FC2ブログ
いらない物を整理して運気を上げる☆暇は断捨離のチャンス
2019-04-10 Wed 17:20
019-room00.jpg




毎日、自分だけで誰もいなくて、
マイペースできちんとした生活をしていたら・・



何だか以前のような、
うつうつとした気分が失せて、
しかも、余計な間食もしないため、
体重も増えなくなった気がする。




一人なのはちょっと寂しいけれど、
いい歳なので慣れ、

いつもとは違う食べ物も、
野菜なども親に合わせて
ぐちゃぐちゃに煮込まなくていいため、
適当な食事メニューで楽だったりもする。




あ、いえ ・・


親がいない方が良いという訳ではなく、
よく考えてみると、
高齢者に合わせた生活がほとんどだったから、
その煩わしさからは、
きっとかなり解放されているのだと思う。




さてと、先週、
シーツやタオルケットなどを洗濯出来なかったため、
溜まった洗濯などをし、晴天に干し、
更に掃除などもしてスッキリした。




・・ふと・・・



不在な家族に内緒で捨てるのは難しいけれど、
入院などの機会に、
普段は手を付けていない物や、
日頃から捨てたかった品を整理するには、
まとまった時間に断捨離をするのもオススメしたいこと。




(T^T)特に ー

☆要らない物や使わないアイテムを整理し、
部屋に余白を作ることは、
風水でもかなり推奨していて・・



ゴミゴミした部屋を片付けるのは、
手っ取り早く運気を上げるのにもプラス。




今は、
ブログは書いていらっしゃらないけれど、
以前、風水のカテゴリーに、
有名なゆりりんさんという方がいて・・



彼女の言葉をお借りすれば ー



「不要な品を整理し部屋に貧乏神を呼ばないこと」




その記事を読んだ時に、
なるほど、上手い表現だな、と感心したことがある。





ごちゃごちゃとした部屋の中は、
ゴミは言うまでもなく、
あちこちに貧乏神様が好んで居着いてしまう。




という事は、
平たく言えばお金が入りにくい状態を、
ワタシたちが作ってしまっているようなもの。




・・日も当たらない、
食べ散らかしたゴミだらけの部屋には、
良い気が入らず・・


ぶっちゃけ、
金銭運も低下させているようなものだと言うこと。




部屋だけでなく、
散らかした片付いていない場所は、
悪い気を集めてしまい、

結果、金運だけでなく、
その家の全体的な運もがっつり下げている訳です。




だったらどうすれば良いかは簡単ですよね。




ゴミは捨てきちんと片付けをし、
風通しの良い部屋に変えること。




よくお嬢様方の部屋が、
いわゆる汚部屋と化していて、
家族が迷惑をしている番組を見たりするけれど。




そんな部屋は自ら貧乏神様を招き入れ、
精神的にもかなりマイナス。


金運を始めとする、
ありとあらゆる運を下げまくっている訳です。




(T^T)何度か書いていますが ー


引きこもりの家族がいたら、
掃除どころかそうした状況だったら、
問題は本人のメンタルや、
風水だけではありませんが・・


でも実際は、
その人と家族の運気も悪くしているという事実。





・・さてワタシですが・・・



まだ一人の日が浅く、
部屋の掃除くらいしか出来ていないけれど、
このチャンスにある程度、断捨離をする予定です。




もともとそう運が良くないけれど、
更に悪くはならないように・・。




家族が入院するのは、
その中身では片付けどころではないけれど。



もし、一般的な状態ならば、
普段より時間や暇があれば、
良いチャンスにはなるとも感じますが。




そうではなく、
普通に断捨離をしたい方も・・


貧乏神様を追い出して、
快適な環境にすることは、
基本的な運気を全体的に上げるチャンスです。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート思い立ったが吉日
↓片づけは一気にすると早い・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kuma007_2019041017131036b.jpg


(^ー^)変換ミスは読んでいてね。

色々と遅れますがよろしく・・。


別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
前を向いてスタートを切る☆新しい場所での人間関係
2019-04-07 Sun 18:17
019-human01.jpg



自分の環境にスライドしてしまい、
ちょっと暗い内容が続きましたので、
今日は新しいスタートをテーマに ー

・・



学校なら、
人生で一番最初に行く小学校
次には中学校と義務教育であったりします。




(T^T)小学校でも中学でも、
色々あって不登校になる子どもたちもいるけれど、


無難に勉強をし、
人間関係も普通であれば・・


義務教育をクリアして、
次には高校、
更に先に何か目的があるのなら、
大学へと進学する人も多い・・。




めでたく大学を卒業し、
晴れて新社会人となる皆さんも、
今年も変わらずいらっしゃるでしょう。




子どもであっても、
義務教育を終えて高校生になっても、


はたまた、
大学や専門学校を卒業して、
社会人になる人でも、



「新しいこと」 「新しい環境」



というのは、
眩しいし、ドキドキ感もあるけれど

最初は人間関係に慣れるとか、
置かれた状況に順応しなくちゃいけない訳です。




これがまた、
家庭、学校、または、
塾だけの範囲内で生きて来ただけでも、
結構なストレスになることが・・。




更に大学となれば、
高校までのゆるさみたいなモノから、
一歩、社会に近づくような場所だったり。


社会人の皆さんは、
これまでの学生気分から抜け出なくちゃいけない。




年齢や置かれた場所は違っても、
それぞれ慣れて、
また新しい所での生活が始まる訳ですね。




特に人間関係 ー



例えばものすごーく、
人のコミュニケーションが上手い、
失礼ながら明石家さんまさんみたいな人なら、
そこそこ、
どんな場所でも笑いを取りながら、
すぐに自分の特性を発揮出来たりもしちゃう。




だけど、元来、人見知りであるとか、
対人関係において、
どうも自分で線引きしてしまい、
なかなか新しい環境に慣れない人も多い世の中。




でも思うに ・・

人それぞれだし、
目立たなくても十分、生きて行けるものなので、
人間関係には、
ワタシは無理をしないことが一番ではと思うのですね。




こうした人間関係や場所で、
自分の特性を発揮する、なんてことは、
誰もが明石家さんまさんな訳じゃないし、

あなたはあなた、君は君 ・・ 。




 019-human02.jpg



そう思いつつ、
ただ新社会人の皆さんなら、
配属されたセクションが営業だとか、
希望しなかったのに販売だとかなら、

それはある程度は,
コミュニケーション能力を求められるため、
嫌いとかイヤだとか言ってはいられなかったり。




自分から求めていた仕事に、
ノーだけでは無意味ですよね。



そんな時のコミュニケーション、
秘訣というほどではありませんが、


意識的には ー



やたらマイナスな先入観を持たないこと。



苦手意識から入り過ぎないようにする。




「えー、だって苦手なんだもん



そりゃそうですよね、
苦手なものは苦手な訳だから・・。



が、頑張って社会人になるべく、
何社も面接を受けて、
ようやく一つの会社が採用してくれた。



なんてことなら、
大変だった就職活動、
苦手だった面接なんかを思い出してみては。



不採用通知で失望ばかり、
苦難の道のりを毎日、毎日、続けて来た自分。




でもやはり希望してない場所は苦手 ・・



・・それがいわゆる苦手意識です。



あって仕方がないものだけれど、
あるものはすぐに払拭しにくかったり。




さて、こう言っては何ですが、
新人という立場が使えるのは一年くらいです ー




なぜ自分が対人関係が苦手になったのか、
それを改善する前に逃げていたことなどを、
この一年間で分析しながら、

新人なんだから、
素直に先輩や上司からのアドバイスを聞き、
少しずつでも努力をしてみましょう。




焦らず、ゆっくりと、
自覚しながらも、変えて行くのは、
新しい環境へ挑戦することと同じかもしれません。



でも、これから積み重ねるあなたの仕事で、
意識は変えて行くことが出来たりします。




それが少しずつ前向きに出来たり、
線引きなどが無くなれば、
新しい喜びも感じることが出来るものです。




今回は・・

対人関係や人間関係の苦手意識について、
アドバイスをしてみましたが、
最初から全く別に嫌ではない方は、
それはそれで良い特性です・・。




ではない皆さんでも、


千里の道も一歩から・・


失敗から学び、自意識過剰を減らして、
努力して変えることは出来ますよ☆

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートこんな私も対人面は苦手
↓でも変えて来たし、変わります・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 10kuma023_20190407181319b5a.jpg


(゜▽゜*)いつも最後まであいがとうございます。

色々と遅れておりますがよろしく・・。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
高齢化した親の入院に思うこと・・
2019-04-04 Thu 22:46
019-parent01




親が入院をした・・



目の病の際が最終だったので、
ほぼ十年ぶりくらいの出来事・・。




高齢者になれば、
そんなことはある程度、普通であって、
特別に変わった状態ではないのかもしれない。




でも、ちょっと考えてしまった。




今回の病院はとても体制が整っていて、
医師の診断や指示もしっかりし、
結局、とんでもなく大変な事態の一歩手前で、
上手く行けば生還出来るような感じはする。




・・ が ・・・



入院する予定の本人は、
その病が分からなかったら、
知らないままに静かな生き方も出来たのでは。





(;_;)やや・・

厭世的な考え方かもしれない・・



今年は令和という年号となり、
新たな時代の幕開けともなる訳だけど。




もしもこれが明治とか大正、
昭和の初期だとしたら、
医学はここまで発達はしておらず、
何かあれば、
天命を全うしていたかもしれない。




何が言いたいのかと言えば ー



知らないままにいたら、
老体にムチ打つような、
辛い治療は無しでいられたのではないだろうか、

・・などと思ったから。




生きるのは時にハードであったり、
更に病気になって入院し、
いくら今の先進的な医療だとしても、


八十代も後半になれば、
基本的な検査、検査、また検査だけでも、
かなりの体力を消耗するものだろうし。




ふと、
アホなワタシは占い師だということを思い出した。




3月後半から、4月4日までのその病院は、
ウチからかなり吉方だったのが分かった。




いつもお客様に聞かれて・・



「大丈夫、今月の吉方なので、
反対にかかり始めには向いていますよ」



などと言っていたのを、
敢えてうつうつと
精神的に参っていた自分に言い聞かせてみた。




「大丈夫、良い時にかかり始めたから」




 019-parent02



いくら高齢者の親でも、
診察内容が芳しくはないもので、
はなからうつ病がぶり返していたし、
気分はどん底まで沈んでいたけれど。




大丈夫、吉方だから・・




建設的な言われ方をすれば、
それが自分へでも、
意外に慰めの言葉にもなるのかもしれない。




昨日までは半日、寝ていたのに、
今日は銀行へ行き、
買い物を二軒して来て、
真逆に変わったように感じた。




これまでは仕事柄とは言え、
アドバイスや慰めの言葉なんて、
半分はおこがましい気がしていたけれど、
敢えて言われてみたなら、
先にちょっと光りも感じられるようだ。




自画自賛なんてことではなく、
前向きな一言に救われる時って、
確かにあるのだと自覚も出来たような気もする。





・・入院する親に、


「絶対、退院して来てね」



馬鹿なようだけれど、
思わず心配してそう言ってみた・・。




常日頃は、


大丈夫だから、帰って来るよ」


などと気の強い事を言うのだけれど、
いつになく弱気で、


「大丈夫かな・・・」


と、心配げな発言をしている。




ここは自分で自画自賛的なフォローで、
慰めの言葉を言い聞かせてみたのと同じく、
きっぱりと言ってみた・・。




「大丈夫、吉方だし、
行った日もかなり良い日だったからね」




「・・そうかな、だと良いけど」




思わずニコニコとした顔が、
また、
必ず家で見ることが出来ますようにと、
敬虔な祈りの気持ちで願っていた。




高齢者だから、
もう天命を全うしても、とか・・



つまらない事を考えていたけれど、
正直、それは素直ではなくて、
やはり何歳になっても、
まだまだ長生きをしてもらいたいのが、
偽らざるワタシの気持ちだと思った。





生きていれば、
誰にでも悲喜こもごもな出来事がある。




それが生き死にに関わることなら、
誰もがナーバスにもなるし、
あって欲しくない結果は本当に要らない。




今回ばかりは、
これまでにないくらい真剣に考えて、
落ち込むまで悩んだけれど・・


これもまた、
現世で試されていることだと甘受して、
一歩、前を向いてみる勇気を出してみた。




まとまらない文章で恐縮ですが、
やはり上手く行くようにと思っていたいです。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・悪い事ばかり続かないとも・・・


。。








ハート照る日曇る日いろいろあるよね
↓そういうことを乗り切る自分であれば・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kumab003_20190404223902f45.jpg


(^ー^)こんな方もいるかなと思い、

違う記事と変えて書いてみました。

誤打は読んでいてね・・。


別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:7 | top↑
亡くなる直前のこと☆既に天界への途上へ
2019-04-01 Mon 12:07
019-gotoh01.jpg




以前に、
こんな質問をお客様から聞かれたことがあった ー



その方のお母さまは高齢で、
風邪をこじらしてしまい、
肺炎になってしまったそうだった。




最初は元気だったけれど、
九十歳近くでもあり、
基本的な体力が衰えていたため、
結果、寝た切りの状態になってしまった。



次第に衰弱して行かれて、
いわゆる植物状態にまで至っていたそうだ。




「・・母は脳死のような状態だと思います
そんな時って、
苦痛だとか本人はどうなんでしょうか?」




・・ワタシはふと、
同じく脳死状態だった父親のことや、
比較的、近年に亡くなった伯母、


そうした状態に至ってしまった、
お客様のご家族のことを思い出した。





特に父親は
既にあちらに渡る途中だったようで、

甥が受験の結果を病室に伝えに行った日に、

伯母も従姉が仕事が入っていない日に、



つまり・・


あたかも家族のことを考えてのような、
時間や暇があった日に息を引き取っている。





(T^T)それは・・

偶然なのかもしれないけれど、
近しい親族の中の二人が、
まるで上から見ていたかのように亡くなったので。




苦痛などは無く・・
意識レベルが既に現世にはなく、
天界への途上にあるのかもしれないということ。




これはウチの親族だけではなく、
友達のお母さんやお父さんも、
似たり寄ったりだったことが多く・・



何故かある程度、時間があったり、
友引などではない、
丁度いい日に息を引き取っている例が多い。




019-31102_20190401115701eaf.jpg




都合よく解釈したい訳ではないけれど、
言いたいことは ー




皆さんが思うよりも、
そうした状態になった皆さんは、


苦痛だとか辛い症状から離れて、
天界へと行く途上であったり、
旅立つ一歩手前だと思った方が良いのかもしれない。





「色々な方のお話を聞いていると、
そうした症状の際には、
失礼ながらあちらへ向かう準備途中だと思います


なので痛いとか辛いということでは無いようです
すみません、
縁起でもない言い方になってしまいますが」




そうお伝えすると、
お客様のAさんは反対にちょっと嬉しそうだった。




「いえ、もう覚悟は出来ているんです
ただ本人はどうなのかと思いまして
あちらへ向かう準備途中で、
苦しくなかったらそれで十分です」




「そうですよね・・
こちらはある程度亡くなった方からの言葉や、
そうしたことをお聞きしていますが、
家族の皆さんは心配だと思いますし」




辛く苦しかったであろう、
闘病生活の果てに、
せめて、少しでも楽になっていて欲しい。


そう願いたいと思いますよね・・。




自論が正しいなどと、
おごっている訳では無いのですが、
様々な皆さんのことを総合すれば ー



息をひきとる前は、
現世にいるワタシたちが予測するより、
厳かな状態だったり、
旅立つ前の予備期間のようなものだと思います。



辛く苦しいだけではなく、
そこから一歩、抜け出ているのだと考えてみてはと。





人の命が尽きる時 ー




ワタシたちはなかなか理解がしにくいけれど、
そう、思ってみると良いと、
色々な方の亡くなり方で言えるものです。




天命を全うすれば、
真っ当な生き方であったなら、
天界へと旅立つことも可能なのだと思います。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・辛さは続かないとも・・・

。。








ハート犯罪を犯したり罪を問われる人は
↓違うジャッジがあるのだと思います・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kumab02_20190401120141059.jpg


(^ー^)いろいろありますが・・

フォローをしたかった内容でしたので。

誤打は読んでおいてください・・☆


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
BACK | すみませんワタシは占い師 | NEXT