



配給だった品に、
たまたまひまし油が入っていて、
仕方がないから知っていて、
野草の揚物をしてしまった母方の一家は、
全員が下痢になってしまったという。



確かひまし油は当時は機械油とか、
消化器で下剤などにも使われていたと、
胃腸の弱い母が辛かったと言っていた。



柔らかいトイレットペーパーなんて無いし、
紙すらないし、
トイレは外だったし、
空襲で家も焼けたりしていたから。





毎年、6日、9日には、
現地での慰霊祭を番組で見て、

15日は特にお盆に親戚が集まるけれど、
自ら海軍へ志願した父が、
何時に無く神妙だったのを覚えている。





・・ある程度、
色々なの声が聞こえるようになってから、
失礼ながらは私自身がこの月は辛くなる。



盛夏の湿気と共に、
見知らぬの声が増え始めて ・・


それが戦争に招集されて、
恐らくは戦地で亡くなられた、
または仙台大空襲で亡くなった方の時には。



「私は何処に行けば良いのでしょうか?」



「すみません、ごめんなさい

私にはあなたを助けられません」




生成り色と黄土色の間の服を、
聴覚以外ででも感じるのは、
その方のが強いということだと思う。



映画や写真でしか見ることが無かった、
旧 日本兵の方なんだろうか、
以前、仙台やその付近に住んでいて、
帰らぬ人となった方だろうか。



終戦から今年で77年。


そのように前の人が、
そんなに長い間さ迷っているなら、
除霊では決して無く、

その御霊を、
天に上げるようナビしなくてはいけない。



成仏が出来ていない方は、
私には無理だし、
霊の皆さんには何か違う理由があると思った。




仕事を始めた34年前に来た人で、
息子さんが戦争で亡くなり、
遺体どころか遺品も無く、
一枚の紙だけの通知が来ただけの老夫人。



一人息子さんだったし、
男性の多くは亡くなってしまった。


怒りの矛先も行き場も、
ご自身のよりどころも無いと嘆き、
毎年靖国神社へ、
慰霊のために行っていたのを思い出した。



「すみません、
ここから南西の東京都に
靖国神社という神社があり、
そこは戦没者の皆さんの慰霊の場だから
行ってみてはどうでしょうか」



「私はどうすれば・・・」



という迷いの戦争当時の人と分かると、
あの時に来てくれていた、
おばあ様のお話をそのままに、
思わずそう言ったのを思いだす。




議員の参拝は今や、
近隣の国を逆なでするだけかもしれない。


それは戦没者の皆さんだけではなく、
当時、戦争を起こした戦犯も一緒に眠っているため・・。



政治も偏った思想も別として・・


旦那さんやお父さん、
もしかしたらおじいちゃん、

そして、激戦になった以降の学徒動員に、
息子さんたちを招兵され、

帰っても来ない、
遺骨も無い遺品すら無いなら、
心の行き場としてならとも感じる。




この仕事は難しく・・


人を助けているとか、
役に立っているなんて、
ほとんど思ったことは無いけれど。


たまに、
「ありがとうございます」と言われるのが、
自己肯定感が無い私には、
ありがたいくらいだけれど。



8月に入り -


「すみません、私には・・・」


という言葉しか、

浮かばれていない、
見えない霊の皆さんに、
お伝え出来ない時にはとても歯がゆい。

・・



戦争が今、ウクライナで、
そして多くの国や地域で行われている。



簡単に核兵器を使うと言われても、
今の状況を思うと、
ただの威嚇に終わらないかもしれない。



が。。


77年前の規模と性能では無いし、
その国が核兵器を使えば、
報復する国だって多数でしょうし。


それを指示した本人ですら命が危ないのを、
冷静に考えられ無いのが不気味だ。



シェルターが特設されても、
1粒だけで食事の代わりになるサプリがあっても、
地球上が殺伐とした砂漠化をしたら・・


更に酷い惨状に至るのは誰でも推測出来てしまう。



霊の方たちより、
タガが外れた支配者の方がより恐ろしい。



・・なんて事を言っているけれど。
今後、日本人も隣の国々だから、
普通に過ごすのも難しくなるかもしれない。



政治家の手腕が広く問われるし、
日本は輸入に頼っているため、
ありとあらゆる物が不足してくるし、
既に輸入出来ない物から大変な物価高に。



今後、電気や水が出ないとか、
石油、ガスも限界があるからきつくなる。


通信機器に慢性的なハッキングがあったり、
食べ物に苦労するのは目に見えている。



皆さんはしっかりとネットのデマを判別し、
お子さんがいるなら、
シビアな現実を普通の目線で伝え、
代替する物を考えたり、

今さらでも食品ロスを無くす、
草の根運動が始まったのは素晴らしい。


そして、
応用の利くフレキシブルな考え方をし、
子どもにこれからの、
サバイバルにも強くなれる将来について、
考えさせるのも大切だと思います。




戦いをしなくてはいけない、
理不尽さのまっただ中、
現状がハードな中にある、
現地の皆さんの気持ちを考えるとやるせない。



トップが独裁なのは恐怖でしかない。


殺し合いも、
歯止めが利かない惨状も・・

全てが一瞬に無くなってしまう戦争。



でも非力ながら叫ぶわ・・・


「戦争なんて反対だ!」



・・





すみませんワタシは占い師



・・・基本的に人間同士なのにね・・・

。。





ハート親族の葬儀すら悲しいのに
↓今年はやはり世界全体がおかしい




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


pushitplease00.jpg



08/08|霊から学ぶこと||TOP↑
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック