fc2ブログ
 24hina02.jpg



あの東日本大震災の何年か前に、
また私は雛人形を飾り始めた。


前に何度か記事にしていた、
「お女中、暑い」事件があったからだった。

※既に知っている方は飛ばして下さい。




最近、ブログを読みはじめて下さった方へ、
簡単に説明をしますと ー



ある酷暑の夏に、
閉めきっていた2階の物置があり、
そこに無造作に箱入れしていた雛人形から、


「暑い、お女中暑い・・・」


と、青息吐息の小さな声が聞こえて来た。




仕方がないと思って、
小さい窓を少し開けていたら、
目ざとい母に気付かれてしまった。



あの窓には網戸が無いから開けないでよ」




(―''"―;)うーん、うーん、
それは言われると思っていたけれど。


体験しているにも関わらず、
霊現象などをほぼ信じない母に、
雛人形が暑いと言っているなんて説明したら?



が、暑いと言う声は、
一度や二度だけでは無かったので、
まんまストレートに話してみた。



「え!」



珍しく否定をせずにワラワラと、
私共に下に雛人形の幾つかの箱を下げた。



「信じないと思ったわ」




母が言うには、
夏になる前に寒い時期に、
ヒャラヒャラと音が聞こえて来て、
さらに子どもが何人かいる様子だったから、
2階じゃなくてお客様のお子さんとか、
音も私関係の人だと思っていたらしい。




たぶん、それ五人囃子じゃないの?」



「・・・・・・・・」



それから無言で箱を出し、
開けて全ての人形を虫干しした。
そして、次のひな祭りには、
前のがNGだったから代用のひな壇を作り、
飾るようにしたのでありました。




(T ^ T)私と妹のためのそれは、
今からたぶん
六十年以上も前に父が購入した物だった。



小さな頃はお茶道具や箪笥、
御道具などがままごとっぽくて、
キラキラ輝くおひな様の冠と共に、
毎年、あられや和菓子にちらし寿司も出るから、
その時期は楽しみだった。




・・その後、色々あった私が成人し、
会社にも勤めるようになると、
結婚には何の興味もない様子だから、
が一種、諦めのような境地になった。



さっさと雛人形を飾り、
昔からの言い伝え通りに、
いき遅れ無いようにと早くしまっていたのだが。



加えて、
デカいひな壇を出すのも飾るのも、
母が一人でだったため、
小柄な体ではかなりしんどかったらしい。




長女が25歳以上になったある日、
母は私に宣言をした。


「もう雛人形なんて出さないからね


・・まあ、負担だったのだと思う。




何故、私だけに、と言うのは、
妹はあっという間に結婚をしそうだったし、
反対にいくら昔の言い伝えだとしても、
姉はそんな感じでは無かったため。




(;_;)あれから〇十年、
雛人形たちは箱入りのまま
2階の物置部屋に押し込めっ放しだったので。

あまりにも寒い冬、
暑い夏に耐え切れなくなったのかもしれない。




・・東日本大震災の時だった・・・



その年にも飾ってから仕舞い、
丁寧にしていたのだけど・・


3.11 激しい地震が長く続き、
一瞬にしてライフラインがダメになった。




海浜方面では大津波で、
たくさんの方が流され、亡くなった。


それはトランジスタラジオしか使えず、
ニュースで知ったため、

「〇区では、
流されている人たちが200人以上のようです」



その内容を、
テレビでは見る事も出来なかったけれど、
反対に見ていた方たちは、
とてもハードな光景に愕然とされたと思う。



水が、電気が、ガスが、
常に普通にあるものでは無いことが、
痛いほど分かった。



人様から助けられたり、
様々に紆余曲折があったけれど。

何日か、何週間かして、
どうにか食べ物も手に入るようになった。


24hina01.jpg


ようやく落ち着きも戻り、
気になって雛人形のある部屋に行き、
見たら
何も変わって無くて安心したのを覚えている。



「お女中、ご無事で良かった」



え ・・・

もしかしたら心配してくれていた?




有り難さと共に、
これからも雛人形を飾るのは、
私と妹のための人形だったし、
義務だけではイケナイ気がしてひな祭りも続いた。




が。。



昨年も春にようやく調子が戻ったのと同時に、
気付いた後から十五年くらい経ち、
飾ってみて少しショックだった事があった。




お雛様は幼少の頃から、
既に60年以上も経過しているため・・


いくら年に一度とはいえ、
絹の着物も小物も小道具も全て劣化していて、
屏風の片方はもろくも壊れてしまったり。



「・・このまま飾ったら微妙だなー
道具も崩壊しつつあるし・・」



昨年の時点で今年を心配していた。



よくよく考えて、
今年は苦肉の策で、
お内裏様とお雛様のカップルと、
三人官女だけ、
必要な小物と小道具だけを飾るようにしようと。




雛人形を飾る意味 ー


皆さん、ご存知だと思いますが。
雛人形は特に女児の健やかな成長を願い、
無事に成人するようが願いと共に飾るもの。



そこまでは良いけれど、
最近は人形店のサイトで、
雛人形を飾る期限というのも書いてある。




成人して嫁いだら、
行ったら満貫成就ともされるようですが。


嫁いだ先に娘さんに持たせたり、
そのまま代々ひな祭りを続ける、
女児が生まれたら継がせるのも良いようです。



が、私のように結婚もしていなくて、
後々に飾るのもハードになった場合は、
人形供養のお寺や神社があり、
一部では有料だけれど、
直接行けない場合には送って任せる事も〇。



(=^・^=)もちろん、
ずっとそのまま大切にしていたいなら、
それは個人の自由だと思います☆




しかし ・・・・・


ひな祭りまであと少し。


さっき書いたように、
雛人形には失礼だけれど、
タイトに飾るようにして ・・


先はやはり丁寧に供養を考えるようにと、
思っているのでありますが、さて。




皆さんも地域でも違う雛人形とお祭り
毎年、
雛人形もお祭りも大切にしている皆さんは、
出来るだけそうした風習をそのままに。

・・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。





ハート神様には端女
↓雛にはお女中と呼ばれます・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kumab-34.jpg


02/24|神様の領域コメント(3)TOP↑
この記事にコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2024/02/28 23:25 *  * [Edit] *  top↑
あ、『建立』じゃなく『造営』ですね。
From: syugyousou * 2024/02/28 23:32 * URL * [Edit] *  top↑
- syugyousou様 -
(=^・^=)こんにちは☆
いつもありがとうございます。
建立、何だかやんごとなき神殿のようですね。

棚も考えてみた事がありましたが、
お雛様セット自体が劣化してきてしまったため、
既に末日なのにまだ悩んでおりましたが。

先ほど、雛人形が置いてある場所に、
「すみませんが今年はお出しいたしません」
とお詫びしました。
来年、また考えるかもしれません。
From: mecha * 2024/02/29 15:54 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック