女主(人)の謝罪☆年を経て人は変わる「お彼岸話 その1」
2017-03-18 Sat 00:16
00higan01.jpg




少し前のお彼岸のこと -



地方に住むUさんは、
祖母さんの三回忌にあたり、
これまでとは違った気持ちになっていた。





大嫌いだったお祖母さんだったけれど、
亡くなって丸二年も経つと、
主観的にしか考えていなかった、
これまでの過去や生き方・・




更には祖母の生き方までも、
簡単な容認とは行かないにしても、
何となく、
以前よりは理解が出来るようになったと言う。





・・それから、
彼女には久しぶりにお会いしたのだったが。





「私のこれまでは、
いわゆる黒歴史という感じだったもので





「分かります・・
でも、そこまで来れば、
大きな山を越え終わった感じですね」





(T^T)Uさんとは・・

彼女が大学だった頃からのお付き合いで、
暗い気持ちにさいなまれていた時に、
初めて彼女と会ったもので・・。




理系の仕事に就くため、
こちらの専門学科のある大学に通っていたUさん。





本当は小さな頃から文学少女だったそうで -



出来るなら短大か、
大学の文学部に入学をしたかったらしい。





「家を継いでもらうから文学部は駄目
専門学科のある大学だけにしなさい」





祖父さんが亡き後、
祖母さんが実権を握った旧家は、
有無を言わさずに、
その一言でUさんの将来が決められた。




実家の仕事を継承するため、
女主人のお祖母さんが、
姉妹の中でも利発だった彼女を抜擢し、
不本意で理系の大学を受験したのだと・・。





ワタシの記憶では今ではある程度しか、
初対面の時のことを思い出せないけれど。





「・・あの時、○さんには、
40代くらいからの方が
違う生き方が出来るって、
そう言われて長いとは思っていましたが」





「あれから20年近く経っていますよね」





「確かに、祖母も亡くなり、
今は反対に専門職で良かったと思っています
結婚もしていないから、
長く仕事が出来て良かったのかもしれません」





何年かぶりにお会いしたけれど、
かなり明るく変わったUさんを見て、
ワタシの方が少しほっとした気持ちだった。




さて・・


黒歴史と明言する彼女から、
そうしたバックボーンをお聞きし、
ワタシよりもずいぶんと若いのに、
無理強いでを決められるなんてと・・




びっくりしながらも、
彼女が背負っていた名家の重たさも、
少しだけ垣間見えた感じだった過去。




それほどでは無かったけれど、
彼女の過去とワタシの昔が重なって、
自分の方が感慨深かった・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09higan06_20170317214229ea0.jpg


ハートどんな人にも何かがある
↓立ち直るきっかけが何か・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



女主(人)の謝罪☆年を経て人は変わる「お彼岸話 その1」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
「お供えの話」もうすぐお彼岸なので(^ー^)
2017-03-16 Thu 00:14
00bosan01.jpg




毎回、お彼岸になると、
それについてのお話などを書いていますが。


今日は・・
お仏壇や墓参の際の花やお供えのお話を。


・・




お墓があるお宅では、
自ずと仏壇もある場合がほとんど。




長男や家を継いだ方なら、
仏壇とお墓の関連がお分かりだと思います。





お墓とお供えについては、
仏教とキリスト教など、
宗教でやり方は変わって来ますが -




お彼岸に関わるのは、
ほとんどの仏教の場合なら、
お花とお線香、
カラス被害で禁止されていない場合には、
お供えのお菓子なども持参して行く訳です。




(T^T)これもいくら仏教でも、
宗教でも違いがあるため、
皆さんの宗教とお寺の指導に沿って下さい。





お仏壇へのお供えは、
これもある程度は宗教によると思うけれど、
30分~一時間くらい経過したら・・



供養のために食べて構わないということ。




毎朝、ウチは小さな陶器に、
お茶と炊いたご飯をのせてあげている。




次の日になったら、
庭にやって来るスズメたちやヒヨドリに、
前の日のご飯を撒いていて、
鳥にリサイクルをしている訳ですが・・。




ご飯なども、
夏場に長時間経っていなければ、
もちろん供養にもなるため、
食べて良いとされていますね・・。





墓参りでも地域性があって、
お彼岸やお盆などの際も・・



お墓の前でお供え物や、
持参したお弁当を食べる地方もあるようで、
様々だとは思いますが・・。





・・さてはて・・・




「ちょっとそれはどうなのよ?」~と、
以前にバスに乗っていた時に、
聞いていて複雑な気持ちになった会話があった。




ずいぶん前に書いたことがあったのですが。




「それはあかんやろ~」




と関西の方たちの会話が聞こえ、
その中身にびっくりした事が・・。




00bosan02.jpg




そう言えばウチの上の方には、
全国展開の会社の家族寮があったはず。




あかんやろ~の前後に、
どこだかの知り合いの奥さんが、
お寺へ墓参りに行った時の話のようで・・。

(関西の方のバッシングではないです)




「横のお墓から花をちょっともらうって」




「墓の花泥棒やないの」





(×_×)どうやら・・


おばさまたちの会話に出て来た知り合いが、
墓参りに何も持参はせずに、
最初っから隣にあるお墓の、
見ず知らずの人の花を無断で頂戴し・・



そのくすねた花を、
自分のお墓にさしていると言う中身だった。




そりゃ、あかんやろ~
という話にもなるわなと、
バスの前の席でワタシも納得した訳です。





皆さんの話し方がユーモラスだったから、
あまり深刻な感じじゃなかったけれど。




やはり・・


人様が自分に所縁のお墓に、
選んで購入をして、
わざわざ捧げていたお花を、
横取りして盗んではいけないでしょう。





気持ちだとも感じますので、
小さな花束でも、
家の庭に咲いていた花でも構わないと、
ワタシは思うのですが・・。




もし、生活がハードで、
何も持参出来る物が無ければ、
気持ちで心を込めて、
お墓に手を合わせるだけでも、
人様のお墓の花を失敬するよりは、
数段、故人に気持ちは伝わると思います。





・・今日はお供え物の事を書きましたが、
自分のお墓の前に、
始めにお寺の御本尊に祈りを捧げてから、
それぞれのお墓参りに向かって下さい。





・・さて・・・



春彼岸は秋彼岸よりも、
意味に深い物があるようで、
お彼岸に久しぶりに墓参をと思うなら、
可能なら春彼岸に行かれた方が良いと思います。




もし -


お墓が遠いとか、
あまりに忙しいなど、
どうにも墓参に行けない場合には・・



こちらも毎回、書いていますが、
お墓のあるお寺の方を向いて、
気持ちや心を込めて祈るだけでも、
何もしないよりも意味があるのではと。





お彼岸とお墓参り -




(T^T)人の思いや、
供養の仕方も色々でしょうけれど、
気持ちを現して出来るだけの事をするのが、
供養の基本だと思います・・。




行くことが可能でしたら、
春分の日もありますので、
皆さんも出来ればお墓参りをしましょう。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート要は気持ちだと思いますが
↓でも天界の皆さんも喜ぶのではと




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


07h001_2017031520403833a.jpg


(゜▽゜*)17日がお彼岸の入りですね。

春分の日をはさんで一週間・・・。

祈ることだけでもしてみてはと思います。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
亡き祖母がお母さんを心配して来てくれる・・
2017-03-13 Mon 00:18
 00heaven01.jpg




今年、還暦になるDさんは、
いわゆる霊感が人より強い女性だった・・。




何かが見えるというだけではなく、
不思議な体験をされていて・・



本人はある程度は自覚はあるようだけれど、
ワタシがお聞きしていると、
それは他の人にはおよそ有り得ないような、
変わった体験談をお持ちのお客様。





例えば -


体調が良くないからと、
部屋で寝ていた時のこと。




突然、天井と床が揺れ出し・・




「なに、これは?・・」




などと思っていたら、
琵琶らしき音色が聞こえて来て、
昔の歴史の挿絵に出ていたような、
尼僧のような女性が琵琶を弾きながら、
Dさんに言ったそうだ・・




「あなたは私の後任になりなさい
○○(昔の武将らしき名)様を供養するのです」





(οдО;)へ?・・・





具合が悪いのに冗談じゃないと思い、
Dさんは、
こういう時には罵倒すれば良いと、
カンで判っていたため・・




「出て行ってください!
そんなことは出来ません!」




調子が悪い中、
でも出来るだけ強い口調で叫んだ。




霊障だったのか、
その尼僧が残念そうに、
琵琶を弾きながら消えて行くと、
体調の方もようやく回復して来た。





書けばキリがないけれど、
見知らぬ来訪者や、
知らない子ども(水子さんらしい)、
道を歩けば白装束のお坊さんなど・・



朝、昼、夜と時間を問わずに、
彼女のもとに誰かが来るような日々。




こんな感じの毎日が、
平穏な中に多々、あったのだと言う・・。





・・さて・・・



不思議な来訪者や霊障が時に来るDさん -




近日に同居されているお母さんが、
夕べからあちこちが痛いと言い出した。




80代でも気丈にする母親を見て、
当たり前だけれど気の毒に思い、
早い方が良いと感じて形成外科に連れて行った。





診断は・・


高齢による骨粗鬆症のため、
体の一部が疲労骨折になったそうだった。




体型が小さいお母さんのようで、
病院には合うサイズのコルセットが無く、
一番小さなのを注文して帰宅したのだそう。





そうなると、
痛み止と湿布くらいしか無く、
帰宅して大事を取って、
お母さんを眠らせていても、
痛みでうんうんと唸り声が聞こえていた・・。




可哀想にと思いつつ、
仕方がなく、
痛み止と湿布を貼りつけたけれど、
やはり高齢なので心配だったようだ。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09b002_2017031222183878a.jpg


ハート何がどうだということは
↓意外と繋がっていたりもする・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと読んでみたい方だけどうぞ・・・☆





亡き祖母がお母さんを心配して来てくれる・・の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
震災から6年が経って・・3月10日の涙雪
2017-03-11 Sat 00:12
 00earth02.jpg

昨夜の雪模様



2011年 3月11日・・・


午後2時46分



大震災が東北と関東を中心に襲った。




のちにそれは千年に一度という、
未曾有の震災となり、
東日本大震災と呼ばれるようになった。




現地の皆さんも、もちろん、
リアルタイムでニュースの画面を見ていた、
多くの被災地以外の日本の皆さんも-




たとえ記憶は鮮明ではなくなるにせよ、
6年が経過した今でも、
地震と大津波のことは、
簡単には忘れてはいないのだと思う・・。




ただ、時が過ぎ去れば、
誰の記憶も少しずつ色褪せて、
痛みすら薄らいで行くのは、
それは仕方がないことなのだとも感じる。





ワタシは幸いに、
身内が亡くなるような事は無かったけれど。



身内以外の友達や知人には、
何人もの方が命を亡くされたり、
痛ましい結果を後々にたくさん聞く事になった。





家族を亡くした皆さんは、
ワタシよりも数段、
痛みが癒えてはいないままだとも感じます。




なので・・・

先ず、僭越ながら、
尊い命へ祈りを捧げたいと思います。






・・さて・・・



毎年、この日の記事は、
東日本大震災に関連することに触れて来ました。




今年もその点では変わらないのですが -



『普通であることの幸せと喜び』



~などをテーマにしていたのですが、
理屈っぽく書きたい訳では無いけれど・・。




別に普通だから幸せだとか、
マイノリティがダメだとか、
そういうことを言いたい訳では無いです。




何が普通かなんて、
計り知れないものなのかもしれない中・・




失礼ながら、
悪い意味ではなく、
身体に障害がある方だって、
目が見えて無い方であっても、



はたまた・・


ゲイや性的なマイノリティの皆さんだって、
日々を幸せと感じることが出来たなら、
出来ているなら、
それはそれで、それぞれに幸せなのだと思う。





『幸せってナンダロウ』



と自問自答してみれば・・




それぞれの立場や性癖やスタイルがあり、


全く違うかもしれない生活の毎日があり、



外から何を言われても、

極端な話、罪を犯してはいない、
真っ当な生活をしているなら -




自分が居る場所や仲間や生き方が、
一般的でなくても・・
それで幸福だったら構わないでしょう。




皆さんが何かの少数派であっても、
社会的弱者であっても、
胸を張って生きれば良いのだと感じます。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



06love003_20170310214830f5d.jpg


ハート千差万別の想いがある・・
↓あの一日で変わってしまった今もある




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




震災から6年が経って・・3月10日の涙雪の続きを読む
別窓 | 神様の領域 | コメント:2 | top↑
田舎暮らし☆老後の手前で考える移住と引っ越し
2017-03-09 Thu 00:16
017country02.jpg




3月は別れの季節でもあります・・。



せっかく仲良くなった近所の友達や、
唯一、話せたママ友が引っ越しをしてしまうと、
それはちょっと虚しい気持ちではある。




この時期、
転勤は仕方がないかもしれないけれど、
早期退職や普通に定年退職した後に・・




「じゃあ、田舎暮らしでもしてみようか」




~なんて方も、
たまにお客様にいて、
そのアドバイスをと言われるけれど。





(T^T)ワタシとしては・・

見知らぬ田舎暮らしというのは、
冒頭から言ってしまえば -




あらゆる覚悟が必要だという事を、
甘い考えだけではなく、必要だということ。





敢えてマイナス要素だけを、
ピックアップしたい訳じゃないですが、


田舎というのは、
自然に囲まれていて、
お子さんを育てたり、
農業を本気で手がけるのには良いかもしれない。




ただ、移転してしまえば、
前に住んでいた家も売却して行けば、
合わない、嫌だと言っても、
また、全く元に戻るのにも金銭的にも、
定年後だったら体力も続かないため-




『その場所で生活をして行くこと


~を考えなければと感じる訳です。





・・先ず・・・



3月に限りこの前の記事の方角が使えます。




『卒業旅行・家族旅行☆旅行に行くならこんな方角』




旅行ではなく、
こちらを引っ越しとした場合にも、
殆ど同じなので、
現住所から×の方角への移転や引っ越しは、
しない方が良いと思って下さい。




017country01.jpg




・・さて・・・



今どきには、
インターネットという便利なツールもあり、
マイナスの意見だけではなく -




自分と田舎とは相性が良いものなのか?



どのように田舎暮らしという生活を、
展開して行けば良いのか?




具体的には・・


他所から過疎化した地元に来てくれるのに、
町おこしのような助成金や、
場所を無償で貸してくれるなど、
他からの移転へのメリットを、
数字で打ち出している場所を調べるとか。





(T^T)予め・・・


勢いだけではなく向き不向き、
持病があったりするなら、
病院を始め医療機関がどのようか?など・・



自分と賛同してくれる家族とが、
移転する場所と、どう向き合えるのかを、
きちんと下調べをし・・




それ以前に、
家族が移転や田舎暮らしなどを、
賛成していない場合には、
最初から甘いだけの思いつきでは考えないこと。





特に一番、やってはいけないのが -



自分だけで温めていた移住を、
定年後にサプライズ的に発表する、
旦那さまがいらっしゃいますが・・




心の準備が出来ていない、
実生活が周囲の近所付き合いと共にあるため、
違う場所なんて、
遠方の田舎ではなくても全く嬉しくない訳ですよ。




なので・・



定年後でも何でも、
『田舎暮らし』を夢見る男性なら、
早めに奥さまに告げておくこと・・。




それで、ある程度の賛同が得られたら、
慣らし保育のように、
借りられる畑などを月極めなどで借り、
土に親しんだり、から始めてみること。




一年とか何年かとか、
そうした街や都会での生活の中で -



その行き来や、
畑や自然と共存する時間が、
ご夫婦や家族に合っているのか、いないのか?




唐突なやり方ではない、
家族、夫婦単位での日々に、
本当に必要なのかを、
少しずつ手順を踏んでから、
更に年齢や持病なども加えて、
シビアに考えて行くのが無難でしょう。





生活は今も生活な訳です -



医療機関や街の商店街、
コンビニや人間関係など、
便利な毎日に慣れた人たちが、
唐突に田舎暮らしは難しいと思うので・・



方角も大切だけれど、
様々な観点から基本的な生活を、
改めて考えてからにしてはと感じますが・・。


・・





すみませんワタシは虫が苦手な占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート郊外や田舎の蔑視ではありません
↓どこに居ても生きて行くことは同じです




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 05me03_20170308213113561.jpg


(゜▽゜*)考え方も生き方も色々ですが。

一生過ごす場所というのも大切です。

よく考えてから動きましょう・・。




別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
BACK | すみませんワタシは占い師 | NEXT