fc2ブログ
22imhappynow01.jpg




男性やまだお若い方には、
関係が無いと思うかもしれませんが。

妊娠、出産は、
女性側だけの問題ではありません。


年月が過ぎ去るのも早いですし、
視点を変えて読んでいただければ。

・・・



仕事を長く続けていると、
特に女性の場合、
若かったお客様が恋愛をし、
結婚をして更にお子さんを出産するという、
一般的な事で関わる方もいらっしゃる。



恋をして山谷を幾つか乗り越え、
20代、30代前半あたりに、
2度目、3度目位で結婚される方が多かった。
その後に、
お子さんを出産するというケースですが。




昭和が終わり平成になり、
そして令和に変わる前くらいから、
恋愛、結婚、出産という、
カップルが希望をする一連の流れが変化して来た。



「結婚に期待を持てない世代」



これは当たり前なのかもしれない・・。



昔のバブル後に好景気がほとんど無く、
リーマン・ブラザーズショックが世界を変え、
戦争を始めてしまう大国が出てしまうと、
世の中が、
安心、安全な居場所では無い事に気付かされる。




(T ^ T)その前から離婚率が増えて行き、
離婚家庭で嫌な思いをさんざんして来たなら、
かなりのトラウマになってしまう・・。


他人との結婚、
というものに対して希望なんて持て無い、
収入すら安定をしていない雇用じゃ、
男性サイドでも家族単位を支えて行くのも大変。



危惧した国の対策、
少子化対策といっても、
政府の担当大臣がコロコロ変わるし。



前の総理大臣は、
保険適応などを積極的にされていたけれど。



これまでは妊娠、出産に関する費用は、
保健も利かずにハードでしか無かったし。
一回の検査だけで、
数千円くらいから~一万円台以上を、
何度も繰り返すだけでも大変です。
家計を根本から見直さなくてはいけなくなるし・・。




そこも変わっては来たけれど・・


もしその辺が改善されても、
もっと前の段階の「結婚」についてが、
積極的に必要としていない若い世代が多いため、
少子化対策は、
先ず結婚というものからしなくちゃいけないのでは。




( ̄▽ ̄;)あ、いや、
決して小難しい話ではなくて・・


最近、30代過ぎに、
前向きに結婚をしたいというお客様もあり。

30代後半になると、
高年齢出産へのカウントダウンが。




もし出産するには、
また違う身体の要素が絡むものです。



年齢を重ねるごとに、
女性側の子宮の状態も変わって行くし、
もともと遺伝的に女系の皆さんが、
婦人科系が弱かったりすると、
そのレベルでも似てしまったり。



昔は医学が途上だったために、
圧倒的に女性のせいにされていた、
暗くて嫌な女性サイドの差別が多かった。


今はカップルで診察、診断が出来るので、
良いのか良くないのか微妙だけれど、
カップルのどちらかに、
問題があるのもハッキリしてしまう。




自分の仕事上では、
これまでお聞きして多かったのが、
男性側が無精子症が一番で、
次に女性サイドは子宮や婦人科に関する部分。



判ってしまうと、
旦那様側の家族が、
散々嫁に対して嫌味しか言っていなかったのが、
うんともすんとも言わないばかりか、
無言で妊娠に良さげな(?)お茶とか、
不思議な健康食品が送られて来たりして。


舅、姑さんたち、
そういうことじゃないですので ・・・。




でも近年、
本当に真剣に悩んでいた方に光も・・。



不妊治療のため他、
婦人科関連医学医学サイトでも、
画期的に変えて行くやり方も増えて来た。



先ず広範囲に渡る不妊治療の進歩。


パートナーサイドも考慮しての治療ですが、
私が簡単に全てを記載するのは困難ですので、
必要がある方は詳しい医療サイトで、
皆さんが望む内容や費用を検索してみて下さい。



そして ー


女性の卵子を凍結するやり方。


これは第二子希望という方が多いけれど。
卵子凍結保存で、
最近はタレントさんのSNS発信でも、
割と多数の方が試みている方法。


デリケートな問題なので色々調べましたが、
プラスだけではなくマイナスもある訳です。




不妊治療は総じて費用がかなり高いこと。


凍結の場合は40歳までと決められている、


保存していても、
現実的に母体が高齢化して行く訳だから、
お子さんをと思った時にはリスクが大きい。


凍結による遺伝子レベルでのマイナス。


もっと多いのですが主要な部分を。



・・と、良い事だけでは無いけれど、


基本的な不妊治療、
高年齢出産となるまでに考えたい方には、
個人差はもちろんあっても意味もある方法。




常日頃から婦人科クリニック、産婦人科で、
無排卵月経、子宮に関する悩み、
また乳がん、子宮がん検診をしている所が、
不妊治療や卵子凍結保存などもされているなら、
母体となる自分の事から診察をしてみる、
または相談から始めてみてはと思います。




あるお客様の親戚で、
結婚の後に生理不順で通っていたクリニックで、
不妊治療のアドバイスしてもらい、
卵子凍結保存方法で幾つかの卵子を保存し、

それから・・

旦那さんと相談しながら出産された方もいらっしゃる。




(;一_一) でもー、
女性では無くて旦那さん側の理由だとした場合。
旦那さんや男性パートナーはショックでしょうし、
精神的にもダメージが大きいです。



頑張っているうちに嫌になり、
辞めたら赤ちゃんが出来た方もいて。


そのカップルも不妊治療だったけれど、
反対にストレスが溜まり、
解放されてすっぱりと諦めた頃に、
めでたく妊娠した事が分かった訳です。




今は晩婚なんて言わないのかな・・。


一般的に遅く結婚した際には、
希望するお子さんが出来ない訳では無いけれど、
高年齢出産の母体へのリスクも高まってしまう。



だからこうだ!
という判断もしにくいかもしれませんが。



不妊は女性だけの理由では無いこと」



治療は以前よりも選択肢は増えてもいるし、
医学は毎年、
新しいノウハウも出てくるということ。



・・楽ではありませんが、
ひたすら悲しんでいた昔よりは、
晩婚、そして出産をと思うカップルには、
手立てが増えて行くものです。




もう一つ ー


色々と頑張ってみても、
お子さんを迎える事が出来なかったなら、
お互いに必要としているパートナーが、
少なくとも一人側にいますよね。



友達やお客様を見ていると、
お子さんを授かったなら、
それはそれなりかもしれませんが、
二人だけのとても幸せそうな人達も多いです。




今、悲しいかな、戦争のために、
破壊攻撃によって、
家族や我が子を守れなかった人々がいる地球。


日本では隣国からミサイルは飛んで来るし、
ゆくゆく、食糧難の時代が来るのも予測されている。



産まれたら重い病気が見つかった、
幼稚園、保育園辺りはまだ良かったけれど、
小学生、中学生となるうちに、
イジメに遭い、スクールカーストで酷い差別を受ける。

・・ということも起きるかもしれません。



一部ネガティブですみません。


が・・
現実は幸せだけでは無いもの。



仲が良いカップルを見ていると、
お子さんが居なくても、
それも現代ならば理想的なのかもしれないし。


人の思いや理想、
出来ること、出来ないこともあるけれど、
良いか悪いかの判断だって十人十色、千差万別。



そうした事もきっちり考えながら、
今の自分を先ずは、
大切にしながら先を見てはと思います☆

・・





すみませんワタシは占い師




・・・鑑定しても限度も忘れずにいたいです・・・

。。






ハート女性だけへの記事ではないです
↓お子さんにはどちらも大事




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 06k03 (2)




11/26|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック