fc2ブログ
23catandbird01.jpg



生き物に興味のない方は、
豪快にすっ飛ばしてくださいな・・。

・・・・・



ある日、庭にスズメの羽ではない、
見たことがある色合いの羽が散乱していた。



わー、一羽分の羽!

これはダレだろ?・・・」



ふわふわの羽だけが散乱していて、
中身、いや本体の子がいない。



散らばり方が普通じゃないし、
ハンターはたぶんそのよりも大きい
猛禽類系かカラスか、
またはよくウチのフェンスの上を歩いている、
ハチワレのにゃんこかだと思った。




(||゚Д゚)しかし、久しぶりに見た、
普通ではない大量の羽だったため・・


私だけが驚いていた訳ではなく、
突然の天敵の襲来に、
スズメたちも寄りつかないし、
ヒヨドリなど大きなたちも来ない。


だからこちらも警戒して、
たちが餌につられて来てしまうのを避け、
餌やご飯をまくのも辞めてみた。




それから何日か過ぎた頃に、
散乱した羽が誰の物かが分かった。


つがい(ペア)で仲良く来ていたキジバトが、
その日は一羽になっていたから。



茶色とグレイのグラデーションの羽は、
散らばっていたのと同じ色。

そこに来ているキジバトは、
ハト独特のボボッボーという鳴き声で、
ならばオスということになる。



「じゃあ、あれは君の彼女か・・・



しかしまだ犯は定かではなかった。


弱肉強食という四文字熟語が浮かぶ。



キジバトには大変気の毒だけど、
か動物か犯も生きている限りは、
食べなくてはいけないし ・・。



食物連鎖の中では、
その生き物にも天敵がいるし、
食物連鎖ピラミッドの頂点には、
間の姿が描かれているのも見ていた。




(T ^ T)食物連鎖ね ・・

全く違う意味ではあるけれど、
学校にある差別スクールカーストや、
会社の上司、以下部活だけではない、
様々な間関係にも似ているかもしれない。




この時にはまだ、
年一の植木屋さんが来ていないため、
この夏に異常なほどにのびた草木。


ツツジなどの低木にも、
本体だけではなくて、
やたら雑草(雑草という草は無いですが)が巻付き、
堅牢なススキがまたのびてしまったし、
死角だらけでにゃんこ天国にもなっている。


低木にはこっそり身を隠せるし、
抜き足差し足忍び足をするにも、
敷いていたたま砂利も付近は草だらけだから、
今のたま砂利方面は歩きやすいと思う。




・・そんなある日、ついにハンターを発見した。



最近、新しいをウチの庭で見つけたのですが。

その日、ヒヨドリ夫婦が、
ギャーギャーという鳴き声を、
更にギャーギャーギャーギャーと続けていて、
逃げ方がフツーじゃなかった。


羽が変にパタパタではなく、
バタバタさせて逃げている感じだったから。



の警戒心を刺激しないよう、
毎日、半分閉めているカーテン。


それを開けたら、
すばしっこいにゃんこが、
来ているを捕獲しようと右往左往している。



よく来ていた、
ハチワレにゃんこではなくて、
まるでその子の産んだような、
子供のように顔つきだけがよく似ている。


「それ同じじゃないのー?」


とか言われそうだけど ・・


好きには失礼な言い方だし、
鳥好きには微妙なイメージかもですが^^;

昔、隣に常に黒を飼っていた家があり、
幼稚園前から黒ニャンと遊んでいたため、
どちらも好きだったりする。



ハチワレとしても、
顔付きと黒い部分の割合が違うし、
痩せたとしても、
前のハチワレとは動きの俊敏さが違う。


最初見たハチワレにゃんこは、
「あっち行け!」と強く叫んだら、
とりあえずはその場から離れたりはした。



その子は ・・

「あっち行け!」と強く言ってみても、
何だか余裕だし、
飼われているだったら、
割りと間慣れしている場合もあったり。



うー、これは手ごわい ー


10分くらい様子をうかがっていたら、
またハンターを再開したようで ・・


スズメ以外の懲りないヒヨドリや、
一羽(パートナーを食われた)のキジバトに
ちょっかいを出していて、
瞬間だとしても見事な狩りっぷり。



こりゃいかん、
また羽が散らばるどころじゃないわ。



更にデカい叫び声をあげても、
追い払われ慣れしてる?のか、


低木からは出ても、
こちらを振り向き、
しかもエアコンの室外機の上で寝そべり、
ふふん」という顔を向けている。



Σ(||゚Д゚)ひぇーーー!


この感じって女の子か、しかも一枚上手だわ。



私が甘い追い払い方をしていたため、

「コイツはたぶんウチらを嫌ってないな」

なんて安心感を与えていたようだった。


 23catandbird02.jpg


それから以降には、
生々しい事件は起きてはいなかったけれど。



ある日 ・・・

玄関のドアを開けたらがいて、
それはあの若いハチワレの子だった。



その時は、

「わたしですがなにか?」

みたいな感じでは無く、
なんだか ニャーと甘えて来るような。



( ̄▽ ̄;)そうかー、
このアピールの仕方ってもしや?・・・


違いは季節と寒さの違いだと思った。
つまり、寒いから中に入れてくれない、
という顔付きのような ・・。



うっさいようだけど、
決して猫は嫌いではないし、
あちらの手のひら返し的な態度も、
友達や親戚が猫を飼っていて、
良い時 機嫌の悪い時と、
ギャップがかなりあったりして面白いし。



がしかし、
このまま家の中に入れてしまうと、
瞬時に情がわくだろうから、
寒い外に出せないまま
ウチのにゃんこになるかもしれない。

さらにもう、チュン達や、
キジバトやヒヨドリも来なくなるに決まっている。



「ごめんねー、
にゃんこにもっと理解のあるウチに行ってね」



いや、にゃんこはだいたいは、
自分たちのことを嫌いで、
酷い追い払い方をすると家が分かるらしい。


もし外で産んでしまった仔猫は、
雰囲気などで、
猫ウエルカムなお宅へ置いて来たりするし。




ふと、逆の思いがぐるぐる駆け巡った。


その子が私だったら、
当たり前だけど寒いだろうな・・。


狩りだって、
自分で食べ物を手に入れないと、
イマドキは誰もあげないだろうし。



だからと言って、
一時的な気の迷いでは、
無責任ではにゃんこにも悪いし、
避妊手術とか検査とか、
その他、獣医に連れて行かなくちゃだし。


慣れ親しんでくれている、
ネコノヒタイガーデンの小鳥たちにも、
少なくなりつつある餌場を提供出来なくなるし。



・・ドアを閉めたら去った気配がした。




何日か後の夜中に、
猫と猫が派手な喧嘩をしている声がした。



ホントに寒かったので、
様子を聞いていただけだったのですが。


まさか11月下旬に、
発情期では無いとは思うけれど。
この辺りで猫の喧嘩ならば、
あの女の子と誰かかな、とか・・。



どのにゃんこかは、
特定出来ないままではあったけれど。


もし、こんな鳴き声ならば、
喧嘩でも
今は発情期の時期も特定しにくいけれど、
パワーがある程度無くちゃ、
たぶん声も
あちこち行ったり来たりする動きも無理だと思った。



つまらない同情は嫌だけど、
でもハチワレの女の子が
出来ればたくましく生きていることを祈った。



さて・・・


あなたの周囲にも、
自然があるからそこに居たり来たりする鳥や、
保護をしていたり自分には味方だと
分かるような場所があると思います。



が、他のお宅とか駐車場などで、
無責任な餌のやり方や、
飼っていないのに餌付けというのは、
迷惑になってしまうものですが・・。



もし本当に動物や鳥と暮らしたいのなら、
現在、保護動物を譲渡する会もあり、
そうした施設経由で
動物を家族として迎えるのも、
保護の番組や動画を観ていると、
良いのではと思います。


生きている命あるものを飼うのは、
色々な意味で大変でもありますが・・。

・・・





すみませんワタシは占い師



・・・とりあえず僕らはみんな生きている・・・


。。








ハートそんなこともある日々
↓何歳になっても新たな経験も多い・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 22クマwー09


12/03|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック